遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

ドラゴン族

【デッキレシピ】神降臨?「サイバー・ダーク」デッキ!!


どうも、ハイロンです。
久しぶりにデッキを投稿したいと思います。

今回紹介するデッキは、裏サイバーの「サイバー・ダーク」です!
普通と違って、神(=オベリスク)などを入れて、遊び心も取り入れた構築にしてます。

では、早速サンプルレシピを紹介してみたいと思います↓

※画像元:ガチャログ(URL→https://www.gachalog.com/)を使用

【デッキについて】
●基本編

_20180626_015312


「サイバー・ダーク」デッキでは、
・レベル3以下のドラゴン族を墓地へ送る。
・機械族・レベル4の「サイバー・ダーク」召喚。召喚成功時にレベル3以下のドラゴン族を装備する。
が基本の動きになります。

■レベル3以下のドラゴン族を墓地へ送ろう!
墓地へ送るレベル3以下のドラゴン族ですが、
「サイバー・ダーク・カノン」
「サイバー・ダーク・クロー」
「比翼レンリン」
あたりが適任です。

「サイバー・ダーク・カノン」は、装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に、デッキからモンスター1体を墓地へ送れて、
「サイバー・ダーク・クロー」は、カノンと同じ条件でエクストラデッキからモンスター1体を墓地へ送れます。

なお、この2体のモンスターは、手札から捨てるとデッキからサーチできる効果があるので、比較的墓地へ送りやすいモンスターになります。

_20180626_015127

サイバー・ダーク・カノン
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。


_20180626_015219

サイバー・ダーク・クロー
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。



「比翼レンリン」は、装備モンスターの元々の攻撃力を1000にして、2回攻撃を可能にするモンスターです。
つまり、機械族「サイバー・ダーク」モンスターの元々の攻撃力が1000になってから「比翼レンリン」の攻撃力上昇値が加わって、攻撃力が2500になり、2回攻撃できることになります。


■機械族・レベル4の「サイバー・ダーク」を召喚しよう!

_20180626_015408


レベル3以下のドラゴン族が墓地にいたら、
「サイバー・ダーク・ホーン」
「サイバー・ダーク・エッジ」
「サイバー・ダーク・キール」
の3体のどれかを召喚します。

優先順位的には、レベル3・ドラゴン族の「サイバー・ダーク」の装備化した時の効果と固有効果を活かしたいので、「サイバー・ダーク・エッジ」を筆頭に、「サイバー・ダーク・ホーン」、「サイバー・ダーク・キール」という順番になります。

共通効果は、召喚成功時に、自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族を装備する効果と、
装備したモンスターの元々の攻撃力分アップし、
戦闘で破壊される代わりにその装備したモンスターを破壊する効果になりますが、

これに加えて、独自が持つ固有効果として、
「サイバー・ダーク・ホーン」は、守備貫通、
「サイバー・ダーク・エッジ」は、攻撃力を半分にして、ダイレクトアタック、
「サイバー・ダーク・キール」は戦闘で相手モンスターを破壊すると、相手に300のダメージ
という感じになっています。


●遊び心編
さてここからは、このデッキの遊び心要素を紹介したいと思います。
主に、3つです。

■「RUM―七皇の剣」で、「CNo.107 超銀河眼の時空龍」出現!

_20180626_015546


ここは知っている人も多いと思うので、遊び心とは言えないかもしれませんが、一応紹介しておきます。

やり方としては、「サイバー・ダーク・クロー」の装備化している時に発動する2番目の効果を使って、EXデッキから「No.71 リバリアン・シャーク」を墓地へ送ってそちらの効果で、「RUM―七皇の剣」をデッキトップに確定!
そして、次の自分のターンに「CNo.107 超銀河眼の時空龍」出現という流れになります。

「サイバー・ダーク・クロー」には他にも、
「F・G・D」を送って、「サイバー・ダーク」融合モンスターの装備用モンスターを用意したり、
「旧神ヌトス」を送って、相手のカードを除去したり、
「PSYフレームロード・Ω」を送って、「旧神ヌトス」などの墓地のカードをデッキに戻したりもできます。


