遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

アップデート

【デッキレシピ】ストラクRでアップデート!「閃刀姫召喚獣」デッキ!!


先日書いた通り、今回は「ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-」のカードを取り入れた「閃刀姫召喚獣」デッキのアップデート版を紹介します。

新リミットレギュレーションが発表されましたが、このデッキに関しては規制がなかったので、そのままの形で紹介させてもらいます。

(「閃刀姫」にとっては、追い風になりそうな改訂と言えそうですが、新リミットレギュレーションについては、後日触れたいと思います。)

_20180312_005528

では、早速、サンプルレシピの紹介に参りたいと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター10枚〉
闇黒の魔王ディアボロス×1
古代の機械巨竜×2
悪王アフリマ×3
閃刀姫-レイ×2
召喚師アレイスター×1
惑星探査車×1

〈マジック30枚〉
閃刀空域-エリアゼロ×2
歯車街×3
暴走魔法陣×2
おろかな副葬×2
テラ・フォーミング×1
閃刀起動-エンゲージ×3
古代の機械射出機×3
召喚魔術×2
閃刀術式-アフターバーナー×2
閃刀術式-ジャミングウェーブ×2
盆回し×2
マグネット・リバース×1
閃刀機-ウィドウアンカー×2
閃刀機-ホーネットビット×3

〈トラップ0枚〉
なし

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター7枚
閃刀姫-カガリ×3
閃刀姫-シズク×2
クリフォート・ゲニウス×1
暴走召喚師アレイスター×1

■融合モンスター5枚
召喚獣コキュートス×1
召喚獣プルガトリオ×2
召喚獣メガラニカ×2
召喚獣エリュシオン×1

■エクシーズモンスター3枚
No.23 冥界の霊騎士ランスロット×1
聖刻神龍-エネアード×1
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1

_20180312_005705

【デッキについて】
「閃刀機-ホーネットビット」から「閃刀姫-カガリ」を出した後、
「歯車街」を破壊して、「古代の機械巨竜」を特殊召喚したり、
「召喚獣」を融合召喚したりして、モンスターを並べて相手のライフを削っていくデッキです。

それに加えて、今回のストラクRの発売によって、闇属性モンスターがリリースされれば「闇黒の魔王ディアボロス」を展開することが可能になったり、ランク8のエクシーズ召喚がしやすくなりました。

前回からの大きな変更点は、主に以下のようになります。
「闇黒の魔王ディアボロス」と「悪王アフリマ」の加入
「闇黒の魔王ディアボロス」の加入によって、ようやく「閃刀姫-レイ」のリリース効果の使用にも、意義が生まれてきました。

そこにリリース効果でドローできる「悪王アフリマ」が加わり、さらに「闇黒の魔王ディアボロス」を特殊召喚できるようにしました。

_20180312_011550

「古代の機械巨竜」への変更
この枠は、以前ならレベル9の「古代の機械熱核竜」でしたが、レベル8の「闇黒の魔王ディアボロス」の存在もあり、レベル8の「古代の機械巨竜」にしました。

今回のアップデートにより、
墓地に「闇黒の魔王ディアボロス」と「古代の機械射出機」がある状態で、「歯車街」と闇属性でリリースできる効果を持つモンスターが手札にあれば、レベル8を2体並べることができるので、前回に比べるとエクシーズ召喚への機会は増えました。

_20180312_011733

「盆回し」の採用
前回のレシピを投稿した時に頂いたコメントから採用しました。
(ありがとうございます!)

