遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

コラム

【コラム】Vジャンプ4月号について!!


タイミングを逃しそうなので、今回はVジャンプについての感想を書きたいと思います。
_20180220_002853
今月のVジャンプは、表紙から遊戯王!!
(これには管理人、思わずウヒョーとテンション上がる。)

そして今月の付録カードは、「竜魔導の守護者」。
_20180220_004001
召喚・特殊召喚しただけで、手札1枚を「融合」通常魔法カードか「フュージョン」通常魔法カードに変えれるので、融合デッキの新たなるサーチカード&安定性をもたらしてくれるモンスターになりそうです。

しかもEXデッキの融合モンスターを見せるだけで、カード名が記されている融合素材モンスターを裏側守備表示で特殊召喚できる効果の方もありがたい。

ちなみにこのカードでサーチできるカードは、登場時点で判明しているカードの中では、
「融合」通常魔法カードは、
次元融合(禁止カード)
置換融合、超越融合、融合
融合賢者、融合徴兵、融合破棄
の7種類。

「フュージョン」通常魔法カードは、
吸光融合、古代の機械融合、簡易融合、オーバーロード・フュージョン
オッドアイズ・フュージョン、ジェムナイト・フュージョン
影依融合、ダーク・フュージョン、魔玩具融合、パーティカル・フュージョン
平行世界融合、融合識別、融合回収、ペンデュラム・フュージョン
円融魔術、ミラクルシンクロフュージョン、ミラクル・フュージョン
錬装融合、真紅眼融合
の19種類。

「融合」通常魔法カードでは、融合とついていますが、全く関係がない「次元融合」を持ってこれるのは面白そう。
ただ、禁止カードなので実質無理ですが…。

その中でも注目すべきは「融合徴兵」をサーチできることでしょうか。
「融合」カードがあっても融合素材が揃わなければ融合召喚ができないので、状況によって使い分けできるのは良さそう。

その一方で「フュージョン」通常魔法カードは、テーマデッキのカードが多いですね。
「ジェムナイト」、「シャドール」、「HERO」などのテーマデッキが恩恵を受けれそう。

個人的には、キメラテック系や裏サイバーの融合モンスターを融合召喚できる「オーバーロード・フュージョン」をサーチできるようになったのは大きいですね。

また、実用的な「簡易融合」をサーチもできるのもポイントが高い。

とりあえず3枚確保しておきたいと思います。


■ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-
今回のストラクRの鍵は、『闇属性モンスター1体をリリース』になりそうですね。

新規カード5枚が判明しましたが、その中でも「悪魔嬢リリス」は、通常罠カードとともに出張性が高そうなモンスター。(ルックスも悪魔的でいいですね。)
今なら「無限泡影」や「拮抗勝負」あたりをセットできるカードとして使えそう。


さてメインのディアボロス様ですが、「闇黒の魔王ディアボロス」となって帰ってきました。
_20180220_003557
パワーアップされた部分としては、
まず闇属性モンスターがリリースされた場合に、手札・墓地から特殊召喚できる緩さ。

『闇属性モンスターがリリース』としか書かれていないので、カードの効果を発動するためにリリースされた場合だけでなく、闇属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚した場合でも、出てこれるので、1度その動きで出してみたいものです。

そして、相手から効果の対象になることも、リリースされることもできない効果も。

「復活の福音」も採用すれば、なかなかの耐性持ちモンスターにできそうです。
(さりげなくレベルが対応している点もGood!)

さらに、闇属性モンスター1体のリリースで、相手の手札をデッキトップかデッキボトムかを選べるハンデス効果も。

めちゃくちゃ使ってみたいモンスターに生まれ変わりました。


そして新規ウイルスカードに加えて、これまでのウイルスカードも再録されるようなので、一気に手に入りることに。

特に「魔のデッキ破壊ウイルス」は、手札誘発系にはとても効くので、活かせる構築にもしたい。


このストラクチャーデッキの登場で5期のストラクチャーデッキのR化が終了。
次は、何期のストラクチャーデッキになるのでしょうか?
その点もこれから注目です。


■スターターデッキ2018
秘蔵レアカードが続々と判明していたり、20周年記念トークンも公開。
古参プレイヤーにとっては懐かしいのカードもありますね。

さて、新規カード4枚が公開されましたが、個人的には「ウィジェット・キッド」に注目してます。
_20180220_010646
「プロンプトホーン」を入れているサイバース族デッキを使っている皆さん~。
デッキを強化できるカードが来ましたよ!