■「ヘルモスの爪」で高攻撃力!
ドラゴン族が多いので、それらを素材に「ヘルモスの爪」を使って、「真紅眼の黒竜剣」を特殊召喚します。

_20180626_015456

真紅眼の黒竜剣
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
このカードは「ヘルモスの爪」の効果で自分の手札・フィールドのドラゴン族モンスターを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動する。
このカードを攻撃力1000アップの装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターの攻撃力・守備力は、お互いのフィールド・墓地のドラゴン族モンスターの数×500アップする。


「真紅眼の黒竜剣」の効果ですが、1番目・2番目とも攻撃力アップなので、終盤になればなるほど「サイバー・ダーク・ホーン」や「サイバー・ダーク・エッジ」達が、フィニッシャー級になれるほどの大幅なアップが期待できます。


■「ツイン・トライアングル・ドラゴン」で「オベリスクの巨神兵」を蘇生!

_20180626_015619

まず、「オベリスクの巨神兵」を墓地へ送っておく必要があるので、「サイバー・ダーク・カノン」や「おろかな埋葬」で、「オベリスクの巨神兵」を墓地へ送ります。

次に、「クイック・リボルブ」と通常召喚権を使って、ドラゴン族を2体並べて、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」をリンク召喚。

「ツイン・トライアングル・ドラゴン」のリンク召喚の成功時効果で、レベル5以上のモンスター、つまり「オベリスクの巨神兵」を特殊召喚するという流れです。

なお、「オベリスクの巨神兵」は特殊召喚されたエンドフェイズ時に墓地へ送られるという効果がありますが、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」で蘇生したモンスターは、効果が無効になるので、墓地へ送られる心配はなくなります。
(そのターン攻撃できないというデメリットもあります。)

_20180626_015715

ツイン・トライアングル・ドラゴン
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻1200
【リンクマーカー:右/下】
トークン以外のレベル4以下のドラゴン族モンスター2体
(1):このカードがリンク召喚に成功した時、500LPを払い、自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターン攻撃できない。


なお、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」はドラゴン族なので、「ヘルモスの爪」を発動して、「真紅眼の黒竜剣」の素材にしてしまうのもありです。


【あとがき】
表サイバーが連続して、新規&強化をもらっているのをうらやましく思い、裏サイバーにも新規を…という思いで、公開してみました。

次のパックが融合ということで、こちらにも何かが来るといいのですが、望みは薄そうですね(泣)

では、これで「サイバー・ダーク」デッキの紹介を終わりたいと思います。
最後までありがとうございました。


〈お知らせ〉
この度、はてなブログにて、「マイナー」をテーマにした遊戯王ブログを始めましたので、もしご興味がありましたら、そちらもよろしくお願いします!

新ブログ名:遊戯王マイナーラボ
URL:https://yugioh-minor-labo.hatenablog.com


当ブログは、ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【デッキレシピ】「青眼の白龍」デッキ~青き眼とハンデス三種の神器添え~


最近、低速更新でお送りしてますw

さて、遊戯王は、今年で20周年を迎えたということで、今回はそれにちなんだデッキを。

遊戯王の代名詞と言えば、「青眼の白龍」か「ブラック・マジシャン」が挙げられますが、今回は、「青き眼の乙女」を軸とした「青眼の白龍」のデッキの方を紹介したいと思います。
(なお、ハンデス三種の神器を裏テーマとしています。)

まずは、サンプルレシピの紹介からです。
【サンプルレシピ】
〈モンスター18枚〉
サイレント・マジシャンLV8×1
青眼の白龍×3
妖精伝姫-シンデレラ×2
黒き森のウィッチ×3
沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン×2
青き眼の祭司×1
青き眼の賢士×3
青き眼の乙女×3

〈マジック16枚〉
おろかな埋葬×1
無情の抹殺×3
ワン・フォー・ワン×1
簡易融合×2
死者蘇生×1
ハーピィの羽根帚×1
月鏡の盾×2
ワンダー・ワンド×3
銀龍の轟咆×2

〈トラップ6枚〉
トリックスター・リンカーネーション×1
光の封殺剣×3
安全地帯×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター3枚
リンクリボー×1
天球の聖刻印×1
LANフォリンクス×1

