遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

闇属性

【オルフェゴール デッキ】悲しき兄妹が奏でる機械葬送曲!


どうも、ハイロンです。
「ソウル・フュージョン」の発売から空きましたが、今回はそのパックのカードを使って、デッキを組んでみたので、紹介します。

今回は、悲しき兄妹の末路となった「オルフェゴール」をテーマにして、ツイッターや公式のデッキレシピ等を参考にして作りました。

アヴラムくんは、連合軍「パラディオン」を結成して、星の脅威に対する準備を進めていた一方で、
イヴのお兄さんであるニンギルスは、自分の目的を達成するために、「オルフェゴール」を結成…。

ニンギルス兄さんにとっては、失ったものがあまりにも大きかったようで、悲しい結末に涙が出てくる…(泣)

では、そんな背景がある「オルフェゴール」デッキのレシピは、こんな感じになりました↓
※画像元:ガチャログ(URL→https://www.gachalog.com/






【デッキキーワード】
■墓地肥やし
デッキとしては、「オルフェゴール」を墓地へ送ることから始めます。
墓地へ送る手段としては、3つあります。

●王道パターン:「終末の騎士」、「おろかな埋葬」

_20180723_220505

どちらもピンポイントで墓地へ送れるカード。
「オルフェゴール」は闇属性モンスターなので、「終末の騎士」で落とすことができます。
墓地へ落とした後は、「オルフェゴール」の効果を使って、「オルフェゴール」モンスターを特殊召喚し、リンク召喚という流れになります。

また、このデッキでは、墓地へ落とすカードを「星遺物-『星杖』」に変えると、手札の「星遺物」モンスターを特殊召喚できたり、「星遺物-『星盾』」にすると自分・相手のスタンバイフェイズで、ガードを固めたりできます。

●デッキから送るパターン:「星遺物の醒存」

_20180723_220818

デッキの上から5枚めくって、その中に「クローラー」か「星遺物」カードがあれば1枚を手札に加えれる魔法カード。

「クローラー」は無くても、「星遺物」カードをたくさん入れることで、手軽な墓地肥やしカードとして使えるので、「星遺物」モンスター軸ならこのカードは採用候補筆頭になります!

「オルフェゴール」を墓地へ送るだけでなく、ここでも「星遺物-『星杖』」を墓地へ送ることができれば、手札にあったor手札に加えた「星遺物」モンスターをすぐに特殊召喚できてしまいます。


●手札から送るパターン:「オルフェゴール・プライム」、「ワン・フォー・ワン」等

_20180723_221018

一番使いやすいのは、やはり「オルフェゴール・プライム」になるでしょう。
自分の手札、フィールドから「オルフェゴール」1体を送るだけで、2枚ドローできます。

また、「星遺物」にも対応しているので、「星遺物-『星杖』」や「星遺物-『星盾』」を墓地へ送るカードとしても機能します。

「ワン・フォー・ワン」は、レベル1チューナーの「オルフェゴール・カノーネ」を特殊召喚してくる専用カードになってます。

他には、手札を1枚捨てるカードとして、「オルフェゴール・バベル」もあります。


■「オルフェゴール」モンスター
自身を墓地から除外することで、効果を発動できるモンスターで、展開に関連する効果を持っていますので、その後はリンク召喚していきましょう。
効果を発動した後からは、ターン終了時まで闇属性モンスターしか特殊召喚できなくなるので、闇属性モンスター以外の特殊召喚は、効果を使う前に特殊召喚しておくといいでしょう。

●オルフェゴール・ディヴェル

_20180723_221225

デッキからこのカードと同名以外の「オルフェゴール」を特殊召喚できるモンスター。
この効果で、「オルフェゴール・スケルツォン」を特殊召喚するといいでしょう。

●オルフェゴール・スケルツォン

_20180723_221338

墓地からこのカードと同名以外の「オルフェゴール」を特殊召喚できるモンスター。
「オルフェゴール」リンクモンスターを蘇生するのがオススメで、「オルフェゴール・オーケストリオン」の左下リンクマーカーの先に「オルフェゴール・ガラテア」を蘇生させるのが理想。