「ウィジェット・キッド」は、召喚・特殊召喚時に手札からサイバース族1体を守備表示で特殊召喚できるので、その効果で「プロンプトホーン」を特殊召喚しちゃいましょう。

また、手札から特殊召喚できるサイバース族にレベル制限がないので、いろんなタイプのサイバース族デッキでも活躍できそうです。

あとは「サイバネット・リカバー」ですかね。
リンクモンスターが戦闘・破壊されてた時の後続確保のために使えそう。

再録カードは、去年の流れを継ぎ、汎用カードとなりそうですね。
今回はエラッタされた後の「黒き森のウィッチ」を手に入れれるチャンスとなりそうです。


■デッキビルドパック-ダーク・セイヴァーズ-
パック絵柄が公開されて、気になっていた「閃刀姫」がついに判明!
_20180220_004317
1人の女の子が、自国の民を守るため、魔法カードを駆使して戦うテーマのようです。
(頑張れレイちゃん)
_20180220_004935

「閃刀姫」テーマですが、
モンスターは「閃刀姫-レイ」のみですが、自分のターンに限らず相手ターンでも、すぐに「閃刀姫」リンクモンスターへ繋ぐことができるので、そのあたりはスムーズにできそう。

魔法カードの「閃刀」は、汎用的なものもあり、出張性はありそうですが、メインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できるものが多いので、デッキを選ぶような感じに。

あえて「閃刀姫」以外のリンク召喚をせずに、1つのエクストラモンスターゾーンを使って戦うというようなデッキに入れてもいいかもしれないですが、デッキ構築の難易度としては難しそうです。
(個人的には、「幻影騎士団」にでも入れてみようかなと考えています。)


■その他
デッキビルドパックの発売日から20周年キャンペーンとして、1000円くじ(※上限1人10回まで
)が始まるようですね。
景品は、歴代主人公やライバルモンスターのフィールドセンターカードや「青眼の亜白龍」のプレイマットのどちらかが当たるようになっているとのこと。
ぜひともプレイマットを当てたいですね。
_20180220_003441
マンガの後のカリスマのコーナーが、20周年バージョンに。
ありそうでなかった、ショップのスタッフさんにインタビュー企画!

こういった企画は、遊戯王を盛り上げるためにどんどんやったほうがいいのでは?と思ったので、20周年が終わっても続けてほしいものです。

そして、最後に来月号は、「シューティング・ライザー・ドラゴン」が付録に。
_20180220_003803
レアコレに入っていた「シューティング・スター・ドラゴン」を活かせることができる効果だといいのですが…。

以上がVジャンプ4月号についての感想でした。
次は、新戦力チェックに戻りたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【コラム】ボツネタ投稿!レアコレについて思うこと。(ボツネタ)


注1※ボツネタ投稿です。
注2※くれぐれも鵜呑みにしないでください。
注3※ボツネタを楽しめる方のみ、読み進んでください。
注4※途中、ツッコミが入りますので、ツッコミ嫌いな方はご遠慮ください。


皆さん、もふ!
(いきなり意味不明)
最近、寒すぎてブログを書くことから遠のいている迷探偵ハイロンです。
(この人、何言っているんだ?)

今週は、レアコレの20thアニバーサリー版の発売が控えていますね。
収録内容は判明していますが、レアリティの配置がいまだわからず…。
(明日の今頃にはわかってるよ。)

個人的には、アルティメットレアが何になるかが気になりますが、カードリストを見ていて、ふと思ったことがあったので、徒然と書いてみようと思います。
(吉田兼好か!!)

