遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

コラム

【コラム】Vジャンプ7月号で判明したカードについての考察・感想!


ようこそ!バトルフェイズへ!
ハイロンもそう見えてしまった内の1人です(笑)

さて今日は、Vジャンプの発売日ということで、判明したカードの考察・感想などを徒然と書きたいと思います。

まず今月の付録カードは、残念ながら「レッドアイズ」の名前を捨ててしまった「闇鋼龍 ダークネスメタル」です!

_20180521_000746

効果は、1ターンに1度、墓地or除外されているモンスターを効果を無効にして、守備表示でリンク先に蘇生というもの。

蘇生した後は、ターン終了時までリンク召喚できないですが、それ以外の召喚方法は可能なので、、融合・シンクロ・エクシーズのどれかに繋げるといいでしょう。

なお、蘇生したモンスターは、フィールドから離れた場合、持ち主のデッキの1番下に戻るので、これを利用して、除外している「D-HERO ディアボリックガイ」を戻せたらいいかもしれないですね。

「デーモンHERO」で使えるかな?
(ただ、このリンクモンスターまでどうなるかが課題ですが。)


■デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編3-
今年は、どうやら「ライバル」がキーワードのパックになりそうです。

まさかの原作ビンゴマシーンがここでOCG化されるとはですね。

最近、何かと優遇されている「サイバー・ドラゴン」!
控えめに言っても、「サイバー・ドラゴン」の新規、どれもヤバない??

「サイバー・ファロス」が墓地にある状態では、くれぐれも融合モンスターを戦闘破壊したくないですね。
復讐の「パワー・ボンド」で倍返しされそう(笑)
でも、「サイバー・エタニティ・ドラゴン」は美しい...。

_20180520_234358

デッキから「黒い旋風」を魔法・罠ゾーンに置ける「BF―毒風のシムーン」や楔カウンターor黒羽カウンターを置ける「BF―南風のアウステル」の登場で、「BF」デッキが面白くなりそう。

特に、楔カウンターを積極的に置けることになったおかげで、「BF―アーマード・ウィング」の効果を使いやすくなっただけでなく、新規の「BF―フルアーマード・ウィング」でコントロールを奪えるようになったのは、大きいですね。

_20180520_234244

「フォトン」は、「銀河眼の光子竜」の出し方に一段と磨きかかったような強化ですね。

「フォトン・バニッシャー」で、「銀河眼の光子竜」をサーチしつつ、リリース要員になったり、「輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴン」になって特殊召喚したりと言ったことができるように。

_20180520_233947

■ストラクチャーデッキ-マスター・リンクー
気になるのは、「シューティングコード・トーカー」と「トークバック・ランサー」です。

水属性の「コード・トーカー」である「シューティングコード・トーカー」の登場によって、6属性が揃いましたね。

効果は、戦闘に関するもので、リンク先のモンスター+1回相手モンスターに攻撃できて、戦闘破壊したモンスターの数だけドローというもので、なかなかの効果を持ってます。

「トークバック・ランサー」は、このカード以外のサイバース族をリリースすることで、墓地の「コード・トーカー」をリンク先に蘇生するというもの。

この効果で1番蘇生したいのは、やはり「トランスコード・トーカー」になりそう。

ただ、今回わかったリンクモンスターは、サイバース族に絡む素材指定になっているので、サイバース族デッキに内でしか使えない点が少し残念なところ...(泣)


■その他
●応募者全員サービス
_20180520_234134

どのモンスターも、カッコいいですね。
出しやすさや効果的には、「撃滅龍 ダーク・アームド」と「終焉龍 カオス・エンペラー」が扱いやすそう。

●20周年キャンペーン
純金ブルーアイズの詳細が判明しましたね。
コナミスタイルでの限定発売になるようです。
(これ全部売れたとしたら、税抜き価格ベースで、1億でっせ!ウヒョー!!)