投稿した時は、「歯車街」を相手に送りつけてそれを破壊するという発想が全くなかったので、頭が固すぎました。(反省)

送りつけた「歯車街」は、「閃刀術式-ジャミングウェーブ」で除去して「古代の機械巨竜」を特殊召喚という流れに。

_20180312_011830

ランク9→ランク8への変更&増量
「古代の機械熱核竜」→「古代の機械巨竜」への変更に伴い、エクシーズモンスターのランクも変更。

これまでは、エクシーズ召喚はワンチャンスでしたが、並べる手段が1つ増えたので、リンクや融合モンスターの枠を少し削って、少し増量。

また融合モンスターの「召喚獣メガラニカ」がレベル8だということもあり、さらにランク8が出しやすくなっています。

ちなみにランク8ですが、汎用で固めてみました。
「No.23 冥界の霊騎士ランスロット」や「No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」は、とくに説明は不要かと思います。

「聖刻神龍-エネアード」についてですが、レベル8を2体並べた時に、「闇黒の魔王ディアボロス」の特殊召喚効果を使っていない場合、つまり(例)のようなパターンが狙い目です。
(例)
・「歯車街」と「古代の機械射出機」で2体並べた時。
・「召喚獣メガラニカ」の融合召喚+「歯車街」破壊からの「古代の機械巨竜」の特殊召喚した時。

このような時に、リリースできる「聖刻神龍-エネアード」で、自分フィールド上の闇属性をリリースして、相手のカードを除去しつつ、「闇黒の魔王ディアボロス」の特殊召喚ができる点が、他のランク8には真似できない部分になります。

なお、自分フィールド上の闇属性をリリースするなら「召喚師アレイスター」や「暴走召喚師アレイスター」あたりが適任かと。

(まあでも、「悪王アフリマ」や「閃刀姫-レイ」があればここまでしなくてもいいですが、ランク8を出せる時の1つの選択肢として、覚えておいてもいいかもしれません。)

_20180312_012323


【自己評価】
_20180302_020653

●戦闘力:5点☆☆☆☆☆
●防御力:1点☆
●展開力:5点☆☆☆☆☆
●安定性:3点☆☆☆
●除去力:4点☆☆☆☆

主な変更点は以上になります。
アップデート後の自己評価ですが、
「闇黒の魔王ディアボロス」の加入やエクシーズモンスターの見直しによって、戦闘力と除去力の評価を1つずつ上げました。

なお、防御力と安定性については、前回から魔法カードの取捨選択をしましたが、「閃刀姫」デッキの性質上、評価は据え置きました。

以上がストラクRを取り入れたアップデート後の「閃刀姫召喚獣」デッキの紹介になります。
最後まで見ていただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王デッキレシピ】アップデート:「レッドアイズ」デッキ!


今回、紹介するサンプルレシピは、
「レッドアイズ」デッキのアップデート版です。

「サーキット・ブレイク」で登場した、「ゲートウェイ・ドラゴン」と「ツイン・トライアングル・ドラゴン」を入れてみました。

ちなみに、アップデート前のサンプルレシピはこちら↓
【デッキレシピ】アップデート:新パックで「レッドアイズ」デッキを強化!(2017年6月10日投稿)
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/71212462.html

では、前回からあまり変わっていませんが、サンプルレシピの改良版がこちらです。
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1
真紅眼の黒竜×3
真紅眼の凶星竜―メテオ・ドラゴン×2
真紅眼の飛竜×3
真紅眼の遡刻竜×2
ゲートウェイ・ドラゴン×3
真紅眼の幼竜×2
黒鋼竜×3
伝説の黒石×3

〈マジック13枚〉
おろかな埋葬×1
レッドアイズ・インサイト×3
真紅眼融合×3
ヘルモスの爪×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×2
ハーピィの羽根帚×1

〈トラップ5枚〉
レッドアイズ・スピリッツ×2
鎖付き真紅眼牙×1
リビングデッドの呼び声×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■融合モンスター5枚
真紅眼の黒竜剣×2
流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン×3

■エクシーズモンスター6枚
鳥銃士カステル×1
竜魔人クィーンドラグーン×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
No.28 タイタニック・モス×1
No.11 ビッグ・アイ×1
真紅眼の鋼炎竜×1

■リンクモンスター2枚
リンク・スパイダー×1
ツイン・トライアングル・ドラゴン×2
デコード・トーカー×1

【変更点】
■ゲートウェイ・ドラゴン
_20170713_231556
相手フィールドにリンクモンスターがいれば、手札から特殊召喚できる効果と
1ターンに1度、手札からレベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスターを1体特殊召喚できる効果を持っています。