暇つぶしにどうぞ!
(さすがに書くネタがなかったとは言えなかった。)
_20171204_234857
(改行代わりの画像挿入。)

レアコレのカードリストを見ていて、ふと思ったことですが、
●その1:「強欲で貪欲な壺」はアルティメットレアではない?!
●その2:実は配置が間違っている。
(おいおい。そんなことあるわけないだろう。)

まずその前に、ここから先の話は、今回のレアコレが「前回のレアコレと同じ」という仮定条件のもとで書きますので、その点を頭に入れて、読み進めていただければと思います。
(仮定条件って、数学かよ!)

まず、「強欲で貪欲な壺」はアルティメットレアではないについての理由ですが、
前回のレアコレのアルティメットレアが、アニメに関係するカードで埋まっていたためです。
(雑誌に載っていたから確定だよ!)

「強欲で貪欲な壺」は、アークファイブ時代のカードではありますが、実は誰もアニメでは使っていないOCGオリジナルのカードになります。
(これは本当。)

ではなぜ「強欲で貪欲な壺」がアルティメットレアだということになっているかを推測すると、カードナンバーです。
今回のレアコレは、エクストラシークレットレアが1~5番目を独占していて、次にアルティメットレアが来ると予想できる並びになっているからだと考えられます。

ちなみに前回のレアコレのアルティメットレアですが、
死者蘇生→初代
超融合→GX
スターライト・ロード→5D’S
の3種類でした。

今回のレアコレもこの法則で行くと、
初代→ラーの翼神竜-球体形
5D’S→アルティマヤ・ツィオルキン
ゼアル→No.99 希望皇龍ホープドラグーンorRUM-七皇の剣
といったあたりでしょうか?
(違うよ!)

次に、実は配置が間違っているについての理由ですが、そもそもレアコレのカードリストって、公式のデータベースの更新から始まって、いつの間にかカードリストが判明して番号もわかっていたわけですが、本当にあっているのでしょうか?
(読者に問い返し。寝言は夢の中で見ようね。)

それに、6~10のカードがアルティメットレアの枠で、アニメ関連のカードという法則なら「強欲で貪欲な壺」が10番に入るわけがありません。
(戯言。)

そうなると、8番目や9番目の「幽鬼うさぎ」や「灰流うらら」も間違っていると言わざるを得ないでしょう。
(そこは確定!)


以上を踏まえると、カードリストはこうなるのではないかと予想しています。
(2番目の理由についての根拠が薄いけど、そのカードリスト、絶対ウソよ。)
【カードリスト】
00.青眼の亜白龍(ホログラフィック)
01.竜騎士ブラック・マジシャン(エクストラシークレット)
02.キメラテック・メガフリート・ドラゴン(エクストラシークレット)
03.シューティング・スター・ドラゴン(エクストラシークレット)
04.No.62 銀河眼の光子竜皇(エクストラシークレット)
05.オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン(エクストラシークレット)
06.ラーの翼神竜-球体形(アルティメット)
07.E・HERO オネスティ・ネオス(アルティメット)
08.アルティマヤ・ツィオルキン(アルティメット)
09.No.99 希望皇龍ホープドラグーンorRUM-七皇の剣(アルティメット)

(行数稼ぎのカードリスト挿入。ゼアル枠せめてどちらかにしようよ。)

【あとがき】
どうでしたか?
迷探偵ハイロンの名推理は。
(倒置法。やっと序盤の伏線ここで回収。)

レアコレを開封して、「幽鬼うさぎ」や「灰流うらら」がウルトラやスーパーで当たっていた夢を見たのが、きっかけになって、徒然に記事にしてみました。
(そんな夢を見てない&願望だろう?と思ったが、現実になった。)

あと、最近ツイッターのイーブイに夢中。もふもふ。

(急に近況報告。どうした?&ツイッター挿入。)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


注1※ボツネタ投稿です。
注2※くれぐれも鵜呑みにしないでください。
(読者が勘違いしないように、念のために書いておく。)
※ボツネタで書いていたつもりが、一部本当になってしまいました。申し訳ございませんでした。
(終わると思ったのに、注意書き。)


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
(クリックしたら、ここの人、喜ぶと思う。)

【コラム】2018年1月度トップ5記事!!


もふ!