■融合モンスター3枚
サウザンド・アイズ・サクリファイス×2
青眼の双爆裂龍×1

■シンクロモンスター3枚
転生竜サンサーラ×1
蒼眼の銀龍×1
青眼の精霊龍×1

■エクシーズモンスター6枚
No.15 ギミック・パペットージャイアントキラー×1
銀河眼の光波竜×1
銀河眼の光波刃竜×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1


【デッキについて】
Q1:どういうデッキ?
「青き眼の乙女」に対して、対象を取るカードを使って、「青眼の白龍」を特殊召喚していくデッキです。

ちなみに対象を取るカードとしては、「月鏡の盾」や魔法使い族に装備できる「ワンダー・ワンド」の装備カードの他に、「青き眼の祭司」や「青き眼の賢士」のモンスター、「無情の抹殺」、「安全地帯」があります。

_20180406_222133

Q2:このデッキの強みと弱みは?
強みは、やはり「青眼の白龍」をすぐに出せること。
「青き眼の乙女」+対象を取るカードや「青き眼の賢士」や「青き眼の祭司」の効果で、すぐに出せるスピードはなかなかのもの。

弱みは、強みの裏返しと言える部分で、常にカードが2枚必要な点。
「青き眼の乙女」だけじゃ動けないし、対象を取るカードだけじゃ動けないことが挙げられます。
「青き眼の賢士」も他に効果モンスターが必要なので、
「ワンダー・ワンド」や「黒き森のウィッチ」等で手札を整えてから効果を使いたいところです。

_20180406_222456

Q3:ハンデス三種の神器って何?
昔、手札破壊として活躍した「押収」、「いたずら好きな双子悪魔」、「強引な番兵」(時期によっては、「押収」、「ダスト・シュート」、「マインドクラッシュ」)の3枚を総称して「ハンデス三種の神器」と呼んでました。

ですが、上記のカードのほとんどが禁止で、今では死語となっています。

そんな中「青眼の白龍」デッキを作るにあたり、「青き眼の乙女」のトリガーにもなる「無情の抹殺」が入りそうだったので、ハンデスを裏テーマとして、新たな「ハンデス三種の神器」を結成してみました。

▼「ハンデス三種の神器」
■無情の抹殺
_20180406_222710
発動時に対象を取る効果なので、「青き眼の乙女」のトリガーになったり、墓地送りにもなるので、ハンデスしながら「黒き森のウィッチ」のサーチ効果を能動的に発動できたりします。

■光の封殺剣
_20180406_222815
一時的なハンデスですが、ノーコストで4ターンも拘束できれば上出来かなと。


■トリックスター・リンカーネーション
_20180406_222917
ハンドアドバンテージ的には変わらず、相手の手札交換をしているだけですが、手札を入れ替えることによって、相手の思惑を崩したり、相手がサーチしたタイミングで発動できればある意味、手札破壊と言える部分も。

(本音は、扱いやすいハンデス魔法・罠カードが見当たらなかったから、このカードにしただけですが…笑)


ランダム要素はあるものの、これらのカードで、手札誘発がヒットすれば上出来ですが、それ以外でも展開のキーになるようなカードが当たれば、最低限の仕事は果たしたと言えそうですが。


Q4:その他のカードについて補足しておくことは?
■黒き森のウィッチ
「青き眼の乙女」などの青き眼のモンスターをサーチするのが、主な仕事。

「青き眼の賢士」の効果で、墓地へ送り「青眼の白龍」をデッキから特殊召喚しつつ、「青き眼の乙女」をサーチするのが、このデッキでの最高な流れになります。

その他には、「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」でリリースしたり、「無情の抹殺」や「ワンダー・ワンド」で、墓地へ送ってサーチ効果を発動することもできます。


■簡易融合
このデッキでは、貴重な除去効果を持つ「サウザンド・アイズ・サクリファイス」を呼び出します。
そこから相手モンスターを吸収して、「リンクリボー」になったり、こちらも「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」でリリースしたり、「無情の抹殺」や「ワンダー・ワンド」のコストにしてしまうのもいいでしょう。


