遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

魔術師

【デッキレシピ】フルモデルチェンジ!「覇王魔術師ブラック・マジシャン」デッキ!!


何かタイトルが新しい「ブラック・マジシャン」モンスターみたいになってますが...。

さて今回紹介するデッキは、「ブラック・マジシャン」デッキです。
_20180217_104125

これまでは、「永遠の魂」のデメリット効果もあり破壊されることを前提とした構築でした。
(フルモデルチェンジ前のデッキレシピはこちら↓
http://yugioh-draft-research-station.blog.jp/archives/71602019.html

ですがレアコレの発売後に、デッキのモデルチェンジを行い、「覇王魔術師」を採用して作ってみました。

では、早速サンプルレシピの紹介です↓
【サンプルレシピ】
〈モンスター24枚〉
ブラック・マジシャン×3
幻想の見習い魔導師×3
ブラック・マジシャン・ガール×1
覇王眷竜ダークヴルム×3
黒牙の魔術師×3
紫毒の魔術師×3
マジシャンズ・ロッド×3
覇王門零×2
調弦の魔術師×3

〈マジック10枚〉
おろかな埋葬×1
闇の誘惑×3
ペンデュラム・コール×1
龍の鏡×1
ハーピィの羽根帚×1
イリュージョン・マジック×1
黒の魔導陣×3

〈トラップ5枚〉
マジシャンズ・ナビゲート×2
神風のバリア ―エア・フォース―×1
永遠の魂×2


〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター3枚
竜騎士ブラック・マジシャン・ガール×1
覇王眷竜スターヴ・ヴェノム×1
竜騎士ブラック・マジシャン×1

■シンクロモンスター3枚
覇王眷竜クリアウィング×1
覚醒の魔導剣士×1
PSYフレームロード・Ω×1

■エクシーズモンスター6枚
ダイガスタ・エメラル×1
星刻の魔術師×2
覇王眷竜ダーク・リベリオン×1
No.11 ビッグ・アイ×1
No.89 電脳獣ディアブロシス×1

■リンクモンスター3枚
魔導原典 クロウリー×2
ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム×1


【デッキについて】
_20180217_105026
「闇属性・魔法使い族」という共通部分がある「魔術師」ペンデュラムモンスターを入れた形に。
(また、ペンデュラムゾーンの安定のため「覇王」ペンデュラムモンスターも入れました。)

「ブラック・マジシャン」デッキに「魔術師」モンスターを取り入れたことで、
・「魔術師」のペンデュラム効果やモンスター効果を「ブラック・マジシャン」関連にも使用できる。

・「星刻の魔術師」で、「ブラック・マジシャン」関連のモンスターをサーチできる。

・「ブラック・マジシャン」をペンデュラム召喚できる。

の3つの恩恵が得られるのが、主な利点かと。

逆に「魔術師」ペンデュラムモンスター側からは、
・強力な除去効果の獲得(場合によっては、相手ターンでも除去できる。)

・「幻想の見習い魔導師」による打点の強化。

が挙げられるので、お互いに得られるもの(シナジーとも言う)があります。


【デッキの動かし方について】
■基本
_20180217_104329
このデッキの基本は、「黒の魔導陣」を張った状態で、「ブラック・マジシャン」を召喚・特殊召喚することを目指します。

「黒の魔導陣」は、「マジシャンズ・ロッド」の召喚時の効果で、
「ブラック・マジシャン」は、「幻想の見習い魔導師」や「イリュージョン・マジック」で、サーチ可能なので、手札に揃えることは容易です。
(「黒の魔導陣」でめっくてサーチというパターンもあります。)

ただ問題は「ブラック・マジシャン」の展開方法ですが、このデッキでは、
・罠カードによる展開
・ペンデュラム召喚による展開
・その他の方法による展開
の3つになります。


〈罠カードによる展開〉
罠カードという性質上、遅い展開方法になりますが、「黒の魔導陣」で相手ターンに除去ができるというのが特徴になります。

その罠カードですが、まずは手札に「ブラック・マジシャン」があると発動できる「マジシャンズ・ナビゲート」。
_20180217_104641

こちらの罠カードは、「ブラック・マジシャン」を特殊召喚できるだけでなく、デッキからレベル7以下の闇・魔法使い族モンスターも特殊召喚できますので、さらなる「ブラック・マジシャン」を特殊召喚したり、「幻想の見習い魔導師」や「紫毒の魔術師」、「黒牙の魔術師」あたりを出すといいでしょう。


