遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

召喚獣

【デッキレシピ】ストラクRでアップデート!「閃刀姫召喚獣」デッキ!!


先日書いた通り、今回は「ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-」のカードを取り入れた「閃刀姫召喚獣」デッキのアップデート版を紹介します。

新リミットレギュレーションが発表されましたが、このデッキに関しては規制がなかったので、そのままの形で紹介させてもらいます。

(「閃刀姫」にとっては、追い風になりそうな改訂と言えそうですが、新リミットレギュレーションについては、後日触れたいと思います。)

_20180312_005528

では、早速、サンプルレシピの紹介に参りたいと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター10枚〉
闇黒の魔王ディアボロス×1
古代の機械巨竜×2
悪王アフリマ×3
閃刀姫-レイ×2
召喚師アレイスター×1
惑星探査車×1

〈マジック30枚〉
閃刀空域-エリアゼロ×2
歯車街×3
暴走魔法陣×2
おろかな副葬×2
テラ・フォーミング×1
閃刀起動-エンゲージ×3
古代の機械射出機×3
召喚魔術×2
閃刀術式-アフターバーナー×2
閃刀術式-ジャミングウェーブ×2
盆回し×2
マグネット・リバース×1
閃刀機-ウィドウアンカー×2
閃刀機-ホーネットビット×3

〈トラップ0枚〉
なし

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター7枚
閃刀姫-カガリ×3
閃刀姫-シズク×2
クリフォート・ゲニウス×1
暴走召喚師アレイスター×1

■融合モンスター5枚
召喚獣コキュートス×1
召喚獣プルガトリオ×2
召喚獣メガラニカ×2
召喚獣エリュシオン×1

■エクシーズモンスター3枚
No.23 冥界の霊騎士ランスロット×1
聖刻神龍-エネアード×1
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1

_20180312_005705

【デッキについて】
「閃刀機-ホーネットビット」から「閃刀姫-カガリ」を出した後、
「歯車街」を破壊して、「古代の機械巨竜」を特殊召喚したり、
「召喚獣」を融合召喚したりして、モンスターを並べて相手のライフを削っていくデッキです。

それに加えて、今回のストラクRの発売によって、闇属性モンスターがリリースされれば「闇黒の魔王ディアボロス」を展開することが可能になったり、ランク8のエクシーズ召喚がしやすくなりました。

前回からの大きな変更点は、主に以下のようになります。
「闇黒の魔王ディアボロス」と「悪王アフリマ」の加入
「闇黒の魔王ディアボロス」の加入によって、ようやく「閃刀姫-レイ」のリリース効果の使用にも、意義が生まれてきました。

そこにリリース効果でドローできる「悪王アフリマ」が加わり、さらに「闇黒の魔王ディアボロス」を特殊召喚できるようにしました。

_20180312_011550

「古代の機械巨竜」への変更
この枠は、以前ならレベル9の「古代の機械熱核竜」でしたが、レベル8の「闇黒の魔王ディアボロス」の存在もあり、レベル8の「古代の機械巨竜」にしました。

今回のアップデートにより、
墓地に「闇黒の魔王ディアボロス」と「古代の機械射出機」がある状態で、「歯車街」と闇属性でリリースできる効果を持つモンスターが手札にあれば、レベル8を2体並べることができるので、前回に比べるとエクシーズ召喚への機会は増えました。

_20180312_011733

「盆回し」の採用
前回のレシピを投稿した時に頂いたコメントから採用しました。
(ありがとうございます!)

投稿した時は、「歯車街」を相手に送りつけてそれを破壊するという発想が全くなかったので、頭が固すぎました。(反省)

送りつけた「歯車街」は、「閃刀術式-ジャミングウェーブ」で除去して「古代の機械巨竜」を特殊召喚という流れに。

_20180312_011830

ランク9→ランク8への変更&増量
「古代の機械熱核竜」→「古代の機械巨竜」への変更に伴い、エクシーズモンスターのランクも変更。

これまでは、エクシーズ召喚はワンチャンスでしたが、並べる手段が1つ増えたので、リンクや融合モンスターの枠を少し削って、少し増量。

また融合モンスターの「召喚獣メガラニカ」がレベル8だということもあり、さらにランク8が出しやすくなっています。

ちなみにランク8ですが、汎用で固めてみました。
「No.23 冥界の霊騎士ランスロット」や「No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」は、とくに説明は不要かと思います。

