遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

戦力チェック(新戦力、カード考察)

【新戦力チェック】ドラフトレポート:ダーク・セイヴァーズ~ヴァンパイア編~


「デッキビルドパック-ダーク・セイヴァーズ」に登場するテーマの評価もついに最後のテーマとなりました。

今回は、新規の「ヴァンパイア」について評価してみたいと思います。

【評価】
デッキビルドパックで登場した新規の「ヴァンパイア」について戦闘力・防御力・展開力・安定性・除去力の5つの項目について、5段階評価で見ていきたいと思います。

●戦闘力:2点☆☆
攻撃力で言えば、下級生モンスターについてはあまりない。

上級のレベル5・レベル6になると攻撃力は2000以上になるが、帝ラインの2400に達するモンスターはいないため、評価は少し低め。

戦闘補助モンスターとして、相手モンスターと戦闘を行うアンデット族モンスターの攻撃力・守備力をライフを払った分だけ(最大3000)、アップさせる「ヴァンパイア・フロイライン」がいるが、元々のステータスが低いため、攻撃力に関しては少し苦労する部分もありそう。


●防御力:3点☆☆☆
守備力で言うと、こちらも低い方。
「ヴァンパイア・フロイライン」と「ヴァンパイア・スカージレット」が唯一守備力2000以上あるモンスターに該当。
(言い換えれば、ほとんどの「ヴァンパイア」が「黒き森のウィッチ」や「ゴブリンゾンビ」でサーチできる範囲にあるとも言えます。)

ただ守備力は低いですが、
モンスターの攻撃宣言に合わせて手札から特殊召喚できる「ヴァンパイア・フロイライン」、
デッキから「ヴァンパイア」を特殊召喚できる罠カードの「ヴァンパイア・アウェイク」、
カウンター罠カードの「ヴァンパイアの支配」があるので、意外と防御向きのカードがあったりします。


●展開力:5点☆☆☆☆☆
「ヴァンパイア」の特徴でもある展開力は、墓地からの蘇生が得意分野。

手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「ヴァンパイア」カード1枚をエサに、墓地から特殊召喚できる「ヴァンパイアの使い魔」や「ヴァンパイアの眷属」をはじめ、召喚・特殊召喚時に、「ヴァンパイア」を蘇生できる「ヴァンパイア・スカージレット」がいます。

また、新規の上級モンスターのほとんどが持っている「戦闘で破壊したモンスターを可能な限り自分フィールドに特殊召喚する」という効果も持っているので、展開力は最高評価に。


●安定性:3点☆☆☆
「ヴァンパイア」下級モンスターがすくなく、逆に上級モンスターが多いという感じですが、「ヴァンパイアの領域」で「ヴァンパイア」の通常召喚権を増やしたり、デッキから特殊召喚できる「ヴァンパイア・アウェイク」があったりするので、そこまでは心配しなくていいのかなという印象。

また、「ヴァンパイアの使い魔」や「ヴァンパイアの眷属」で必要な「ヴァンパイア」モンスターor魔法・罠カードをサーチできるので、安定感を与えてくれそう。
ただこれらのモンスターをはじめ、墓地肥やしが必要な場面もあるため、総合するとスタンダード評価にしました。


●除去力:1点☆
「ヴァンパイア」の除去力としては、効果を無効にして破壊するカウンター罠カードの「ヴァンパイアの支配」ぐらい。

あとは、戦闘破壊したモンスターのコントロールを実質的に得ることができるが、単純な除去という感じではないので、やはりこちらも無いと言えそう。


●まとめ
戦闘力:2点☆☆
防御力:3点☆☆☆
展開力:5点☆☆☆☆☆
安定性:3点☆☆☆
除去力:1点☆

今回の新規で「ヴァンパイア」は、墓地からの展開力に磨きをかけ、「ヴァンパイア・フロイライン」や「ヴァンパイアの支配」といったカードで防御力をアップしたり、サーチカードやライフ回復手段を新たに手に入れて強化されたテーマと言っていいでしょう。