Q5:最後にこのデッキに自己評価をつけるなら?
【自己評価】
●戦闘力:4点☆☆☆☆
●防御力:2点☆☆
●展開力:4点☆☆☆☆
●安定性:2点☆☆
●除去力:3点☆☆☆

「青眼の白龍」へ繋げる展開力と、攻撃力が3000のモンスターがいる一方で、防御力は手薄、2枚のカードを必要とするコンボ前提の展開力なので、安定性は普通より落ちるかと。
また、除去力は、モンスターや魔法・罠カード除去ではなく、手札破壊がメインになります。

_20180406_222542

【編集後記】
_20180323_170445

20周年ということで、お祝いするような気持ちで「青眼の白龍」デッキを作ってみましたが、実はデュエルリンクスで使っていた「聖刻龍-ドラゴンヌート」軸の「青眼の白龍」デッキを元にしました。

なので、はじめの頃は「聖刻龍-ドラゴンヌート」と「青き眼の乙女」のW主演だったのですが、魔法使い族に寄せたのをきっかけに、「聖刻龍-ドラゴンヌート」で特殊召喚したモンスターのステータスが0になるということもあり、抜けてしまうという結果になってしまいました。

まあ、バニラでドラゴン族のチューナーを入れれば、「聖刻龍-ドラゴンヌート」は輝きそうですがね。

そんな裏話もありながら今回紹介した「青眼の白龍」デッキは以上になります。

次のパックのバーコードで、応募できる純銀製の「青眼の白龍」もありますし、この機会に「青眼の白龍」デッキを作れば当たるかも!?

最後まで見ていただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王デッキレシピ】熱きスピード野郎達と弾丸竜がタッグを組んだ!?「メタルヴァレット」デッキ!!


11月の流れを引き継ぎ、今月も「リンクヴレインズパック」のカードを使ったサンプルレシピの紹介を続けたいと思います。

今回のデッキは、「メタルフォーゼ」と「ヴァレット」を組み合わせた「メタルヴァレット」デッキです。
それに伴って、今回使ったリンクモンスターは、「天球の聖刻印」と「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」になります。
collage-1512400751843
では、サンプルレシピから参りましょう!
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
メタルフォーゼ・ゴルドライバー×2
マグナヴァレット・ドラゴン×3
メタルヴァレット・ドラゴン×2
メタルフォーゼ・シルバード×2
オートヴァレット・ドラゴン×3
シェルヴァレット・ドラゴン×2
アネスヴァレット・ドラゴン×3
霊廟の守護者×1
メタルフォーゼ・スティエレン×2
レアメタルフォーゼ・ビスマギア×2

〈マジック13枚〉
リボルブート・セクター×2
錬装融合×1
ブラック・ホール×2
ハーピィの羽根帚×1
スクイブ・ドロー×2
クイック・リボルブ×3
緊急テレポート×1
重錬装融合×1

〈トラップ5枚〉
メタルフォーゼ・カウンター×3
安全地帯×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター6枚
フルメタルフォーゼ・アルカエスト×1
メタルフォーゼ・アダマンテ×2
メタルフォーゼ・オリハルク×2
メタルフォーゼ・カーディナル×1

■リンクモンスター9枚
リンク・スパイダー×1
天球の聖刻印×1
アンダークロックテイカー×1
ツイン・トライアングル・ドラゴン×1
ドリトル・キメラ×1
ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム×1
星杯神楽イヴ×1
デコード・トーカー×1
スリーバーストショット・ドラゴン×1

【デッキコンセプト】
簡単に言うと、「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果で、「ヴァレット」を破壊して、「メタルフォーゼ」魔法・罠カード(特に「錬装融合」)をデッキからセットしながら、融合召喚やリンク召喚をするデッキです。

そしてエンドフェイズになると、そのターン中に戦闘・効果破壊された「ヴァレット」の効果を使い、モンスターを絶やさないようにして、次のターンを迎えるという防御面も備えていたりします。


【採用したカードについて】
少し、デッキコンセプトと被るところもありますが、ご了承ください。
■メタルフォーゼ
_20171205_000853
レベル1~4の「メタルフォーゼ」を2枚ずつ積みました。