「聖刻神龍-エネアード」についてですが、レベル8を2体並べた時に、「闇黒の魔王ディアボロス」の特殊召喚効果を使っていない場合、つまり(例)のようなパターンが狙い目です。
(例)
・「歯車街」と「古代の機械射出機」で2体並べた時。
・「召喚獣メガラニカ」の融合召喚+「歯車街」破壊からの「古代の機械巨竜」の特殊召喚した時。

このような時に、リリースできる「聖刻神龍-エネアード」で、自分フィールド上の闇属性をリリースして、相手のカードを除去しつつ、「闇黒の魔王ディアボロス」の特殊召喚ができる点が、他のランク8には真似できない部分になります。

なお、自分フィールド上の闇属性をリリースするなら「召喚師アレイスター」や「暴走召喚師アレイスター」あたりが適任かと。

(まあでも、「悪王アフリマ」や「閃刀姫-レイ」があればここまでしなくてもいいですが、ランク8を出せる時の1つの選択肢として、覚えておいてもいいかもしれません。)

_20180312_012323


【自己評価】
_20180302_020653

●戦闘力:5点☆☆☆☆☆
●防御力:1点☆
●展開力:5点☆☆☆☆☆
●安定性:3点☆☆☆
●除去力:4点☆☆☆☆

主な変更点は以上になります。
アップデート後の自己評価ですが、
「闇黒の魔王ディアボロス」の加入やエクシーズモンスターの見直しによって、戦闘力と除去力の評価を1つずつ上げました。

なお、防御力と安定性については、前回から魔法カードの取捨選択をしましたが、「閃刀姫」デッキの性質上、評価は据え置きました。

以上がストラクRを取り入れたアップデート後の「閃刀姫召喚獣」デッキの紹介になります。
最後まで見ていただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【デッキレシピ】召喚獣だけじゃない!?「閃刀姫召喚獣ギア」デッキ!!


今回紹介するデッキは、「閃刀姫」デッキになります。
_20180302_020653
デッキを作るにあたって、大会で優勝している純構築の「閃刀姫」デッキや「閃刀姫召喚獣」タイプのデッキに敬意を払いつつ、そこから独自に面白いカードや面白そうな動きを取り入れてフリー向けに作ってみました。

ちなみに、ギアが何を指しているかは、サンプルレシピを見ていただくとわかると思います。
こちらになります↓
【サンプルレシピ】
〈モンスター8枚〉
古代の機械熱核竜×2
閃刀姫-レイ×2
召喚師アレイスター×1
惑星探査車×3

〈マジック30枚〉
歯車街×3
暴走魔法陣×2
閃刀空域-エリアゼロ×2
おろかな副葬×2
テラ・フォーミング×1
閃刀起動-エンゲージ×3
名推理×1
モンスターゲート×2
古代の機械射出機×2
死者蘇生×1
召喚魔術×2
閃刀術式-アフターバーナー×2
閃刀術式-ジャミングウェーブ×2
閃刀機-ホーネットビット×3
マグネット・リバース×2

〈トラップ2枚〉
仁王立ち×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター8枚
閃刀姫-カガリ×3
閃刀姫-シズク×2
暴走召喚師アレイスター×1
トポロジック・トゥリスバエナ×1
電影の騎士ガイアセイバー×1

■融合モンスター6枚
召喚獣コキュートス×1
召喚獣プルガトリオ×2
召喚獣メガラニカ×2
召喚獣エリュシオン×1

■エクシーズモンスター1枚
幻子力空母エンタープラズニル×1

_20180302_005616
_20180302_180330

【採用したカードについて】
~モンスター編~
■古代の機械熱核竜
_20180302_021231
ギアはこのカードを指してます。
「閃刀姫」の足りない打点を補ってみました。
さらに魔法・罠カード除去効果も持っているモンスターになります。

この枠は、ランク8の種類が豊富なレベル8の「古代の機械巨竜」でもいいような気がしますが、機械族で、いろいろと効果が選べる「幻子力空母エンタープラズニル」を出せるのと魔法・罠カードの除去効果を持つので、こちらにしました。