このモンスターの『レベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスター』という部分に着目して、「レッドアイズ」デッキに入れることにしました。

「レッドアイズ」には、「真紅眼の遡刻竜」や「真紅眼の幼竜」
「黒鋼竜」、「伝説の黒石」と言ったモンスターがいるので、特殊召喚するモンスターには困らないです。
これらの中でも、特に「黒鋼竜」を特殊召喚したいですね。
_20170713_232012
「ゲートウェイ・ドラゴン」とともにリンク素材にすれば、「レッドアイズ」カードを1枚サーチできます。
これにより、「黒鋼竜」の効果を能動的に使えるようになります。


■ツイン・トライアングル・ドラゴン
_20170713_231746
トークン以外のレベル4以下のドラゴン族×2体で出せるLINK2のリンクモンスターです。
「ゲートウェイ・ドラゴン」の効果を使うと、簡単に出せます。

「ツイン・トライアングル・ドラゴン」は、リンク召喚時に500ライフ払うと、自分の墓地のレベル5以上のモンスターをリンク先に特殊召喚できます。
(ただし、効果無効で、特殊召喚したターンは攻撃できない。)

この蘇生効果で、墓地の「流星竜 メテオ・ブラック・ドラゴン」や「真紅眼の黒竜」を蘇生するといいでしょう。
「流星竜 メテオ・ブラック・ドラゴン」は、効果が無効になっていても、高攻撃力ですし、墓地に送られれば通常モンスターを蘇生することができるので、後続につなげることができます。

「真紅眼の黒竜」の場合は、さらにその後、レベル7を出してランク7にするという形もあります。

また、蘇生したモンスターを「ヘルモスの爪」の素材にして、「真紅眼の黒竜剣」を特殊召喚してしまうのもいいでしょう。

■リビングデッドの呼び声
この枠は、まだあやふやです...笑

蘇生カードは、「レッドアイズ」系のカードでも十分な気がしますが、
「リビングデッドの呼び声」では、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」を蘇生して、
エクストラデッキから特殊召喚できるゾーンを解放という感じで、採用しました。


【あとがき】
「ゲートウェイ・ドラゴン」は、リボルバーさんが使うカードだったのですね。
「ヴァレット」を使うのかなと思っていました...笑

「ヴァレット」は、マスタールールの方で使う感じですかね?

少し話がそれてしまいましたが、「ゲートウェイ・ドラゴン」を「レッドアイズ」デッキに入れてみました。
意外とリンクへ繋ぐカードがなかったので、気に入っています。
リボルバーさん、ありがとうございます!
以上で、「レッドアイズ」デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

クリックにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ

【遊戯王デッキレシピ】アップデート:「ブラック・マジシャン」デッキ!


今回、紹介するサンプルレシピは、
「ブラック・マジシャン」デッキのアップデート版です。
_20170703_143326
ちなみに、アップデート前のサンプルレシピはこちら↓
【デッキレシピ】黒魔術師の再演!「ブラック・マジシャン」デッキ!!(2017年2月5日投稿)
http://hylon-research-station.blog.jp/archives/69127865.html

では、前回からのサンプルレシピの改良版が、こちらです。
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
ブラック・マジシャン×3
アストログラフ・マジシャン×2
幻想の見習い魔導師×3
クロノグラフ・マジシャン×2
妖精伝姫―カグヤ×3
妖精伝姫―シンデレラ×1
マジシャンズ・ロッド×3
マジシャンズ・ローブ×1
見習い魔笛使い×3
調律の魔術師×1

〈マジック13枚〉
死者蘇生×1
ブラック・ホール×2
魔術師の再演×2
魔術師の右手×1
黒の魔導陣×3
ワンダー・ワンド×2
イリュージョン・マジック×2

〈トラップ5枚〉
マジシャンズ・ナビゲート×3
永遠の魂×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター7枚
アーカナイト・マジシャン×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
月華竜 ブラック・ローズ×1
スターダスト・ドラゴン×1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト×1
魔王龍 ベエルゼ×1
覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン×1