少し取り乱しましたが、20周年キャンペーン第5弾は、「スペシャルパック アニバーサリーエディションVol.2」に!

今回は、融合関連が多く、
「デーモンの顕現」、「サンダー・ドラゴン」
「応戦するG」、「太古の白石」
「エルシャドール・ネフィリム」
「始祖竜ワイアーム」
「セイクリッド・プレアデス」、「融合」
「トレード・イン」、「狡猾な落とし穴」
の10種類となっています!

前回のスペシャルパックでは、発売される予定の通常ブースターへの布石にもなっていたので、今回収録されたカードの関連テーマは、新規を貰える可能性があるかも?
今後の情報に注目したいです。

(個人的には、リメイク枠で「サンダー・ドラゴン」の強化が来たら、ぜひ作ってみたいです。)

●来月の付録カード
_20180520_233900

最後に来月号は、「魔界の警邏課デスポリス」が付録です。

デスガイドさんとの関連がありそうですが、リンク2の闇属性以外わからず...。
詳細を待ちたいと思います。

以上が判明したカードについての考察・感想でした。
最後まで、ありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【コラム】Vジャンプ5月号についてのコメント!


さて今回のコラムは、Vジャンプについて取り上げてみたいと思います。
今月号はいつもより1日早い20日発売となっていますので、ご注意くださいね。

では、付録カードから見ていきたいと思います。
付録カード
今月は「シューティング・ライザー・ドラゴン」です。

_20180320_005720

カッコいい~☆

レベル7以下限定とは言え、エクストラデッキに「おろかな埋葬」を内蔵したモンスターがいるのは心強いですね。
(ただし、墓地へ送ったターンにはその同名モンスターの効果を使えませんので、もし墓地へ送ったモンスターの効果を使うなら次のターン以降になりますが。)

シンクロチューナーなので、「水晶機巧―ハリファイバー」の効果で出せるシンクロモンスターになります。


コレクターズパック2018
「ゴッドオーガス」、「時械神サンダイオン」、「No.90 銀河眼の光子卿」、「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」の4枚が公開。
これでウルトラ枠が全て埋まることになりました。

_20180320_005939

今回も「No.(ナンバーズ)」がいるので、ナンバーズハンターとして、パック剥きまたはシングル買いで狩る活動ができます。

この中で驚いたのは、「ゴッドオーガス」と「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」の2枚。

まず、「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」は、アニメで登場して、次の4月のパックで入るのだろうなと思っていましたが、まさかのコレクターズパックに入れてきました。(そっちかという意外性!)

それから「ゴッドオーガス」のOCG化は、驚きとともに思わず懐かしさがこみ上げてきました。
ちなみに、効果もサイコロにちなんだ効果となっています。
(3回中、3・4のどちらかを2回出した時は、とてもおいしい効果ですね。)

そういえば初代でまだOCG化していないシリーズに、ダンジョンダイスのモンスターがありましたね。
他のモンスターも御伽くん枠で収録してくるのでしょうか?

あと初代関連で、マンガの遊戯王Rで天馬月光くんが使うカード達もお願いします。(個人的希望)

~オマケ~
OCG化のお祝いして、ダンジョンダイス版の「ゴッドオーガス」を載せておきます。

攻撃力アップしかなかったのですね↓

_20180320_012300


サイバネティック・ホライゾン
まず大きな(?)ニュースとしては、レアリティに「20thシークレットレア」が新たに登場したことでしょうか。

効果欄の「20th」の部分がどう見えるのか、非常に気になるところですが、20周年にふさわしいレアリティになりそうですね。

収録カードもいろいろと判明しましたが、今回は儀式推しの内容になりそう。
Playmakerのカードやルイン&デミス、儀式サポートモンスター「魔神儀(デビリチャル)」など儀式関連が判明しました。
(それにしても、ルイン様。お美しい。)