次に「永遠の魂」ですが、このカードで手札・墓地の「ブラック・マジシャン」を特殊召喚できますが、「ブラック・マジシャン」に『相手の効果を受けない』という耐性をつけるカードにもなってます。

ただ、「永遠の魂」がフィールドから離れてしまうと、自分フィールドのモンスターを全て破壊するというデメリットもありますが...。

_20180217_104521

〈ペンデュラム召喚による展開〉
こちらでは、ペンデュラム召喚をきっかけとして「ブラック・マジシャン」を召喚・特殊召喚することを目指します。

まず、ペンデュラムゾーンを作るのですが、ここで登場するのが「覇王眷竜ダークヴルム」です。
_20180217_105122

このペンデュラム効果で、「覇王門零」を片方においてペンデュラムゾーンを完成させた後、手札から「調弦の魔術師」等をペンデュラム召喚。
そして、手札から特殊召喚した「調弦の魔術師」の効果でデッキから「魔術師」ペンデュラムモンスターを特殊召喚するのが、基本の動きになります。


ここまでの流れで行くと、通常召喚権を使っていないので、上記の状態から「星刻の魔術師」をエクシーズ召喚して、「マジシャンズ・ロッド」サーチして召喚したり、
「魔導原典 クロウリー」をリンク召喚して、「ブラック・マジシャン」をリリースなしで召喚したりということもできます。

なお、「覇王眷竜ダークヴルム」ではなく、ペンデュラムスケール8の「魔術師」ペンデュラムモンスターなら、「ブラック・マジシャン」のペンデュラム召喚も視野に入ります。


〈その他の方法による展開〉
_20180217_105217
罠カード以外で「ブラック・マジシャン」を特殊召喚する方法ですが、
「黒牙の魔術師」と「ダイガスタ・エメラル」による蘇生があります。

特に、「黒牙の魔術師」のモンスター効果は、ペンデュラム効果を使って破壊されても使えるので、「死者蘇生」さながらの活躍ができます。


「ブラック・マジシャン」を展開した後は、そのまま戦闘に参加させたり、エクシーズ素材に使ったり、場合によってはリンク素材にしたり、「龍の鏡」があれば融合召喚できますので、その時々によって使いわけるといいでしょう。


【自己評価】
_20180217_110421
最後に「覇王魔術師ブラック・マジシャン」デッキを5段階で自己評価するとこんな感じでしょうか↓
●攻撃力:4点☆☆☆☆
普段の攻撃力はそれほどでもないですが、「紫毒の魔術師」や「幻想の見習い魔導師」で、上げれるます。また、「黒牙の魔術師」で相手モンスターを半分にすることも。

●防御力:3点☆☆☆
「永遠の魂」のデメリットを狙われてしまうとマズイ(泣)
「竜騎士ブラック・マジシャン」がいればと言うところですが、相手ターンに展開&除外できる点はプラス。

●展開力:5点☆☆☆☆☆
ペンデュラム召喚に加えて、罠カードによる方法もあるため、展開力は高め。

●安定性:4点☆☆☆☆
ドローやサーチ手段に加えて、ペンデュラム召喚があるため、安定性を高める結果に。

●除去力:5点☆☆☆☆☆
「黒の魔導陣」の除外、「紫毒の魔術師」の破壊がメインになりますが、「覇王眷竜クリアウィング」の除去、「PSYフレームロード・Ω」の疑似ハンデス、「No.11 ビッグ・アイ」によるコントロール奪取、「No.89 電脳獣ディアブロシス」のエクストラ除外というバラエティーに富んだ除去力を兼ね備えています。

デッキの紹介は、以上となります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【デッキレシピ】ついにオッドアイズの出番??「EMオッド魔術師」デッキ!