■融合モンスター1枚
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン×1

■エクシーズモンスター7枚
マジマジ☆マジシャンギャル×1
風紀宮司ノリト×1
幻想の黒魔導師×1
No.89 電脳獣ディアブロシス×1
真紅眼の鋼炎竜×1
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン×2

【変更点】
■アストログラフ・マジシャン
_20170703_143223
「ブラック・ホール」の採用&緩和で発動できる機会が増えたのと、ランク7を作る目的があって投入。

「クロノグラフ・マジシャン」と同様に、モンスター破壊への保険として手札で備えるのが基本です。

■妖精伝姫―カグヤ
_20170703_143125
サーチ効果もありますが、手札バウンス効果を使った後に、「クロノグラフ・マジシャン」や「見習い魔笛使い」の効果で特殊召喚するという戦術がとれることに気づいて採用。

手札バウンス効果を使えなかったとしても、カグヤが戦闘・効果破壊されれば、そこは「アストログラフ・マジシャン」や「クロノグラフ・マジシャン」の発動トリガーになるので、いろいろとできそうです。

■妖精伝姫―シンデレラ
3体目の「妖精伝姫―カグヤ」でサーチする用。
また、「ワンダー・ワンド」を採用していることもあって、1枚採用しました。

■見習い魔笛使い
「妖精伝姫―カグヤ」の効果や「アストログラフ・マジシャン」のサーチ効果、「魔術師の再演」の対象モンスターということで、前回から1枚増やし、3枚体制に。

■ブラック・ホール
準制限への緩和もありますが、相手モンスターを除去しつつ、自分のモンスターが破壊された時に手札から特殊召喚できるペンデュラムモンスターを能動的に発動できるため採用。
また、「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」を墓地へ送ったり、エクストラモンスターゾーンを空けるために使うこともできます。

■オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン
_20170703_143023
ランク7の強化のため採用。

「ブラック・マジシャン」デッキで、「永遠の魂」を採用している場合、それを割られて自分のフィールドのモンスターを全て破壊されるというリスクがあるので、その対応策が必要となってきます。

その対応策として、このサンプルレシピでは、「アストログラフ・マジシャン」や「クロノグラフ・マジシャン」を入れてますが、破壊されないモンスターや破壊された(墓地へ送られた)場合に、効果を発動するモンスターの採用も考えられます。

今回のデッキレシピのアップデートでは、破壊された(墓地へ送られた)場合に、効果を発動するモンスターとして、「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」を追加。
さらに、アブソリュートから出せる「覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン」と「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」も一緒に採用しました。

攻撃を無効にする効果もあって、
これにより、防御面を強化する形に。

■No.89 電脳獣ディアブロシス
_20170703_142919
ランク7の強化その2。
相手のエクストラデッキに干渉できて、裏側で除外できる効果が3つある今年のコレクターズパックで登場したナンバーズです。

使ってみたかったのと「ブラック・マジシャン」デッキの戦術を増やすために投入してみました。

■レッドデーモンズ・ドラゴン・スカーライト
レベル8シンクロモンスターの強化。
新マスタールールの適用でいろんなデッキを崩したことで、フリーになっていましたので獲得。

リンクモンスターを採用していないこともあり、「魔王龍 ベエルゼ」が優先されることが多いかもしれませんが、トークンの処理等、複数のモンスターを展開された時の活躍に期待してます。


【あとがき】
シングルで買った「ルドラの魔導書」を入れようと思ったのがきっかけで、再構築を始めましたが、

ルドラは入らず、そのまま「ワンダー・ワンド」を使い続ける結果になってしまいました…笑

まあ必要な枠で考えたら、「ワンダー・ワンド」の方がスリム化できてしまいますから、当然と言えば当然かな。


一応、「アストログラフ・マジシャン」の採用でペンデュラム召喚もできるようになりましたが、手札に持っておく方がいろいろとできるので、無理に狙う必要はないでしょう。

以上で、「ブラック・マジシャン」デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

クリックにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2