●オルフェゴール・カノーネ

_20180723_221446

手札からこのカードと同名以外の「オルフェゴール」を特殊召喚できるモンスター。
手札に来てしまった上記2体のどちらかを特殊召喚して、展開へ繋げるといいでしょう。
なお、このデッキでは、レベル6の「星遺物-『星盾』」とともに、レベル7のシンクロも狙います。


遊戯王 SOFU-JP043 オルフェゴール・ガラテア (日本語版 レア) ソウル・フュージョン
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)



【あとがき】
採用した「モンスターゲート」について、ちょっと補足。
ハイロンチョイス!ですww

このカードで、例えば「オルフェゴール・ディヴェル」や「オルフェゴール・スケルツォン」をリリースすれば、実質モンスターを2体並べることができるので、入れています。
また、デッキから一体何が出てくるのか?というドキドキ感もありますので、楽しいですよ!

「星遺物-『星槍』」や「星遺物-『星盾』」が出てくれば、盤面としては最高です。

(「名推理」も同じドキドキ感から採用です…。)



いよいよ、星杯ストーリーも終盤に近づいてきましたね。
アヴラムとニンギルスが戦うことになってしまいましたが、そのうち星の脅威に立ち向かうために、共闘してそうですけどね。

その前に星の脅威って何でしょうね?

今後の物語も気になるところですが、これで「オルフェゴール」デッキの紹介を終わりたいと思います。
最後までありがとうございました。




当ブログは、ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【デッキレシピ】神降臨?「サイバー・ダーク」デッキ!!


どうも、ハイロンです。
久しぶりにデッキを投稿したいと思います。

今回紹介するデッキは、裏サイバーの「サイバー・ダーク」です!
普通と違って、神(=オベリスク)などを入れて、遊び心も取り入れた構築にしてます。

では、早速サンプルレシピを紹介してみたいと思います↓

※画像元:ガチャログ(URL→https://www.gachalog.com/)を使用

【デッキについて】
●基本編

_20180626_015312


「サイバー・ダーク」デッキでは、
・レベル3以下のドラゴン族を墓地へ送る。
・機械族・レベル4の「サイバー・ダーク」召喚。召喚成功時にレベル3以下のドラゴン族を装備する。
が基本の動きになります。

■レベル3以下のドラゴン族を墓地へ送ろう!
墓地へ送るレベル3以下のドラゴン族ですが、
「サイバー・ダーク・カノン」
「サイバー・ダーク・クロー」
「比翼レンリン」
あたりが適任です。

「サイバー・ダーク・カノン」は、装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に、デッキからモンスター1体を墓地へ送れて、
「サイバー・ダーク・クロー」は、カノンと同じ条件でエクストラデッキからモンスター1体を墓地へ送れます。

なお、この2体のモンスターは、手札から捨てるとデッキからサーチできる効果があるので、比較的墓地へ送りやすいモンスターになります。

_20180626_015127

サイバー・ダーク・カノン
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。


_20180626_015219

サイバー・ダーク・クロー
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。



「比翼レンリン」は、装備モンスターの元々の攻撃力を1000にして、2回攻撃を可能にするモンスターです。
つまり、機械族「サイバー・ダーク」モンスターの元々の攻撃力が1000になってから「比翼レンリン」の攻撃力上昇値が加わって、攻撃力が2500になり、2回攻撃できることになります。


■機械族・レベル4の「サイバー・ダーク」を召喚しよう!