_20180320_011349

特に今回は、儀式サポートカードの力の入れ方がすごいですね!
特に「魔神儀(デビリチャル)」と「マンジュ・ゴッド」が手札にあれば、儀式素材を用意しつつ、儀式モンスターと儀式魔法が揃って、だいたいの儀式召喚に対応できるのは、いいですね。

また、変わった儀式モンスターの疑似サーチから、儀式魔法の代わりまでこなす永続罠カードの「リターン・オブ・ザ・ワールド」もなかなかのサポートカードになりそうです。
(相手ターンに儀式召喚できるのもポイント高い。)

儀式関連以外では、「サイバー・ドラゴン」や「ドラグニティ」の強化もあって、体験会もやるとのこと。
どちらのテーマも面白そう。

体験会の開催から、これらのテーマにもまだ新規が出る可能性が残っていそう。

_20180320_011258


スターターデッキ2018
「ライドロン」、「テクスチェンジャー」、「トランスコード・トーカー」、「サイバネット・リグレッション」の4枚が判明。

_20180320_010917

「テクスチェンジャー」は、一瞬、山本先輩かと思いました(笑)

もし効果が手札誘発だったら「プロンプトホーン」デッキに入れようかなと思いましたが、残念ながら不採用になりそうです。
(すいません。山本先輩…。)

_20180320_010823

「トランスコード・トーカー」は、サイバース族デッキのEXデッキに1枚は入れておきたいところ。

リンク3以下のサイバース族を特殊召喚する効果(2番目)については、よくありがちな『リンク召喚に成功した場合』という記載がないので、一度墓地へ送られても、積極的に蘇生して相互リンクにして、1番目の効果に繋げたいですね。

「サイバネット・リグレッション」は、自分のリンクモンスターの特殊召喚時に、フィールドのカード1枚破壊&1枚ドローと悪くはない効果ですが、罠カードと言う部分が少しネック。

永続魔法や永続罠カードだったら、使い勝手は格段に違っていました。
幸い、こちらもリンク召喚時でないので、その部分を活すことができるなら、使い道がありそうです。


その他
・20周年アニバーサリーキャンペーン第2弾・第3弾
サプライを含む新品のOCG関連商品を1000円ごとに1パックもらえる「SPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDITION Vol.1」が第2弾、

「サイバネティック・ホライゾン」20パック分のバーコードを1口分として、応募できる純銀製「青眼の白龍」が第3弾として、正式発表されてます。

純銀製「青眼の白龍」の方は、当たったら家宝になりそうですね。
(純金製の方もバーコードで応募の形になるのでしょうか?)

詳しくはこちら(公式HP)です↓
http://www.yugioh-card.com/japan/20th/

・来月号の付録:「希望の魔術師」
_20180320_010759

ランク4で光属性というステータスしかわかりませんが、名前からホープと魔術師に関連しそうな気もしますが...。
こういうコラボ、ありそうでなかったので、効果にも期待してます。


ざっくりでしたが、以上がVジャンプ5月号についてのコメントでした。
最後までありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【コラム】新制限適用による手持ちデッキへの影響について!


Vジャンプの発売に先駆けて、公式が4月1日からの新制限を発表し、その中身が判明しましたね。

おさらいしておくと、
【禁止】(デッキに入れれません🙅)
フェニキシアン・クラスター・アマリリス
BF―朧影のゴウフウ

【制限】(デッキに1枚だけ!)
虹彩の魔術師
D-HERO ディスクガイ(※エラッタあり)
トーチ・ゴーレム
覇王眷竜ダークヴルム
捕食植物オフリス・スコーピオ
ローンファイア・ブロッサム
エルシャドール・ネフィリム
エルシャドール・ミドラーシュ
召喚獣メルカバー
ルドラの魔導書