「レアメタルフォーゼ・ビスマギア」のみ、戦闘・効果破壊された場合に、「メタルフォーゼ」モンスターを1体エンドフェイズ時にサーチできる効果を持っていますが、
基本的にはバニラのペンデュラムモンスターなので、ペンデュラム効果を使用していきます。

ペンデュラム効果で、自分の表側のカードを破壊して、融合したい時は「錬装融合」や「重錬装融合」、融合の準備が出来ていない時や守備固めをしたい時などは「メタルフォーゼ・カウンター」と言った感じで使い分けます。


■ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム
_20171205_001105
このデッキでは、一応ペンデュラム召喚や「緊急テレポート」、「メタルフォーゼ・カウンター」などを組み合わせると、2体の「メタルフォーゼ」が並び、リンク召喚することができます。

ですが、効果的には「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果でも十分な感じになるので、リンクマーカー要員としてや2番目と3番目の合わせ技を使いたい時(つまりドローしたい時)、「ヴァレット」を破壊対象に選ぶ場合の使用があります。


■ヴァレット
_20171205_000940
今のところ全種類を入れました。

リンクモンスターの効果の対象になった時に発動する効果がありますが、そういう効果を持ったリンクモンスターが少ないため、このデッキでは「メタルフォーゼ」と相性のいい2番目の効果の方をメインに使っていきます。


■天球の聖刻印
_20171205_001119
このデッキでは「ヴァレット」モンスターで作れるリンクモンスター。
「リボルブート・セクター」や「クイック・リボルブ」、「ヴァレット」達の特殊召喚効果等で、並べてリンクすることが可能。

自分のターンでは、このモンスターを出した後に、融合召喚をして、相手ターンでは、リリース効果を使って、ドラゴン族モンスターを特殊召喚できればと言ったところです。

なお、似たような素材で「ツイン・トライアングル・ドラゴン」がいますが、レベル5以上のモンスターが墓地にいる時に出したいので、そのあたりで使い分けができます。


■霊廟の守護者
表側のドラゴン族が、効果で墓地へ送られた場合や戦闘破壊された場合に、手札・墓地からこのカードを特殊召喚できるモンスター。

守備力が2100と高いので、下級モンスターに対しては、壁になれます。

「ヴァレット」の効果は、エンドフェイズなので、一時的にフィールドが空くという状況が生じるので、このカードがあれば、その状況を穴埋することができます。


■スクイブ・ドロー
このデッキでは、「錬装融合」と並ぶ、貴重なドローカードで、「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果の他に、「ヴァレット」を能動的に破壊できるカードにもなります。


■クイック・リボルブ、緊急テレポート
前者は「ヴァレット」専用、後者は「メタルフォーゼ」専用のデッキから特殊召喚できるカードになります。
「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果を使う時の弾を用意したり、融合召喚やリンク召喚の素材とするなどの働きをしてくれます。


■安全地帯
_20171205_001031
少し古いカードになりますが、ストラクの「パワーコード・リンク」に再録されるカードなので、手にする機会があると思います。

カード効果は、対象とした表側攻撃表示モンスターに、
・相手の効果の対象にならない。
・戦闘・相手の効果では破壊されない。
・相手プレイヤーに直接攻撃できない。
という効果を付与しますが、このカードがフィールドに存在しなくなった時に、そのモンスターを破壊するという効果も付きます。

防御系のカードですが、状況に応じて自分・相手のどちらのモンスターにも使えるカードになります。

このデッキの使用例としては、
相手モンスターを対象としている時は、「メタルフォーゼ」のペンデュラム効果でこのカードを破壊すればモンスター除去に変わりますし、
「ヴァレット」モンスターの抜け道である、対象を取る除外やバウンスから守ることもできます。
_20171204_234857
【あとがき】
「メタルヴァレット」デッキは、いかがでしたでしょうか?

今回のリンクヴレインズパックで完成させて、ようやくお披露目することができました。
(リボルバーさんをはじめ、ハノイの騎士さん達、喜んでくれるかな。)

あとは、リンクヴレインズボックスで「ヴァレルロード・ドラゴン」を手に入れて、エクストラデッキを少し調整するだけです。

では、このあたりで終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
いいね!感覚で押していただければ、非常にありがたいです。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2