遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

ハイロン研究所時代

【感想付きカードリスト】「ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-」編!

※この記事は遊戯王ドラフト研究所!時代の記事になります。

ついに「ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-」が判明したので、その感想等を書いておこうと思います。

【収録カードの感想】
_20180220_003557
前作と比べると、デメリットモンスターが目立たなくなり、バーン要素がだいぶ減りましたが、その分、手札破壊の強化や「闇属性リリース」というキーワードが強く意識されている構成になっているなと言った印象を受けました。

再録カードでは、「怨邪帝ガイウス」や「真魔獣 ガーゼット」、「虚無魔人」、「ファントム・オブ・カオス」、「サクリボー」、「おろかな副葬」そしてウイルスカード一式あたりは嬉しいところですね。
特に「魔のデッキ破壊ウイルス」は、発動できれば低攻撃力が多い手札誘発系に刺さるので、利用したいところ。

魔法カードを発動すると1000のダメージを受けてしまう「暗黒の呪縛」は懐かしいカードの1枚です。
(さりげなく「閃刀」魔法カードへの嫌がらせになりそうですが。)
また、前作のストラク時の新規だったカードは、「サクリファイス・ソード」以外は全て再録されました。


今回の新規カードですが、出張性があってなかなか良いなと感じてます!
■悪魔嬢リリス
まずは「悪魔嬢リリス」ですが、通常罠カードが主体の「バージェストマ」デッキをはじめ、通常罠カードを採用しているデッキなら、通常罠カードのサーチ要員(実際はセットですが)として出張させることもできそう。

やはり「無限泡影」を持ってこれるのは便利なので、「導師ビート」に入れようかなと考えています。

「アーティファクトの神智」を擁する「アーティファクト」デッキとかにもいいかも。


■闇黒の魔王ディアボロス
それから今回の看板モンスターの「闇黒の魔王ディアボロス」は、闇属性モンスターがリリースされれば、手札・墓地から特殊召喚できる手軽さとハンデス効果が魅力的。

アドバンス召喚や儀式召喚のためのリリースだけでなく、カードを発動するためのコストととしてリリースした場合などのリリースに対応しているので、闇属性デッキにリリースするギミックを入れて構築もいいかもしれません。

まずは、「閃刀姫」デッキに1枚入れて試してみるところから始めたいと思います。


■悪王アフリマ+闇黒世界-シャドウ・ディストピア-
「悪王アフリマ」は、「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」とセットで使いたいカード。
手札から捨てると「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」をサーチ。
場では闇属性をリリースで1枚ドロー、その時に自身以外をリリースした時には、ドローの代わりに守備力2000以下の闇属性モンスターをサーチできます。

「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」のフィールド魔法が発動されている時に、相手モンスターをリリースして、使いたいものです。
また闇属性モンスターになることを利用して、「超融合」で「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」の融合召喚を狙うのもいいかもしれませんね。

これらのカードは、「闇黒の魔王ディアボロス」とともに、リリース効果を持つ「ヴェルズ・カイトス」と「ヴェルズ・オランタ」を擁している「ヴェルズ」デッキにでも入れて作ってみようかなと思っています。