【準制限】(デッキに2枚✌️)
灰流うらら
召喚師アレイスター
真竜の継承
神の宣告

【制限解除】(デッキに3枚。自由の身♪)
召喚僧サモンプリースト
同族感染ウイルス
輪廻天狗
グリモの魔導書
貪欲な壺
氾神の帝王
モンスターゲート

という中身に。

いろいろと思うところがあるかと思いますが、
管理人としての感想は、多少のサプライズ感はあるものの、何かしっくり来ています。

(シャドール使いが待ち望んでいた「エルシャドール・ネフィリム」の復帰は、素直に嬉しいですね。)

管理人の感想をもう少し書いてもいいのですが、今回は、新制限適用による手持ちデッキへの影響というタイトルなので、そちらへ入りたいと思います。

今回の新制限によって、デッキ構築を見直さなければならなくなった手持ちのデッキは、

1.覇王魔術師ブラック・マジシャン
2.アロマージ
3.捕食堕天使
4.召喚獣シャドール
5.バスター・ブレイダー
の5つでした。

■覇王魔術師ブラック・マジシャン
【規制カード→覇王眷竜ダークヴェルム】
_20180316_143656

「覇王魔術師ブラック・マジシャン」デッキは、ブログでも紹介したことがありますが、「覇王眷竜ダークヴェルム」は、主に「魔術師」をペンデュラム召喚する(厳密には、ペンデュラムゾーンの安定供給の)ために、入れていました。

「覇王眷竜ダークヴェルム」の制限化によってデッキを見直した結果、「慧眼の魔術師」や「虹彩の魔術師」、「ペンデュラムグラフ」魔法・罠カードを入れて、「魔術師」寄りに固めました。

これからは「魔術師ブラック・マジシャン」として構築を維持していきたいと思います。


■アロマージ
【規制カード→ローンファイア・ブロッサム】
_20180316_143718

またしても、植物族デッキを影で支えるモンスターが規制されました。

「アロマージ」デッキでは、「アロマージ―ベルガモット」をリクルートしてくる役割もありました。

1枚でも頑張れそうですが、これからは似たような効果を持つリンクモンスターの「アロマセラフィ―ジャスミン」を活かすような構築になりそう。

空いた枠は、今では手に入りやすくなった「ジュラゲド」で埋めてみようと思います。


■捕食堕天使
【規制カード→捕食植物オフリス・スコーピオ】
_20180316_143740

「捕食堕天使」デッキで、「捕食植物オフリス・スコーピオ」は、「捕食植物サンデウ・キンジー」をリクルートしてくるのに使っていました。

そしてその後、レベル8以上の「堕天使」とともに、「グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚するという流れ。

制限によって空いた枠は、入れていなかった「ローンファイア・ブロッサム」や「終末の騎士」→「捕食接ぎ木」で蘇生という形で穴埋めしたいと思います。


■召喚獣シャドール
【緩和カード→エルシャドール・ネフィリム】
【緩和カード→召喚師アレイスター】
【規制カード→エルシャドール・ミドラーシュ】

_20180316_143801

「エルシャドール・ネフィリム」の緩和で、光属性を活かしやすくなったのと、リンクモンスターの「シャドール・ネフィリム」の融合先が増えた部分はいいのですが、やはり「エルシャドール・ミドラーシュ」の制限が痛手。

ですが、この機会に地属性や炎属性の「シャドール」融合モンスターへシフトしてみたり、「召喚獣」に寄せるような構築や、「クインテット・マジシャン」を活かすような構築を試してみる価値はありそう。
(まだ、方向性は固まってません。)


■バスター・ブレイダー
【規制カード→BF―朧影のゴウフウ】
_20180316_143823

最近、ツイッター上で公開したデッキでしたが、制限に引っ掛かってしまいました。

「BF―朧影のゴウフウ」は、リンク素材を増やしながら、「ワンチャン!?」の発動条件を満たしつつ、召喚権を残せるモンスターだったので、重宝してました。

さすがにリンク素材の部分は補えませんが、「ワンチャン!?」の発動条件の部分は、これからは「ジェスター・コンフィ」や「デビルズ・サンクチュアリ」、「閃刀機―ホーネットビット」で、穴埋めはできそう。


【あとがき】
私の場合は、今回の新制限発表で、上記の5つのデッキを見直さなければならなくなりましたが、皆さんのお手持ちのデッキへの影響は、いかがでしたでしょうか?