今回、紹介するデッキは、「EM」と「オッドアイズ」と「魔術師」の3つのカテゴリーを組み合わせた「EMオッド魔術師」デッキを紹介します。

2016年4月1日から適用される新制限で、サーチカードが軒並み制限になり、大幅に安定感を失った「EM」と「魔術師」デッキを「オッドアイズ」がまとめる形で、構築してみました。
_20160127_152341

作ったばかりで、テストプレイをしていないので、改良の余地はあると思いますが、参考までに見ていただければと思っています。

【デッキレシピ】
※2016年4月1日の制限対応

〈モンスター26枚〉
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン×3
賤竜の魔術師×2
EMオッドアイズ・ライトフェニックス×3
竜脈の魔術師×2
EMシルバー・クロウ×2
EMドクロバット・ジョーカー×1
慧眼の魔術師×1
刻剣の魔術師×2
オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン×3
竜穴の魔術師×2
エキセントリック・デーモン×2
EMオッドアイズ・ユニコーン×3

〈マジック11枚〉
天空の光彩×3
融合徴兵×3
ペンデュラム・コール×1
オッドアイズ・フュージョン×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
揺れる眼差し×1

〈トラップ3枚〉
威嚇する咆哮×3

〈エクストラデッキ15枚〉
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン×1
始祖竜ワイアーム×1
ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン×2
ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン×1
昇竜剣士マジェスターP×1
No.82 ハートランドラコ×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
No.19 フリザードン×1
セイクリッド・プレアデス×1
始祖の守護者ティラス×1
FA-クリスタル・ゼロ・ランサー×1
幻獣機ドラゴサック×1
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン×1
覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン×1



【デッキ解説】
デッキ解説をしながら少し戦術を入れていくスタイルで説明していきたいと思います。
■オッドアイズ編
「オッドアイズ」は、以下の4種類を採用しました。
・オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
・EMオッドアイズ・ライトフェニックス
・オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン
・EMオッドアイズ・ユニコーン


これらのカードは、フィールド魔法の「天空の光彩」でサーチできます。
また、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」に限って言えば、「融合徴兵」もあります。

「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」は、このデッキの心臓部分とも言えるモンスターで、ペンデュラムゾーンでは、サーチ効果を使ったり、融合素材やエクシーズ召喚したりします。

IMG_20160319_161114

「EMオッドアイズ・ライトフェニックス」は、効果はビミョーなところなので、余裕があれば使うというスタンスで考えてもらっていいです。

じゃあなぜこのカードを入れたのか?
それは、現在のところ唯一の光属性レベル5のペンデュラムモンスターだったからです。

光属性レベル5で出せるエクシーズモンスターで、思い浮かぶのは、やはり「セイクリッド・プレアデス」でしょう。

その素材になれるという点に加えて、「オッドアイズ」である点や、「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」、ランク5のエクシーズモンスターの採用を考えていたことも採用に至った経緯です。

「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」は、新加入のモンスターで、モンスター効果を積極的に使いたいです。

効果は、相手ターンでも使えて、1ターンに1度、エクストラデッキから特殊召喚された表側のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする効果を持っています。

このモンスターを置いとくだけで、様子見や牽制ぐらいにはなるでしょう。
複数体いれば、その数だけ無効にできる点も注目点です。

■EM編
「オッドアイズ」にも含まれるモンスターもいますが、以下4種類になります。
・EMオッドアイズ・ライトフェニックス
・EMシルバー・クロウ
・EMドクロバット・ジョーカー
・EMオッドアイズ・ユニコーン


実質2種類ですね。
「EMシルバー・クロウ」は、「オッドアイズ」が入ってきたことにより、仕事が増えたと言えるでしょう。

「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」or「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」がいれば、「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」に融合無しでも、変身することができるようになりました。

「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」が新加入したことで、ビーストアイズの出番も増えそうです。

「EMドクロバット・ジョーカー」の穴は、なかなか埋めることができませんでしたので、「オッドアイズ」と「魔術師」で補う形になりました。

■魔術師編
「魔術師」は、以下の5枚。
・賤竜の魔術師
・竜脈の魔術師
・慧眼の魔術師
・刻剣の魔術師
・竜穴の魔術師


「ペンデュラム・コール」の制限によって、「慧眼の魔術師」以外は、全て2枚にしました。
(ちょっと多い気がしますが。)

「オッドアイズ」や「EM」のペンデュラムスケールでは偏りがあるので、その調整役やエクシーズ素材要因としての意味合いが強いです。
(もちろん、効果を使える場合は、使いますが。)

「賤竜の魔術師」は、モンスター効果の方を使って、エクシーズ素材になって墓地に送られた「オッドアイズ」や「魔術師」ペンデュラムモンスターを回収するために、採用しました。

