遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

フレイムズ・オブ・デストラクション(FLOD)

【戦力チェック】フレイムズ・オブ・デストラクション編~パート2~


前回の続きです。
「フレイムズ・オブ・デストラクション(FLOD)」に入っているリンクモンスターや魔法・罠カードの中から気になったものをチェックしてみたいと思います。

■トポロジック・トゥリスバエナ
_20180124_231059
パックの表紙を飾るモンスター。
このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に、そのモンスターとフィールドの魔法・罠カードを全て除外する効果を持つ。

フィールドの魔法・罠カードの全体除去効果は、まさに圧巻!
しかも除外なので、再利用を許さない...。

モンスター1体の特殊召喚が、除外する大嵐に変換できるのは普通に強いですね。
(おまけにダメージも与えれます。)

「ブラック・マジシャン」デッキにとっては涙目リンクモンスター…(泣)


■スペース・インシュレイター
_20180124_231239
リンク素材は緩く、リンク先のモンスターの攻守を800ダウンさせたり、
サイバース族リンクモンスターがリンク召喚された時にリンク先に墓地から蘇生できるので、効果自体は悪くないと言えそう。

ただ、
・リンク素材にできず、フィールドから離れた場合に除外される。
・この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
という制約があるため、蘇生した後の使い方としては、今のところ「V-LAN ヒドラ」や「パワーコード・トーカー」の効果でリリースするという方法がベスト。


■ヴァンパイア・サッカー
_20180124_231431
このカードを使うなら、アンデット族には蘇生手段が多いので、2番目の「自分・相手の墓地からアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に...デッキから1枚ドローする」という効果を軸に使うといいでしょう。

相手の墓地からモンスターをアンデット族化して蘇生する効果やアドバンス召喚時に、相手フィールドのアンデット族を代わりにリリースできる効果もありますが、無理に使う必要はないでしょう。

個人的には、次のデッキビルドパックで、アンデット族(ヴァンパイア)っぽいモンスターもいるので、そちらで再び注目を浴びるカードになるかも?とか思っていたりします。


■剛鬼フェイスターン
_20180124_231531
実質、「剛鬼」モンスターのサーチ効果を発動させつつ、「剛鬼」モンスターを蘇生することができるカード。
蘇生させてもリンクマーカーが活かせる「剛鬼ジェット・オーガ」を蘇生させたいところです。

その後は、「剛鬼」モンスターでサーチした「剛鬼再戦」を使って、LINK3やLINK4モンスターへ。


■星遺物が導く果て
_20180124_231709
このカードの登場で、「星遺物」モンスターに少しずつ共通性が生まれ始めました。

自分のリンクモンスターが相手の効果でフィールドから離れるか、戦闘で破壊された場合に、手札・デッキから「星遺物」モンスターを守備表示で特殊召喚できる永続魔法カード。

リンクモンスターの攻撃力ではダメだと思ったら、戦闘破壊されにいくのもありかもしれないですね。

ちなみに守備表示で特殊召喚なので、
・星遺物-『星鎧』
・星遺物-『星盾』
あたりが候補になるかと。

なお、「星杯に選えらばれし者」のテキストによれば、「星遺物」は全部で7つのようなので、これからあと3つが出てくるはず。
それらの「星遺物」次第では、このカードの評価も上がりそうなので、今のうちに3枚持っていてもいいかも。
今後に期待したいところです。


■星遺物からの目覚め
_20180124_231842
相手ターンにリンク召喚したいリンクモンスターが増えてきたら、このカードも活躍しそう。
現状では「トロイメア」がそれに該当します。

また、例えば「クリストロン」のような効果を使うと、『自分のターンに機械族シンクロモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない』など召喚方法を制約する効果を受けてしまうようなテーマで、相手ターンにリンク召喚したいとかで採用ができるかもしれないです。

あとは、自分のバトルフェイズで追撃の一手として、使う方法も。


■豆まき
_20180124_232005
相手モンスターのレベルの数だけ、自分の手札を捨てて、ドローし、そのモンスターを持ち主の手札に戻すという罠カード。

理想は相手フィールドに「壊獣」を出して、それを手札に戻せればいいのですが、その前に手札がレベル分だけあるかどうかが問題になるので、現実的には難しそう。
相手の下級モンスターを対象にして、手札を入れ替えつつ、バウンスするという使い道が堅実的。

なお、手札を捨てるなので、「暗黒界」や「魔轟神」デッキとは相性が良さそうです。


【あとがき】
2回+アルファで、「フレイムズ・オブ・デストラクション」に収録されているカードについて見てきました。

取り上げたカードはもちろんのことですが、取り上げなかったカードの中にも、いいカードや個性が光るカードが多くて、優良パックだと言える内容でした。

これからのパックにも期待してます!
では、このあたりで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【戦力チェック】フレイムズ・オブ・デストラクション編~パート1~