_20180626_015408


レベル3以下のドラゴン族が墓地にいたら、
「サイバー・ダーク・ホーン」
「サイバー・ダーク・エッジ」
「サイバー・ダーク・キール」
の3体のどれかを召喚します。

優先順位的には、レベル3・ドラゴン族の「サイバー・ダーク」の装備化した時の効果と固有効果を活かしたいので、「サイバー・ダーク・エッジ」を筆頭に、「サイバー・ダーク・ホーン」、「サイバー・ダーク・キール」という順番になります。

共通効果は、召喚成功時に、自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族を装備する効果と、
装備したモンスターの元々の攻撃力分アップし、
戦闘で破壊される代わりにその装備したモンスターを破壊する効果になりますが、

これに加えて、独自が持つ固有効果として、
「サイバー・ダーク・ホーン」は、守備貫通、
「サイバー・ダーク・エッジ」は、攻撃力を半分にして、ダイレクトアタック、
「サイバー・ダーク・キール」は戦闘で相手モンスターを破壊すると、相手に300のダメージ
という感じになっています。


●遊び心編
さてここからは、このデッキの遊び心要素を紹介したいと思います。
主に、3つです。

■「RUM―七皇の剣」で、「CNo.107 超銀河眼の時空龍」出現!

_20180626_015546


ここは知っている人も多いと思うので、遊び心とは言えないかもしれませんが、一応紹介しておきます。

やり方としては、「サイバー・ダーク・クロー」の装備化している時に発動する2番目の効果を使って、EXデッキから「No.71 リバリアン・シャーク」を墓地へ送ってそちらの効果で、「RUM―七皇の剣」をデッキトップに確定!
そして、次の自分のターンに「CNo.107 超銀河眼の時空龍」出現という流れになります。

「サイバー・ダーク・クロー」には他にも、
「F・G・D」を送って、「サイバー・ダーク」融合モンスターの装備用モンスターを用意したり、
「旧神ヌトス」を送って、相手のカードを除去したり、
「PSYフレームロード・Ω」を送って、「旧神ヌトス」などの墓地のカードをデッキに戻したりもできます。


■「ヘルモスの爪」で高攻撃力!
ドラゴン族が多いので、それらを素材に「ヘルモスの爪」を使って、「真紅眼の黒竜剣」を特殊召喚します。

_20180626_015456

真紅眼の黒竜剣
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
このカードは「ヘルモスの爪」の効果で自分の手札・フィールドのドラゴン族モンスターを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動する。
このカードを攻撃力1000アップの装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターの攻撃力・守備力は、お互いのフィールド・墓地のドラゴン族モンスターの数×500アップする。


「真紅眼の黒竜剣」の効果ですが、1番目・2番目とも攻撃力アップなので、終盤になればなるほど「サイバー・ダーク・ホーン」や「サイバー・ダーク・エッジ」達が、フィニッシャー級になれるほどの大幅なアップが期待できます。


■「ツイン・トライアングル・ドラゴン」で「オベリスクの巨神兵」を蘇生!

_20180626_015619

まず、「オベリスクの巨神兵」を墓地へ送っておく必要があるので、「サイバー・ダーク・カノン」や「おろかな埋葬」で、「オベリスクの巨神兵」を墓地へ送ります。

次に、「クイック・リボルブ」と通常召喚権を使って、ドラゴン族を2体並べて、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」をリンク召喚。

「ツイン・トライアングル・ドラゴン」のリンク召喚の成功時効果で、レベル5以上のモンスター、つまり「オベリスクの巨神兵」を特殊召喚するという流れです。

なお、「オベリスクの巨神兵」は特殊召喚されたエンドフェイズ時に墓地へ送られるという効果がありますが、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」で蘇生したモンスターは、効果が無効になるので、墓地へ送られる心配はなくなります。
(そのターン攻撃できないというデメリットもあります。)

_20180626_015715

ツイン・トライアングル・ドラゴン
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻1200
【リンクマーカー:右/下】
トークン以外のレベル4以下のドラゴン族モンスター2体
(1):このカードがリンク召喚に成功した時、500LPを払い、自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターン攻撃できない。


なお、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」はドラゴン族なので、「ヘルモスの爪」を発動して、「真紅眼の黒竜剣」の素材にしてしまうのもありです。


【あとがき】
表サイバーが連続して、新規&強化をもらっているのをうらやましく思い、裏サイバーにも新規を…という思いで、公開してみました。

次のパックが融合ということで、こちらにも何かが来るといいのですが、望みは薄そうですね(泣)

では、これで「サイバー・ダーク」デッキの紹介を終わりたいと思います。
最後までありがとうございました。


〈お知らせ〉
この度、はてなブログにて、「マイナー」をテーマにした遊戯王ブログを始めましたので、もしご興味がありましたら、そちらもよろしくお願いします!