■閃刀姫-レイ
_20180302_021122
このデッキのヒロイン。
リリースすることで、「閃刀姫」リンクモンスターを特殊召喚できますが、その方法だと特殊召喚したリンクモンスターの蘇生基準をクリアできないので、できることならそのままリンク素材にして「閃刀姫」のリンク召喚した方がオススメです。
(ある蘇生カードとの兼ね合いもあるので。)


■召喚師アレイスター
_20180302_021028
「召喚師アレイスター」は、主に融合召喚を担当で、召喚・リバースで後述する「召喚魔術」をサーチできます。


■惑星探査車
「テラ・フォーミング」内蔵モンスター。
このデッキでは、3種類7枚のフィールド魔法を採用していることから、発動するタイミングには困らないはず。

また、リリースして発動するので、「閃刀」魔法カードの発動を邪魔しない利点もあります。


~マジック編~
■フィールド魔法
_20180302_020942
「暴走魔法陣」、「歯車街」、「閃刀空域-エリアゼロ」の3枚。

「暴走魔法陣」は、「召喚師アレイスター」のサーチ用で、
「歯車街」と「閃刀空域-エリアゼロ」は、破壊されると、
・歯車街
→手札・デッキ・墓地から「古代の機械熱核竜」を。
・閃刀空域-エリアゼロ
→デッキから「閃刀姫-レイ」を。
それぞれ特殊召喚できるので、他のカードを使って積極的に破壊を狙っていきます。

なお、「閃刀空域-エリアゼロ」は、メインモンスターゾーンのモンスターだけでなく、手札で不要な魔法カード等を墓地へ送れるカードにもなります。


■おろかな副葬
デッキから魔法・罠カードを墓地へ送れる魔法カードで、このデッキでは、「閃刀起動-エンゲージ」や「古代の機械射出機」、「仁王立ち」あたりが送りたいカードになります。

特に「閃刀起動-エンゲージ」は、「閃刀姫-カガリ」の特殊召喚時に回収できるので、なるべく落としたいところ。


■名推理、モンスターゲート
どちらもモンスターが出るまで、デッキの上からカードをめくれる魔法カード。

「閃刀姫-カガリ」の攻撃力を上げたり、「閃刀姫-シズク」のダウン効果を高めたりできますが、デッキの構築上モンスターが少ないため、ある意味ギャンブルカードと言えそうです。

なお、「モンスターゲート」は、モンスターのリリースが必要。


■古代の機械射出機
_20180302_020749
自分の表側のカードを破壊するとともに、このデッキでは「古代の機械熱核竜」リクルートカード。

手札から発動する時は、自分フィールドにモンスターがいない時にしか発動できない魔法カードなので、「閃刀」魔法カードと似たような発動条件となってます。
(ただし、こちらはEXモンスターゾーンにモンスターがいてもダメですが。)

墓地へ落ちた後も、自分の表側のカードを破壊しつつ、「古代の歯車トークン」を生み出すカードに。

このカードで破壊するカードの筆頭は「歯車街」!
手札から発動した時は、エクシーズチャンスに。

その次には「閃刀空域-エリアゼロ」。
「古代の機械熱核竜」を出しつつ「閃刀姫-レイ」をデッキから特殊召喚して「閃刀姫」のリンク召喚という流れにもっていけます。

「古代の機械トークン」は、「モンスターゲート」のコストにしたり、リンク素材や融合素材に使えば無駄はなし。


■マグネット・リバース
_20180302_022121
「閃刀姫―レイ」のところで触れた蘇生カードとは、このカードのこと。
見つけた時は、このデッキのために存在していたのかと思ってしまいました。

通常召喚できない機械族または岩石族モンスターを墓地・除外ゾーンから特殊召喚できる蘇生カード。
(ただし、正規の手順で召喚して、蘇生制限をクリアしたモンスターが対象。)