今回の戦力チェックは、「フレイムズ・オブ・デストラクション(FLOD)」に収録されているカードの中から気になったものをチェックしたいと思います。

すでに「プロンプトホーン」は紹介しましたので、ここでは除いて、それ以外のモンスターを中心に見ていきたいと思います。
■リンク・ストリーマー
_20180122_221911
1ターンに1度しか使えないが、このカードが出た後に、サイバース族モンスターが召喚・特殊召喚されたら、「データトークン」(光1/サイバース族/攻0/守0)を特殊召喚できる効果を持つモンスター。

基本的には、このモンスターを召喚した後に、「バックアップ・セクレタリー」を特殊召喚するのが、手軽な方法になると思います。

今回のパックで出た「プロンプトホーン」と比べると、デッキや墓地のバニラモンスターを気にせずに使えて、手札から特殊召喚できるサイバース族を多めに積める構築ができるところは、ポイントが高いですね。

特に「プロンプトホーン」を主軸としたデッキでは、リリース範囲外になるレベル5の「ブート・スタッガード」を採用できるのはいいところ。
そのまま、戦闘ダメージを与えることができれば、「スタッグトークン」を特殊召喚できます。

ただ、基本的にはトークンを出してもLINK3止まりになってしまう点や、サーチ手段が乏しい点が残念な部分になりますが、やはりデッキ構築の自由度となるとこちらに軍配が上がると言えるでしょう。


■トリックスター・マンドレイク
_20180122_221958
デッキ構築の可能性を広げてくれそうなカードで、注目は、1番目の効果の「手札から墓地へ送られると特殊召喚できる効果」。

普通に使うなら、「トリックスター・シャクナージュ」や「トリックスター・ブラッディマリー」の効果で、捨てて特殊召喚するパターンになりそうですが、「トリックスター」に足りない除去力を補うために、「トロイメア」リンクモンスターを入れたり、手札コストがいる除去系カード(例えば「ライトニング・ボルテックス」や「ツインツイスター」、「鳳翼の爆風」など)を入れてみるのも面白いかも。

また「トリックスター」デッキに限らず、手札を捨てるようなデッキに入れるのもありかも。


■オルターガイスト・マルチフェイカー
_20180122_222415
「オルターガイスト」デッキの可能性を広げるカードとしてだけでなく、出張性がありそうなカード。

自分が罠カードを発動しただけで、手札から特殊召喚できるので、相手ターンでも壁を並べることができます。さらに、特殊召喚に成功した場合には、デッキから「オルターガイスト」モンスター1体を守備表示で特殊召喚できます。

この効果により、「オルターガイスト・シルキタス」を特殊召喚できれば、「オルターガイスト・マルチフェイカー」と相手のカード1枚を手札に戻しつつ、次のターン以降に罠カードを発動できれば、再び「オルターガイスト・マルチフェイカー」の効果も使えるということもできます。

また、「オルターガイスト・クンティエリ」を特殊召喚できれば、壁モンスターを出しつつ、相手の表側のカードの効果を無効化にするということもできます。

というわけで、これらのカードとともに、罠カードを多く積めるデッキに出張させるのもいいかもしれませんね。


■星遺物-『星槍』
_20180122_222756
リンクモンスターを含むモンスター同士での戦闘の時(ダメージ計算時)に、手札から捨てて、相手モンスターの攻撃力を3000ダウンさせる効果が非常に光るカードとなってます。

リンクモンスターは、他のエクストラデッキから特殊召喚できる召喚方法に比べて、攻撃力が低めに設定されていることが多かったので、このカードを入れるだけでその課題が少し克服できるのが利点でしょう。
「星遺物-『星杯』」や「黒き森のウィッチ」あたりでサーチするのがいいかと。


■番猫-ウォッチキャット
_20180122_223132
「番犬-ウォッチドッグ」と比べると、召喚時には何もなく、永続魔法をセットするのはエンドフェイズと遅いですが、自身を特殊召喚できる効果があったり、手札コストが不要という点が大きいですね。

なお、自身を除外するので場は空きますが、「番犬-ウォッチドッグ」はそのターン特殊召喚できないため、何もしなければ攻撃表示で相手ターンを迎えることを考えると、ある意味では同じ状況と言えるかもしれないですね。

また、除外から蘇生できれば、再度効果を使うこともできます。
使い勝手は、こちらにありそう。


■鉄騎竜ティアマトン
_20180122_222546
相手ターンでも発動できて、同じ縦列に3枚以上のカードがある場合に手札から特殊召喚できるモンスターで、特殊召喚に成功した場合にこのカードと同じ縦列の他のカードを全て破壊する効果とこのカードと同じ縦列の使用していないゾーンは使用できない効果を持ちます。

私自身、Wikiを見るまで見落としてましたが、『カードが3枚以上ある縦列にこのカードを特殊召喚する必要はない。』とのこと。

なので、相手が置いたモンスターやセットした魔法・罠カードの場所と同じ縦列に、自分のモンスターを召喚+魔法・罠カードをセットするという配置が戦術としてできそうですね。そこから条件を満たした「鉄騎竜ティアマトン」を他の列に特殊召喚という流れ。