さて、今回のブログ記事は、1月のアクセス数をもとに、読まれた記事トップ5を振り返るコーナーです。

もうご存知かと思いますが、1月はこのブログの名前を「遊戯王ドラフト研究所!」に変えた月でもありました。

そんな1月のトップ5は、こんな感じになりました↓

■1位.1月16日投稿。
【戦力補強】「フレイムズ・オブ・デストラクション」のシングル買い編!
_20180113_153902
URL:http://yugioh-draft-research-station.blog.jp/archives/74493947.html

■2位.1月13日投稿。
【ドラフト会議】「フレイムズ・オブ・デストラクション(FLOD)」の開封報告!
_20180112_173445
URL:http://yugioh-draft-research-station.blog.jp/archives/74340909.html

■3位.1月19日投稿。
【戦力チェック】 バニラ軸サイバース族の救世主!? 「プロンプトホーン」の魅力に迫る!!
_20180118_233355
URL:http://yugioh-draft-research-station.blog.jp/archives/74506759.html

■4位.1月21日投稿。
【デッキレシピ】「プロンプトホーン」入りバニラ軸サイバース族デッキ!
_20180120_133851
URL:http://yugioh-draft-research-station.blog.jp/archives/74519729.html

■5位.1月27日投稿。
【読者参加型企画】初の試み!デッキ&ヒロイン総選挙!!
_20180115_003712
URL:http://yugioh-draft-research-station.blog.jp/archives/74645813.html


【トップ5についての後日談など】
1月は、「フレイムズ・オブ・デストラクション」関連一色に。
本当に、いいパックで2018年をスタートできました。

一番多くアクセスを集めたのは、シングル買いでした。
今回のパックは、3枚持っておいてもいいカードが多くて、買いやすかったです。

2位は、開封報告でした。
通常ブースターはいつも1箱しか買わないのですが、カードリストと効果を見て2箱に。
イヴリースが当たらなかったのは、悔やまれるところでしたが、基本は何が当たってもいいようなパックでしたので満足でした。

今となっては、「無限泡影」が1箱で1枚ずつ当たっていたのは幸運でした。

3位と4位は、個人的にノーマルカードの中で光っていた存在の「プロンプトホーン」について書いた考察とデッキレシピ記事でした。

「プロンプトホーン」の登場で、展開パターンが1つ増えたことによって、バニラのサイバース族を入れる意義が少し大きくなりました。

デッキレシピは、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」が目立つ内容になりましたが、そこまで行く過程も楽しめる内容だと思います。
あとは、コメントでいただいた「封印の黄金櫃」や「トライワイトゾーン」を入れていただければと思います。

さて5位に入ったのは、ツイッターやブログランキングの投票機能を使った企画でした。
作るデッキの方針として、1月からはできるだけかわいい子を入れるように意識して作ったこともあって、デッキの評価も兼ねたヒロイン投票という企画を考えてみました。
(総選挙は、言い過ぎだったかもしれませんが。)

ちなみに結果ですが、
■第1位 夢幻崩界イヴリース 34.55票
ツイッター47%(30.55票)+ブログ内4票

■第2位 精霊獣使い ウィンダ 30.7票
ツイッター38%(24.7票)+ブログ内6票

■第3位 水精鱗-ネレイアビス 10.75票 
ツイッター15%(9.75票)+ブログ内1票

※ツイッター票:65票に獲得した比率をかけて計算して出しています。

となりました。


投票にご協力していただいた全ての方へ。
本当にありがとうございました。

投票していただいた方の中から抽選で3名の方には、
2月14日に、投票したヒロインからチョコをもらうという夢を見れるかも(?)
それを楽しみにカードを毎晩眺めていただければと思います。

(たぶん)


以上が、2018年1月の遊戯王ドラフト研究所!の人気記事トップ5でした。
今月は、果たしてどのようなトップ5になるのでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【コラム】本日発売!Vジャンプ3月号について!!