なお、戦闘力や除去力は乏しいと言えるので、そのあたりを他のテーマや汎用性カードから取り入れると補強できそうな感じです。

以上が「ヴァンパイア」の評価とともに、最後の「デッキビルドパック-ダーク・セイヴァーズ-」のドラフトレポートになります。

このシリーズは3回にわたっての投稿になりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【新戦力チェック】ドラフトレポート:ダーク・セイヴァーズ~閃刀姫編~


「デッキビルドパック-ダーク・セイヴァーズ」発売直前特集として、前回は「空牙団」について評価してみましたが、今回は「閃刀姫」の番になります。
_20180220_004935
「空牙団」と比べると、「閃刀姫」はモンスター1体とリンクモンスター2体、魔法カードだけなので、少し無理やり感や難しさはありますが、評価してみたいと思います。

【評価】
「閃刀姫」単体について5段階で、戦闘力・守備力・展開力・安定性・除去力の5つの項目に分けて評価。

●戦闘力:2点☆☆
「閃刀姫-レイ」をはじめ、「閃刀姫」のリンクモンスターは攻撃力1500ですが、
「閃刀姫ーカガリ」が自身の攻撃力を自分の墓地の魔法カードの数×100アップ、
「閃刀姫-シズク」が相手の攻撃力を自分の墓地の魔法カードの数×100ダウン、
という効果を持っているため、それなりに攻撃力を得ることができると思うので、もう少し点数をつけたいところ。

ですが、墓地が肥えていない序盤やデッキ構築でどれだけ魔法カードを採用するかで変わるため、この点数あたりになるかと。


●防御力:1点☆
速攻魔法の「閃刀」カードはありますが、あまり防御向きのカードがないのが、どうしても評価を下げる結果に。

また、「閃刀」魔法カードを使うには、モンスターゾーンをあけておく必要があるため、手薄に。
EXモンスターゾーンのモンスターが生命線になり、そこを突破されるとかなり厳しくなりそう。


●展開力:3点☆☆☆
リンクモンスターへの展開という意味では、
自分のターンだけでなく、相手ターンでも「閃刀姫ーレイ」の効果から「閃刀姫」リンクモンスターへなれる点は、「閃刀姫」の評価ポイント。

ただ、リンクマーカーは、右上か左上のため、そこで「閃刀姫」以外のリンク召喚は終わってしまう。


●安定性:1点☆
「閃刀姫」モンスターは今のところ1体のみ、かつ「閃刀」魔法カードが多数を占めているテーマなので、安定性が落ちるのは、仕方がないところ。

一応「閃刀」カードをサーチできる「閃刀起動-エンゲージ」がありますが、
採用する魔法カードの枚数を考えなければならないためやはり「閃刀」単体では安定性はないかと。

また、「閃刀」魔法カードの発動条件もあるため、不安定さに繋がる原因の1つ。


●除去力:4点☆☆☆☆
「閃刀術式-アフターバーナー」や「閃刀術式-ジャミングウェーブ」があることに加えて、墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合に得られる効果にも、除去効果やコントロールを奪えたりするカードがあるので、除去能力は比較的にありそうなテーマだと言える。


●まとめ
戦闘力:2点☆☆
防御力:1点☆
展開力:3点☆☆☆
安定性:1点☆
除去力:4点☆☆☆☆

という結果に。

やはり、モンスターの種類の乏しさや魔法カードが多いため、「閃刀姫」単体では安定しませんので、出張パーツとして使うのが良さそう。

その際は、「閃刀姫」モンスター・リンクモンスターは即採用となると思いますが、「閃刀」魔法カードの方をどうするかが焦点になると思います。
一応「閃刀」魔法カードを入れるメリットとしては、除去能力を得ることができる点と言えるでしょう。

「閃刀姫」は、リンクモンスターへの展開力や除去能力を活かしたり、弱さを補うような仲間(モンスター)や魔法・罠カードを集めたりして、デッキを作る奥が深いテーマと言えそうです。
(迷宮入りするかもしれませんが。)

以上が「閃刀姫」単体についての評価になります。
最後は「ヴァンパイア」の出番ですが、もしかしたら、発売日後になるかもしれませんが、そちらもお楽しみに。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【新戦力チェック】ドラフトレポート:ダーク・セイヴァーズ~空牙団編~