新ブログ名:遊戯王マイナーラボ
URL:https://yugioh-minor-labo.hatenablog.com


当ブログは、ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【デッキレシピ】悪魔と闇のHEROが結集?!「デーモンHERO」デッキ!!


いろいろとVジャンプの情報が出て、少しついていけてない気味のハイロンですw

さて今回紹介するデッキは、「デーモンHERO」デッキです。
デッキ名からは、悪なのか?正義なのか?わからない組み合わせですね笑

「星呼びの天儀台」の登場で、当初は儀式寄りの「デーモン」を組みましたが、上手くいかない時もあったので、断念。
そこからレベル6という共通点から「D-HERO ディアボリックガイ」などを取り入れていくうちに、枚数的にも戦術的にも「HERO」色が強まる結果に。

「デーモン」は、脇役的な感じになってしまいましたが、彼らにしかできないこともあるので、そこを活しつつ作ってみました。

そんな「デーモンHERO」デッキのサンプルレシピはこんな感じになりました↓
【サンプルレシピ】
〈モンスター21枚〉
E・HERO オネスティ・ネオス×1
デーモンの将星×2
D-HERO ディバインガイ×2
トランス・デーモン×2
終末の騎士×3
E・HERO シャドー・ミスト×1
V・HERO ヴァイオン×3
トリック・デーモン×3
D-HERO ディアボリックガイ×3
星遺物―『星盾』×1

〈マジック16枚〉
おろかな埋葬×1
闇の誘惑×3
星呼びの天儀台×3
増援×1
死者蘇生×1
融合×2
ハーピィの羽根帚×1
精神操作×2
堕落×2

〈トラップ3枚〉
和睦の使者×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター15枚
コード・トーカー×1
トロイメア・ゴブリン×1
見習い魔嬢×1
聖騎士の追想イゾルデ×1
パワーコード・トーカー×1
トポロジック・トゥリスバエナ×1
トポロジック・ボマー・ドラゴン×1
ヴァレルロード・ドラゴン×1

■融合モンスター3枚
D-HERO デッドリーガイ×2
彼岸の巡礼者 ダンテ×1

■エクシーズモンスター4枚
永遠の淑女 ベアトリーチェ×1
交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン×2
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ×1


【デッキについて】
Q1:どういうデッキ?
墓地から展開したり、アドバンテージを得る、闇属性中心のビートダウンデッキです。
なので、「墓地肥やし」が戦略上重要になってきます。
あとは、「レベル6」や「コントロール奪取」といったワードもこのデッキの鍵になっていたりします。

_20180509_004935

Q2:デッキの動かし方は?
このデッキは、墓地を利用するデッキなので、墓地肥やしからスタートします。

墓地肥やしの方法としては、「永遠の淑女 ベアトリーチェ」や「終末の騎士」、「おろかな埋葬」があります。

ですが、「V・HERO ヴァイオン」経由からの「永遠の淑女 ベアトリーチェ」のエクシーズ召喚を狙うことが多いです。(詳細は〈参考〉の部分に記載してます。)

これらの墓地肥やしカードで、以下のカード中から手札や状況に合わせて選択して、手札や墓地を整えながら、次の展開へ備えていく形になります。
※なお、カード名の後の矢印は、墓地へ送った後にできることになります。

・「E・HERO シャドー・ミスト」→「HERO」系モンスターのサーチ
・「トリック・デーモン」→「デーモン」系カードのサーチ
・「D-HERO ディアボリックガイ」→デッキの「D-HERO ディアボリックガイ」の展開
・「星遺物―『星盾』」→墓地から特殊召喚できる耐性持ちの壁モンスター
・「D-HERO ディバインガイ」→手札0枚の時のドロー