このデッキでは、
閃刀姫-カガリ
閃刀姫-シズク
電影の騎士ガイアセイバー
召喚獣メガラニカ
幻子力空母エンタープラズニル
が対応しています。

特に、「閃刀姫」リンクモンスターは、特殊召喚時に効果を発動できるので、速攻魔法である利点も活かして、相手ターンでの蘇生も検討できます。

このカードの存在によって、「召喚魔術」で機械族や岩石族を積極的に除外する意義も生まれてきます。


■召喚魔術
「召喚獣」融合モンスターを融合する魔法カード。
墓地のモンスターを除外して融合素材にできるため、「召喚師アレイスター」と対応する属性のモンスターでリンクモンスターを作った後に、融合召喚するのが、いいかと。
(そのリンクモンスターが「暴走召喚師アレイスター」ならなお良し。)

もちろん融合素材に「閃刀姫」リンクモンスターを絡めることができれば、「マグネット・リバース」ですよ。(大事なことなので、2回目。)


■「閃刀」魔法カード
_20180302_020829
基本は、「閃刀起動-エンゲージ」から「閃刀機-ホーネットビット」をサーチして、「閃刀姫-カガリ」を作って「閃刀起動-エンゲージ」をサルベージするまでがスタート地点。

その後は、上記に記載したカードを使って、モンスターの展開をします。
(「閃刀姫-カガリ」と「古代の機械熱核竜」1体が並べば、最低限は戦えるはずです。)

「閃刀」魔法カードの補足としては、「閃刀術式-ジャミングウェーブ」は、セットした「歯車街」等を破壊するためにも使えますので、「古代の機械射出機」がなくても代用できます。
(ただし、タイミングを逃すので、追加効果を使わないこと。)

なお、「閃刀姫」のリンク召喚の後、このデッキでは、積極的にモンスターを展開したり、枠的に今回は「閃刀機―ウィドウアンカー」は不採用にしてます。
(あってもいいとは思います。)


~トラップ編~
■仁王立ち
このデッキでは、唯一の防御系カード。

全体除去等を阻むものがなく、無抵抗になってしまうので、「おろかな副葬」や「名推理」、「モンスターゲート」、「閃刀空域-エリアゼロ」などで墓地へ送っておいて、モンスターが除去されそうになったら、そのターンをしのぐという形を想定。


【自己評価】
_20180302_180525
●戦闘力:4点☆☆☆☆
大型の「古代の機械熱核竜」や融合モンスター、「閃刀姫」リンクモンスターがいるので、戦闘力は高め。

●防御力:1点☆
仁王立ちの欄で挙げた通り。
防御力には、弱さがあります。

●展開力:5点☆☆☆☆☆
フィールド魔法からの展開、トークン生成からのリンク召喚、融合召喚、エクシーズ召喚といろいろとあるので、最高評価に。

●安定性:3点☆☆☆
「閃刀」、「召喚獣」、「古代の機械」と異なるテーマですが、それらのサポートカードが他のカテゴリーにも使えたりするので、意外と重なる部分はある。

ですが、大半が魔法カードなので、初手次第で左右されると言ったところ。

●除去力:3点☆☆☆
「閃刀」魔法カードだけでなく、「古代の機械熱核竜」の魔法・罠カード除去、エクストラデッキにも何体か除去持ちのモンスターを入れたので、それなりには用意しました。



以上が「閃刀姫召喚獣ギア」デッキの紹介になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王デッキレシピ】影依が魅せる八変化!「召喚獣シャドール」デッキ!!


「リンクヴレインズパック」の発売によって、いろんなデッキが強化できそうな感じですね。

さて、そんな「リンクヴレインズパック」のカードを使ったデッキ第1弾として、今回紹介するのは、「召喚獣シャドール」デッキです。

新規リンクモンスターは、もちろん「シャドール・ネフィリム」と「暴走召喚師アレイスター」を使って作りました。

まずはサンプルレシピを紹介したいと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター20枚〉
シャドール・ビースト×3
シャドール・ドラゴン×3
マスマティシャン×3
稲荷火×2
デーモン・イーター×2
召喚師アレイスター×1
シャドール・ヘッジホッグ×3
シャドール・ファルコン×2
マジカル・アンダーテイカー×2

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×2
影依融合×2
召喚魔術×1
死者蘇生×1
ブラック・ホール×2
ハーピィの羽根帚×1
ワンダー・ワンド×2
神の写し身との接触×2

〈トラップ6枚〉
堕ち影の蠢き×2
影依の原核×2
リビングデッドの呼び声×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター8枚
召喚獣 カリギュラ×1
エルシャドール・ミドラーシュ×2
召喚獣プルガトリオ×1
エルシャドール・エグリスタ×1
エルシャドール・シェキナーガ×2
召喚獣メガラニカ×1