「刻剣の魔術師」は、小回りのきくモンスターで、どの効果も優秀なので、状況によって使い分けるといいでしょう。

【エクストラデッキについて】
簡単に説明しておきます。
■融合モンスター
「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」
「始祖竜ワイアーム」
「ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」

これらのモンスターは、「オッドアイズ・フュージョン」を使って出すことができます。
また、「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」は、「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」の効果でも特殊召喚できます。

「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」
出し方については説明しましたが、
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」or「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」+「EMシルバー・クロウ」の組み合わせで特殊召喚できます。

■エクシーズモンスター
●ランク4
汎用性で選んでもらって構いません。

ハイロンが選んだ理由を紹介しておくと、
「昇竜剣士マジェスターP」
→モンスターが、全てペンデュラムモンスターなので、無理なくエクシーズができ、サーチができる。

「No.82 ハートランドラコ」
→相手ライフが2000以下なら勝利が確定する。

「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」
→フィニッシャー&高攻撃力モンスターに対する対策+アニメの世界を再現するため。

●ランク5
ここは、このデッキの前身の「EMプラス」のノウハウを受け継いでいます。

「No.19 フリザードン」は、「FA-クリスタル・ゼロ・ランサー」になるための下敷きとして使います。

IMG_20160319_160504

「FA-クリスタル・ゼロ・ランサー」は、
エクシーズ素材の数×500攻撃力がアップする効果、
このカードが破壊される場合に、エクシーズ素材を代わりに取り除く効果、
1ターンに1度だけですが、自分のターンに、エクシーズ素材を1つ取り除くことで、相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする効果の3つを持っています。

序盤からこのモンスターを出しておいて、相手を追い詰めていくことができます。

ただ、ホープ・ザ・ライトニングには弱いので、隣に「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」を置いておくと少しは、克服できます。

「始祖の守護者ティラス」も一部似たような効果を持っていて、カードの効果で破壊されない効果&戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に、モンスター1体を破壊する効果があります。
IMG_20160319_160433


●ランク7
「幻獣機ドラゴサック」は、「No.11ビッグ・アイ」にしたかったのですが、他のデッキで使っているので、このカードにしました。

「オッドアイズ・アブソリュート」は、主に破壊された場合の効果を使い、「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」や「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」を筆頭に、エクストラデッキに加わっている「オッドアイズ」のペンデュラムモンスターを状況に応じて、特殊召喚するといいでしょう。

【編集後記】
いかがでしたでしょうか??
新制限によって弱体化を余儀なくされた「EM」と「魔術師」を補う形で、「オッドアイズ」を入れて作ってみました。

これからも「オッドアイズ」が強化される予定ですが、おそらくそのたびに「魔術師」の部分が減ると思います。

何か変化があれば、【デッキNow】のコーナーで紹介したいと思います。

話が変わりますが、それにしても画像が違いますね。
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」は、修理に出したスマホで撮っていたものになります。

それ以外は、旧型で撮ったものになります。
風呂上がりの仕上がりになってますね(笑)

これで終わりたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。




【デッキレシピ】新弾でプチ強化!「オッドアイズ魔術師」デッキ!


数日ぶりの更新です。
現在、過去の【デッキ紹介】のリニューアルと平行して、新弾のテーマデッキの調整をしているため、新しい記事の作成から遠ざかっています。
更新を楽しみにしている方には、本当にすいません。

なお、「ダイナミスト」と「不知火」は、もう少し時間がかかりそうです。


さて、今回紹介するのは、新弾でプチ強化された「オッドアイズ魔術師」デッキです。

ストラクチャーデッキの「マスター・オブ・ペンデュラム」をベースに、「ブレイカーズ・オブ・シャドウ」のカードを少し取り入れてみました。

では、デッキレシピを紹介します。

【デッキレシピ】
〈モンスター25枚〉
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン×3
賤竜の魔術師×3
マジェスペクター・ユニコーン×3
竜脈の魔術師×3
EMシルバー・クロウ×1
EMドクロバット・ジョーカー×3
慧眼の魔術師×1
刻剣の魔術師×2
竜穴の魔術師×3
エキセントリック・デーモン×2
EMトランプ・ガール×1