墓地肥やしをした後は、「精神操作」や「堕落」も利用しながら、エクシーズ召喚やリンク召喚を狙って、ビートダウンしていきます。

_20180509_005037

〈参考〉「V・HERO ヴァイオン」経由からの「永遠の淑女 ベアトリーチェ」の方法
1、「V・HERO ヴァイオン」の1の効果で、「E・HERO シャドー・ミスト」を墓地へ送る。
2、「E・HERO シャドー・ミスト」の効果での2の効果で、「D-HERO ディアボリックガイ」を手札に。
3、「V・HERO ヴァイオン」の2の効果で、「E・HERO シャドー・ミスト」を除外して「融合」をサーチ。
4、フィールドの「V・HERO ヴァイオン」と手札の「D-HERO ディアボリックガイ」を融合素材に「D-HERO デッドリーガイ」を融合召喚。
5、墓地の「D-HERO ディアボリックガイ」を除外して、デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」を特殊召喚。
6、「D-HERO デッドリーガイ」と「D-HERO ディアボリックガイ」で、「永遠の淑女 ベアトリーチェ」をエクシーズ召喚。
そして、自分・相手ターンにかけて墓地肥やし。

※なお、「永遠の淑女 ベアトリーチェ」の部分は、他のランク6でも可能です。


_20180509_005119

Q3:補足や説明しておくカードは?
レベル6のモンスターについて、少し補足や説明を加えておきたいと思います。
■デーモンの将星
_20180509_005207
「デーモン」カードがある時に、手札から特殊召喚ができるレベル6のモンスター。

特殊召喚後は、「デーモン」カードを破壊しなければならないので、その効果で「トランス・デーモン」や「トリック・デーモン」を破壊して、ハンドアドバンテージの回復を狙います。

特殊召喚した後は、「堕落」や「精神操作」を使って、レベルを持つ相手モンスターを奪って、「交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン」のエクシーズ召喚を狙いたいところです。

■D-HERO ディアボリックガイ
_20180509_005312
すでに何度も出てきていますが、採用したレベル6モンスターの中では、出しやすさはダントツ!

融合素材、エクシーズ素材に使った後、使い道がない3体目の特殊召喚を、「星呼びの天儀台」でデッキボトムに戻して、2枚ドローに変えるということもできます。

また、「D-HERO ディアボリックガイ」2体が除外されていて、3体目が墓地にいる時に、「トランス・デーモン」を破壊して、「D-HERO ディアボリックガイ」を除外ゾーンから回収。
「星呼びの天儀台」でデッキボトムに戻して、3回目の効果発動を狙うという小技もできます。

■星遺物―『星盾』
_20180509_005354
自分・相手のスタンバイフェイズに、1000ライフを払うと墓地から特殊召喚できるレベル6のモンスターになりますが、デメリットとして相手に手札・墓地から1体を特殊召喚できる機会を与えてしまいます。

ですが、エクストラデッキから特殊召喚したモンスターの効果を受けず、『星盾』と同じ縦列の自分の「星遺物」(このカード自身も含まれる)カードは、相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されないという耐性を持っているレベル6のモンスターになります。

基本的には、デメリットを逆手に取って、「堕落」や「精神操作」がある時に、自分のスタンバイフェイズで特殊召喚するのがベストタイミング!

守備力3000と耐性もあるので、壁モンスターにするのもいいでしょう。

「堕落」や「精神操作」が無くても、レベル6をもう1体並べて、「交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン」になれば、似たようなことができます。

_20180509_005451

いかがでしたでしょうか?
墓地肥やしとコントロール奪取。そしてレベル6の活躍。
この3つをテーマに「デーモンHERO」デッキを組んでみました。

参考になる部分があれば、ぜひとも参考にしてみてください。
では、このあたりで~。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

当ブログは、ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2