(また、Wikiには「雷帝家臣ミスラ」や「トーチ・ゴーレム」で、同じ縦列の自分・相手のモンスターゾーンを埋めて、魔法・罠カードをセットする方法が紹介されていました。)

その時に破壊できるカードがあればいいのですが、『使用していないゾーンは使用できない』という効果狙いでいくなら特殊召喚する列としては、
・エクストラデッキからの特殊召喚に対するメタとして、エクストラモンスターゾーンがある縦列。
・ペンデュラムメタとして、ペンデュラムカードを置ける両端のどちらか。
が狙い目になりそうです。

使いこなせれば楽しそうなカードとなりそうですね。


では、今回はこのあたりで。
次回は、魔法・罠カードを中心にチェックしてみたいと思います!
最後まで見ていただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【戦力チェック】 バニラ軸サイバース族の救世主!? 「プロンプトホーン」の魅力に迫る!!


新弾のパック等から注目したカードを戦力チェックと題して、見ていきたいと思います。

今回題材となるモンスターは、「プロンプトホーン」です!
入るデッキは限られますが、バニラ軸サイバース族デッキならかなり活かせるのではないかと考え、戦力チェックとして取り上げてみたいと思います。

ではまずは「プロンプトホーン」が持つ効果から見ていきましょう。
■プロンプトホーン
_20180118_233355
星1/闇/サイバース族/200/400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
自分フィールドのレベル4以下のサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
レベルの合計がリリースしたモンスターのレベルと同じになるように、自分のデッキ・墓地からサイバース族の通常モンスターを任意の数だけ選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。


効果は、バニラ軸寄りのサイバース族デッキなら使える効果ですね。

注意点としては、「プロンプトホーン」で特殊召喚できるのは、デッキや墓地からなので、手札に来てしまったバニラのサイバース族は対象外。
なので、あらかじめ墓地へ送っておきたいところです。


ちなみに、このカードによって特殊召喚できるサイバース族通常モンスターは、現在のところ、
プロトロン(地1/100/100)
ビットロン(地2/200/2000)
デジトロン(地2/1500/0)
の3体。

一応、「プロンプトホーン」自身もリリースすることができるので、デッキ圧縮で「プロトロン」1体を特殊召喚するという使い方もできます。

ですが、この効果を最大限に使うなら、
特殊召喚効果を持つ「バックアップ・セクレター」や「リンク・インフライヤー」、
ライフと引き換えにサイバース族の召喚権を追加できる「バランサーロード」などが相性のいいカードとなりそうです。

_20180120_133506

例えば、「バックアップ・セクレター」(レベル3)をリリースするパターンだと、
・「プロトロン」×3体
・「プロトロン」×1+「ビットロン」×1、
・「プロトロン」×1+「デジトロン」×1、
のどれかになります。

「プロトロン」の場合は、「プロンプトホーン」を含めて場にモンスターが4体、
それ以外のパターンなら3体並ぶことになるので、LINK3やLINK4のリンクモンスターが出せます。
(また、あいだにLINK1やLINK2を挟むことも可能です。)

また「バランサーロード」(レベル4)をリリースするパターンなら、
・「プロトロン」×2+「ビットロン」×1
・「プロトロン」×2+「デジトロン」×1
・「ビットロン」×1+「デジトロン」×1
・「ビットロン」×2
・「デジトロン」×2
のどれかとなります。

「プロンプト」2枚なら一気にモンスターが4体、
それ以外なら3体という感じで、こちらも手札2枚からLINK3やLINK4のリンクモンスターへの展開が可能となっています。

こちらは、ライフコストが必要になってくるパターンですが、手札2枚から4体並ぶのは熱いですね!
(「スケープ・ゴート」には敵いませんが。)

_20180118_235940

モンスターを増やすという意味では、なかなかいい仕事をする「プロンプトホーン」ですが、問題は特殊召喚するバニラモンスターの採用枚数になってくると思います。

個人的に「プロトロン」の3枚積みはデッキ構築を圧迫したり、事故率を上げそうなので、
「バックアップ・セクレター」と「バランサーロード」の例から考えると、「プロトロン」2枚、「デジトロン」か「ビットロン」のどちらかを1枚でいいかなと思います。

_20180119_000211

最後に、「プロンプトホーン」のサーチ手段ですが、こちらはステータスやサイバース族ということで、比較的に恵まれいます。

まずレベル1のため「ワン・フォー・ワン」に対応。
また、レベル3以下のサイバース族ということで、「レディ・デバッカ―」からもサーチできます。

それから攻撃力200しかないので、「サイバネット・バックドア」でもサーチしやすいステータスとなっています。



今回は、「プロンプトホーン」を取り上げてみました。バニラ軸のサイバース族デッキでは、展開力を活かし、LINK3~4が出しやすいと言えそうです。

では、このあたりで戦力チェックを終わりたいと思います。

なお、この「プロンプトホーン」を使ったデッキを後日、紹介する予定にしていますので、そちらもお楽しみに!

最後まで見ていただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2