今回は、「デッキビルドパック-ダーク・セイヴァーズ」発売直前特集として、ダーク・セイヴァーズ内のテーマについて評価してみたいと思います。

まずは「空牙団」のテーマからはじめたいと思います!
_20180120_004800
【評価】
攻撃力・守備力・展開力・安定性・除去力の5つの項目に分けて評価しています。

他のカードとの組み合わせやデッキ構築次第では、評価も変わってくると思いますが、今回は「空牙団」のカード効果やステータスから5段階で評価しました。

●攻撃力:2点☆☆
アタッカーになれるようなモンスターは、
攻撃力2800の「空牙団の英雄 ラファール」
攻撃力2500の「空牙団の豪傑 ダイナ」
攻撃力1900の「空牙団の闘士 ブラーヴォ」あたりしか見当たらないのが、厳しいかと。

なお「空牙団の闘士 ブラーヴォ」は、「空牙団」の共通効果で、全ての「空牙団」の攻撃力・守備力を500上げるので底上げができますが、元々のステータが心許ないモンスターも多いので、この点数かと。


●防御力:5点☆☆☆☆☆
守備力2000のある「空牙団の舵手 ヘルマー」や「空牙団」上級モンスターの守備力が高いのと、カウンター力がある点を考慮しての評価。

カウンター力としては、
「空牙団の英雄 ラファール」のモンスターの効果の発動を無効。
「空牙団の叡智 ウィズ」の魔法・罠カードの効果の発動を無効。
があるため一筋縄ではいかない感じかと。

また、速攻魔法の蘇生カードである「烈風の空牙団」や罠カードの「空牙団の修練」の存在から後続を絶やさないという部分も加味してます。


●展開力:5点☆☆☆☆☆
「空牙団」の特徴と言えば、手札からの展開能力。
ここは、強みと言えそうです。

「空牙団」下級モンスターの共通効果である『手札から(同名カード)以外の「空牙団」モンスター1体を特殊召喚する。』という効果があるため、レベルに関係なく手札からの展開できるのは高評価。

手札が下級モンスターで、カード名がバラバラなら展開し続けることもできそう。

手札からの展開後は、レベルや属性がばらけているため、リンク召喚への流れも考えると展開力も高評価になりそう。


●安定性:4点☆☆☆☆
「空牙団」下級モンスターの共通効果があるため、上級モンスターが来ても手札事故を起こしにくい点は安定性を高める要因。

ただその一方で、他にカード名が異なる「空牙団」が手札にいないと特殊召喚できないということもあるので、4点に。

一応、「空牙団の剣士 ビート」のサーチ効果や、手札を入れ替えることができる「空牙団の舵手 ヘルマー」、サーチャーとしての役割を果たす「空牙団の修練」、フィールド魔法の「飛竜艇-ファンドラ」もあるため、平均以上の安定性はあることは間違いないかと。


●除去力:3点☆☆☆
「空牙団の撃手 ドンパ」は表側カード専用、
「空牙団の飛哨 リコン」はセットカード専用、
「飛竜艇-ファンドラ」は、自分フィールドに「空牙団」モンスター5種類と発動条件は少し難しいのですが、相手フィールドのカードを全て破壊という除去効果を有しているので、普通のテーマよりはある方。

しかし、「飛竜艇-ファンドラ」で相手カードを全て破壊すると相手が受ける全てのダメージが0になってしまう点は、デメリットなので、それを考慮すると普通ぐらいの評価になるのかなと。


●まとめ
攻撃力:2点☆☆
防御力:5点☆☆☆☆☆
展開力:5点☆☆☆☆☆
安定性:4点☆☆☆☆
除去力:3点☆☆☆

という評価から、「空牙団」の強みは、手札からの展開力とカウンター力を含めた防御力に優れたテーマだと言えそうです。

その一方で、攻撃力という面に弱さがあるので、その点を補えるモンスターや装備魔法を取り入れたり、除去カードをさらに入れてみたりするとバランスが取れそうです。

以上が「空牙団」単体についての評価になります。
次は、「閃刀姫」について評価したいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2