〈マジック12枚〉
ペンデュラム・コール×3
融合徴兵×3
ブラック・ホール×1
イグナイト・リロード×3
揺れる眼差し×2

〈トラップ3枚〉
王宮のお触れ×3

〈エクストラデッキ15枚〉
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン×2
ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン×2
ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン×2
No.39希望皇ホープ×2
Emトラピーズ・マジシャン×1
セイクリッド・トレミスM7×1
No.39希望皇ビヨンド・ザ・ホープ×1
幻獣機ドラゴサック×1
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン×1
覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン×1
オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン×1


【基本戦術】
このデッキは、ペンデュラムモンスターで構成されているので、まずはペンデュラムゾーンに置くことから始まる。

採用したモンスターのレベルは2~7までなので、ペンデュラムスケールは1と8が理想。

ただ、このデッキで採用したレベル2のモンスターは1体だけなので、2と8でもいいですが、その場合は融合召喚を諦めることになります。

ペンデュラムスケールに対応するモンスターは以下のとおり。

ペンデュラムスケール1
「竜脈の魔術師」

ペンデュラムスケール2
「刻剣の魔術師」
「マジェスペクター・ユニコーン」
「賤竜の魔術師」

ペンデュラムスケール8
「竜穴の魔術師」
「EMドクロバット・ジョーカー」


これらのカードを
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」
「EMドクロバット・ジョーカー」
「ペンデュラム・コール」
「イグナイト・リロード」
「揺れる眼差し」
などを使って、デッキからサーチしてペンデュラム召喚に繋げていきます。

その後、融合召喚やエクシーズ召喚をしたり、そのまま総攻撃をしたりしながら、相手のライフを削っていきます。


【採用したカードについて】
■EMトランプ・ガール
_20151025_182434

このデッキ唯一のレベル2モンスター。
1番目の効果は、簡単に言うと「融合」を内蔵したモンスターになります。

ただし、このモンスターを融合素材にできる融合モンスターしか特殊召喚できない点には注意!

このカードを融合素材にできる融合モンスターは、現在のところ以下の5体しかいません。

「E・HEROエスクリダオ」
「エルシャドール・ミドラーシュ」
「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」
「ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」
「覇魔導士アーカナイト・マジシャン」

このデッキで無理なく採用できる「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」と「ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を融合召喚するためにこのモンスターを使います。

(補足ですが、テキストでは「墓地へ送り」となっていますが、もちろんペンデュラムモンスターは、エクストラデッキに戻ります。)

2番目の効果は、ペンデュラムゾーンで破壊された場合、自分の墓地からドラゴン族融合モンスターを特殊召喚でき、エンドフェイズに破壊される効果ですが、このデッキでは主に1番目の効果を使うのであまり発動する機会がありません。


■刻剣の魔術師
_20151025_182448

ペンデュラムゾーンでの効果は、1ターンに1度、自分のフィールドのペンデュラムモンスターは、相手の効果では破壊されない優秀な効果です。

ペンデュラム召喚を妨害する「激流葬」や「奈落の落とし穴」を恐れることなく、安心して展開できるのが強みです。

モンスターでの効果は、
1番目の効果が、手札のこのカードのみをペンデュラム召喚した時、攻撃力が倍になる効果。

つまり、攻撃力2800のモンスターになります。
様子を見たい時には、ぴったりのモンスターです。

2番目の効果は、次のスタンバイフェイズまで、このカードとフィールドのモンスターを除外する効果。

毎ターンモンスターの一時的な除去ができるモンスターです。

場面に応じて使い分けができるので、BOSHに収録されたモンスターの中でも優秀だと思っています。


■融合徴兵
このデッキでは、他にもサーチ手段がありますが、後々の展開を考えると「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」が欲しい場面があるので、採用しました。

基本的には、「ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を相手に見せて、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」をデッキ・墓地から手札に加えます。

ただし、この効果で手札に加えたモンスターは、召喚・特殊召喚ができず効果を発動できないデメリットがあります。

しかし、ペンデュラムゾーンで発動する効果は、問題がなく発動できるので、次のターンに備えることができます。


【エクストラデッキについて】
エクシーズモンスターは、もう少し汎用性で固めてもらってもいいです。

(汎用性のあるエクシーズモンスターは、いろいろデッキで使っているので、残り物で構築しています。)

融合モンスターは、もう少し枚数を削ってもいいと思います。

最後まで、ありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2