流れ的には、「プロンプトホーン」デッキ紹介なのですが、今日はVジャンプの発売日ということで、いつものように感想等を書きたいと思います。
(なおデッキ紹介は現在、最終編集中です。)

まず、最初は付録カードから。
■E・HERO ソリッドマン
_20180119_233106
効果は「HERO」専用なので、「E・HERO」だけでなく、「D-HERO」でも活躍が見込めそうですね。

ただこのカードの登場により、「HERO」デッキに入っていた「ゴブリンドバーグ」や「ブリキンギョ」が戦力外に。
まだ種族や属性を活かせば、所属先が見つかりそうですが…。

過去に「HERO」デッキを作って入れていたことがありましたが、大変お世話になりました(泣)


■レアリティコレクション-20th ANNIVERSARY EDITION-
IMG_20180119_151133
いろいろと判明。

Vジャンプで新たに判明したカードとしては、
竜騎士ブラック・マジシャン(EXレア)
シューティング・スター・ドラゴン(EXレア)
E・HERO オネスティ・ネオス(アルティメット)
強欲で貪欲な壺(シークレット)
沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン(コレクターズ)
フレシアの蟲惑魔(コレクターズ)
左腕の代償(ウルトラ)
深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト(スーパー)
海亀壊獣ガメシエル(スーパー)
の9枚。

まず注目は、「竜騎士ブラック・マジシャン」ですね。
海外の商品に入っていた新規カードうちの1枚。
残りの2枚も入ってくるのでしょうか?

「ブラック・マジシャン」デッキのバック(魔法・罠カード)を守れるのはありがたい効果です。
(ただ、「トポロジック・トゥリスバエナ」の除外効果には相変わらず弱いですが。)

また、何気に「ブラック・マジシャン」と扱える効果も「黒の魔導陣」との連携ができるので、自分のターンで「ティマイオスの眼」や「竜の鏡」を使い、出すのもいいですね。

その他では、「左腕の代償」の判明から「命削りの宝札」とかもあるといいな。(高くていいカードですし。)

また「海亀壊獣ガメシエル」は、レアリティ上げとしてもいい収録です。


今回のレアリティコレクションは、
アルティメットレア
ウルトラ
スーパーには、シークレットレアやコレクターズレア仕様のカードもあるようなので、「強欲で貪欲な壺」や「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」、「フレシアの蟲惑魔」は、アルティメットレア・ウルトラ・スーパーのどれかの枠ということも同時に確定しました。

前回のレアリティコレクションでは、1箱買えばウルトラやスーパーがほぼ全て揃っていたようです。
今回も同じような感じで、これらのカードがウルトラやスーパーの枠で収録されていれば、1箱で最低でも1枚は手に入る計算になりますね。

「強欲で貪欲な壺」がアルティメット以外なら、個人的には、持っていなかったので嬉しいです。


■デッキビルドパック-ダーク・セイヴァーズ-
IMG_20180119_151338
パック表紙を見ている限りでは、3テーマとも新規でいくようです。
(それよりもパック表紙の右上の子のテーマが気になる。)

その中から今回は「空牙団」が判明!
見た目は獣族っぽいモンスターが多いのですが、種族はバラバラ。

下級モンスターは、手札から「空牙団」を特殊召喚できる効果と、他の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる共通の効果を持っているので、両方の効果がかみ合っています。

また、特殊召喚できる「空牙団」にはレベル制限がないので、上級モンスターの展開も可能。手札事故も起きにくいと言えそう。

_20180120_004800


■その他
最近、「オシリスの天空竜」がもらえると聞いて、デュエルリンクスに復帰してプレイしているのですが、どうやらタッグデュエルができるようになるみたいです。
こちらも楽しみです。

そして、「ザ・ヴァリュアブル・ブック20」の付録カードも判明。
魔法使い族5体を融合素材とする「クインテット・マジシャン」と魔法使い族版「竜の鏡」とも言える融合魔法の「円融魔術」2枚が付録に。
さらに20周年の特別企画も追加されているらしいです。

そして、最後に来月号は、「竜魔導の守護者」が付録に。
レアコレの「竜騎士ブラック・マジシャン」と相性がいいらしいですが、どうせなら「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」とも…(希望)
_20180119_233442
以上がVジャンプ3月号についての感想でした。
次回は、いよいよ「プロンプトホーン」を使ったデッキを紹介したいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2