■リンクモンスター7枚
シャドール・ネフィリム×2
暴走召喚師アレイスター×2
星杯神楽イヴ×1
サブテラーマリスの妖魔×1
電影の騎士ガイアセイバー×1

_20171127_230833
【デッキコンセプト】
最初は、リバース効果つながりで「クローラー」との混合で考えていましたが、属性をもう少しばらけさせたかったので、この形にしました。

デッキコンセプトとしては、言うまでもないかもしれませんが、
「シャドール」モンスターが持つ、融合素材にした時に発動する効果(正確には、カード効果で墓地へ送られた場合に発動する効果)で、融合召喚の負担を軽減しながら、融合召喚を決めていきます。
また、「シャドール」が持つリバースモンスターも時には使います。

さらに、「シャドール」と似たような融合素材指定を持つ「召喚獣」を取り入れて、融合モンスターの層を厚くしました。


【採用したカードについて】
■シャドールモンスター
_20171127_231047
何かしらのアドバンテージが取れるモンスターを選抜。
特に「シャドール・ヘッジホッグ」の効果は、どちらも重宝します。

なお、「シャドール・ファルコン」はチューナーなので、シンクロ要素を取り入れることができますが、エクストラデッキの枚数の関係からその役目はなかった扱いにしてます(笑)


■マスマティシャン、おろかな埋葬
■堕ち影の蠢き
このデッキにおける墓地肥やし組です。
とりあえず「シャドール・ヘッジホッグ」や「シャドール・ビースト」を落としておけば、手札が1枚増えるので、それによって手札を整えることができます。


■稲荷火、デーモン・イーター
_20171127_231033
どちらも自分フィールドに魔法使い族がいれば、手札から特殊召喚できます。
この効果があるため「暴走召喚師アレイスター」や「星杯神楽イヴ」のリンク召喚しやすくなってます。

また、炎属性や地属性に属しているので、「エルシャドール・エグリスタ」や「エルシャドール・シェキナーガ」と言った融合モンスターへ広げることもできます。
(もちろん「召喚獣」もです。)
_20171127_231200

■召喚師アレイスター、召喚魔術
「召喚獣」融合モンスターを出す時に必要となってくるカード。
なお、「召喚師アレイスター」は「暴走召喚師アレイスター」でも代わりになれます。

実は、「召喚魔術」は手札からのみ融合素材を送る場合は、融合先は「召喚獣」じゃなくてもOKなので、「シャドール」融合モンスターも出せたりします。


■マジカルアンダーテイカー
_20171127_231303
リバースモンスターを2体指定するリンクモンスターがいるので、それを出すため用に用意しました。
「シャドール・ファルコン」と効果は被りますが、違いは表側で特殊召喚できることで、
自分のターンにリバースできれば、すぐにリンク召喚できる点がポイントです。


■影依の原核
「シャドール」のトラップモンスター。

「シャドール」融合モンスターに書かれている融合素材の属性の代わりにできたり、
効果で墓地へ送られた場合に、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カードを手札に加えれたりできる効果も持ちます。

それに加えて今回は、新たに「シャドール・ネフィリム」の蘇生効果で墓地へ送れるカードとしての役割も追加されました。
_20171127_231359
【あとがき】
タイトルにもなった八変化ですが、皆さんわかりましたか?
本編では全く触れませんでしたので、ここで答え合わせをしておくと、
融合モンスター6種類と「シャドール・ネフィリム」、「暴走召喚師アレイスター」のことを指していました。

(まあ、この点はどうでもいいですよね。)


このデッキを作る時に、まさか9期の最初に登場した「シャドール」と9期の最後の方で登場した「召喚獣」が、一緒に手を組むことになるとは想像していませんでした。

「シャドール」的には、あとは次のリミットレギュレーションで、「エルシャドール・ネフィリム」が禁止から制限に帰ってきてくれれば歓喜ものですが…。
(早く、戻ってきてほしい~)

そんな願いも込めつつ、「召喚獣シャドール」デッキの紹介を終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
いいね!感覚で押していただければ、非常にありがたいです。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2