植物族デッキや「捕食植物」デッキ、「魔術師」ペンデュラムデッキあたりの規制が強いですが、手持ちデッキを見直してみて、まだ考えれば何とかなりそうな感じもしました。

今回の新制限によって、9期のカードへの規制がある程度は、落ち着いたのかなと思います。
(何か忘れているかもしれないですが...。)

10期に入って1年が経とうとしているので、次からはいよいよ10期のテーマにも規制の手が及ぶこととなるのでしょうか。

では、このあたりで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【コラム】Vジャンプ4月号について!!


タイミングを逃しそうなので、今回はVジャンプについての感想を書きたいと思います。
_20180220_002853
今月のVジャンプは、表紙から遊戯王!!
(これには管理人、思わずウヒョーとテンション上がる。)

そして今月の付録カードは、「竜魔導の守護者」。
_20180220_004001
召喚・特殊召喚しただけで、手札1枚を「融合」通常魔法カードか「フュージョン」通常魔法カードに変えれるので、融合デッキの新たなるサーチカード&安定性をもたらしてくれるモンスターになりそうです。

しかもEXデッキの融合モンスターを見せるだけで、カード名が記されている融合素材モンスターを裏側守備表示で特殊召喚できる効果の方もありがたい。

ちなみにこのカードでサーチできるカードは、登場時点で判明しているカードの中では、
「融合」通常魔法カードは、
次元融合(禁止カード)
置換融合、超越融合、融合
融合賢者、融合徴兵、融合破棄
の7種類。

「フュージョン」通常魔法カードは、
吸光融合、古代の機械融合、簡易融合、オーバーロード・フュージョン
オッドアイズ・フュージョン、ジェムナイト・フュージョン
影依融合、ダーク・フュージョン、魔玩具融合、パーティカル・フュージョン
平行世界融合、融合識別、融合回収、ペンデュラム・フュージョン
円融魔術、ミラクルシンクロフュージョン、ミラクル・フュージョン
錬装融合、真紅眼融合
の19種類。

「融合」通常魔法カードでは、融合とついていますが、全く関係がない「次元融合」を持ってこれるのは面白そう。
ただ、禁止カードなので実質無理ですが…。

その中でも注目すべきは「融合徴兵」をサーチできることでしょうか。
「融合」カードがあっても融合素材が揃わなければ融合召喚ができないので、状況によって使い分けできるのは良さそう。

その一方で「フュージョン」通常魔法カードは、テーマデッキのカードが多いですね。
「ジェムナイト」、「シャドール」、「HERO」などのテーマデッキが恩恵を受けれそう。

個人的には、キメラテック系や裏サイバーの融合モンスターを融合召喚できる「オーバーロード・フュージョン」をサーチできるようになったのは大きいですね。

また、実用的な「簡易融合」をサーチもできるのもポイントが高い。

とりあえず3枚確保しておきたいと思います。


■ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-
今回のストラクRの鍵は、『闇属性モンスター1体をリリース』になりそうですね。

新規カード5枚が判明しましたが、その中でも「悪魔嬢リリス」は、通常罠カードとともに出張性が高そうなモンスター。(ルックスも悪魔的でいいですね。)
今なら「無限泡影」や「拮抗勝負」あたりをセットできるカードとして使えそう。


さてメインのディアボロス様ですが、「闇黒の魔王ディアボロス」となって帰ってきました。
_20180220_003557
パワーアップされた部分としては、
まず闇属性モンスターがリリースされた場合に、手札・墓地から特殊召喚できる緩さ。

『闇属性モンスターがリリース』としか書かれていないので、カードの効果を発動するためにリリースされた場合だけでなく、闇属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚した場合でも、出てこれるので、1度その動きで出してみたいものです。

そして、相手から効果の対象になることも、リリースされることもできない効果も。

「復活の福音」も採用すれば、なかなかの耐性持ちモンスターにできそうです。
(さりげなくレベルが対応している点もGood!)

さらに、闇属性モンスター1体のリリースで、相手の手札をデッキトップかデッキボトムかを選べるハンデス効果も。

めちゃくちゃ使ってみたいモンスターに生まれ変わりました。


そして新規ウイルスカードに加えて、これまでのウイルスカードも再録されるようなので、一気に手に入りることに。

特に「魔のデッキ破壊ウイルス」は、手札誘発系にはとても効くので、活かせる構築にもしたい。


このストラクチャーデッキの登場で5期のストラクチャーデッキのR化が終了。
次は、何期のストラクチャーデッキになるのでしょうか?
その点もこれから注目です。


■スターターデッキ2018
秘蔵レアカードが続々と判明していたり、20周年記念トークンも公開。
古参プレイヤーにとっては懐かしいのカードもありますね。

さて、新規カード4枚が公開されましたが、個人的には「ウィジェット・キッド」に注目してます。
_20180220_010646
「プロンプトホーン」を入れているサイバース族デッキを使っている皆さん~。
デッキを強化できるカードが来ましたよ!

「ウィジェット・キッド」は、召喚・特殊召喚時に手札からサイバース族1体を守備表示で特殊召喚できるので、その効果で「プロンプトホーン」を特殊召喚しちゃいましょう。

また、手札から特殊召喚できるサイバース族にレベル制限がないので、いろんなタイプのサイバース族デッキでも活躍できそうです。

あとは「サイバネット・リカバー」ですかね。
リンクモンスターが戦闘・破壊されてた時の後続確保のために使えそう。

再録カードは、去年の流れを継ぎ、汎用カードとなりそうですね。
今回はエラッタされた後の「黒き森のウィッチ」を手に入れれるチャンスとなりそうです。


■デッキビルドパック-ダーク・セイヴァーズ-
パック絵柄が公開されて、気になっていた「閃刀姫」がついに判明!
_20180220_004317
1人の女の子が、自国の民を守るため、魔法カードを駆使して戦うテーマのようです。
(頑張れレイちゃん)
_20180220_004935

「閃刀姫」テーマですが、
モンスターは「閃刀姫-レイ」のみですが、自分のターンに限らず相手ターンでも、すぐに「閃刀姫」リンクモンスターへ繋ぐことができるので、そのあたりはスムーズにできそう。

魔法カードの「閃刀」は、汎用的なものもあり、出張性はありそうですが、メインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できるものが多いので、デッキを選ぶような感じに。

あえて「閃刀姫」以外のリンク召喚をせずに、1つのエクストラモンスターゾーンを使って戦うというようなデッキに入れてもいいかもしれないですが、デッキ構築の難易度としては難しそうです。
(個人的には、「幻影騎士団」にでも入れてみようかなと考えています。)


■その他
デッキビルドパックの発売日から20周年キャンペーンとして、1000円くじ(※上限1人10回まで
)が始まるようですね。
景品は、歴代主人公やライバルモンスターのフィールドセンターカードや「青眼の亜白龍」のプレイマットのどちらかが当たるようになっているとのこと。
ぜひともプレイマットを当てたいですね。
_20180220_003441
マンガの後のカリスマのコーナーが、20周年バージョンに。
ありそうでなかった、ショップのスタッフさんにインタビュー企画!

こういった企画は、遊戯王を盛り上げるためにどんどんやったほうがいいのでは?と思ったので、20周年が終わっても続けてほしいものです。

そして、最後に来月号は、「シューティング・ライザー・ドラゴン」が付録に。
_20180220_003803
レアコレに入っていた「シューティング・スター・ドラゴン」を活かせることができる効果だといいのですが…。

以上がVジャンプ4月号についての感想でした。
次は、新戦力チェックに戻りたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2