では、最後にカードリストを紹介して終わりたいと思います。
【レアリティ別】
【ウルトラ】
悪魔嬢リリス
闇黒の魔王ディアボロス

【スーパー】
悪王アフリマ
闇黒世界-シャドウ・ディストピア-
悪のデッキ破壊ウイルス

【パラレル】
影王デュークシェード
怨邪帝ガイウス
ヘルウェイ・パトロール
ファントム・オブ・カオス
闇の誘惑
闇のデッキ破壊ウイルス


【カードリスト】
00.悪魔嬢リリス(ウルトラ)
01.闇黒の魔王ディアボロス(ウルトラ)
02.悪王アフリマ(スーパー)
03.影王デュークシェード(パラレル)
04.魔王ディアボロス
05.死王リッチーロード
06.闇王プロメティス
07.戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン
08.怨邪帝ガイウス(パラレル)
09.真魔獣ガーゼット
10.虚無魔人
11.ミストデーモン
12.ヘル・ドラゴン
13.デーモンの騎兵
14.ヘルウェイ・パトロール(パラレル)
15.ファントム・オブ・カオス(パラレル)
16.疫病狼
17.魔サイの戦士
18.クリバンデット
19.魔界発現世行きデスガイド
20.絶対王 バック・ジャック
21.サクリボー
22.闇黒世界-シャドウ・ディストピア-(スーパー)
23.悪夢再び
24.闇の誘惑(パラレル)
25.手札抹殺
26.おろかな副葬
27.ブーギートラップ
28.終焉の焔
29.禁止令
30.悪のデッキ破壊ウイルス(スーパー)
31.死のデッキ破壊ウイルス
32.魔のデッキ破壊ウイルス
33.闇のデッキ破壊ウイルス(パラレル)
34.影のデッキ破壊ウイルス
35.闇の閃光
36.闇よりの罠
37.マインドクラッシュ
38.仁王立ち
39.暗黒の呪縛
40.悪魔の憑代


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【戦力チェック】 バニラ軸サイバース族の救世主!? 「プロンプトホーン」の魅力に迫る!!

※この記事は遊戯王ドラフト研究所!時代の記事になります。

新弾のパック等から注目したカードを戦力チェックと題して、見ていきたいと思います。

今回題材となるモンスターは、「プロンプトホーン」です!
入るデッキは限られますが、バニラ軸サイバース族デッキならかなり活かせるのではないかと考え、戦力チェックとして取り上げてみたいと思います。

ではまずは「プロンプトホーン」が持つ効果から見ていきましょう。
■プロンプトホーン
_20180118_233355
星1/闇/サイバース族/200/400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
自分フィールドのレベル4以下のサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
レベルの合計がリリースしたモンスターのレベルと同じになるように、自分のデッキ・墓地からサイバース族の通常モンスターを任意の数だけ選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。


効果は、バニラ軸寄りのサイバース族デッキなら使える効果ですね。

注意点としては、「プロンプトホーン」で特殊召喚できるのは、デッキや墓地からなので、手札に来てしまったバニラのサイバース族は対象外。
なので、あらかじめ墓地へ送っておきたいところです。


ちなみに、このカードによって特殊召喚できるサイバース族通常モンスターは、現在のところ、
プロトロン(地1/100/100)
ビットロン(地2/200/2000)
デジトロン(地2/1500/0)
の3体。

一応、「プロンプトホーン」自身もリリースすることができるので、デッキ圧縮で「プロトロン」1体を特殊召喚するという使い方もできます。

ですが、この効果を最大限に使うなら、
特殊召喚効果を持つ「バックアップ・セクレター」や「リンク・インフライヤー」、
ライフと引き換えにサイバース族の召喚権を追加できる「バランサーロード」などが相性のいいカードとなりそうです。

_20180120_133506

例えば、「バックアップ・セクレター」(レベル3)をリリースするパターンだと、
・「プロトロン」×3体
・「プロトロン」×1+「ビットロン」×1、
・「プロトロン」×1+「デジトロン」×1、
のどれかになります。

「プロトロン」の場合は、「プロンプトホーン」を含めて場にモンスターが4体、
それ以外のパターンなら3体並ぶことになるので、LINK3やLINK4のリンクモンスターが出せます。
(また、あいだにLINK1やLINK2を挟むことも可能です。)

また「バランサーロード」(レベル4)をリリースするパターンなら、
・「プロトロン」×2+「ビットロン」×1
・「プロトロン」×2+「デジトロン」×1
・「ビットロン」×1+「デジトロン」×1
・「ビットロン」×2
・「デジトロン」×2
のどれかとなります。

「プロンプト」2枚なら一気にモンスターが4体、
それ以外なら3体という感じで、こちらも手札2枚からLINK3やLINK4のリンクモンスターへの展開が可能となっています。

こちらは、ライフコストが必要になってくるパターンですが、手札2枚から4体並ぶのは熱いですね!
(「スケープ・ゴート」には敵いませんが。)

_20180118_235940

モンスターを増やすという意味では、なかなかいい仕事をする「プロンプトホーン」ですが、問題は特殊召喚するバニラモンスターの採用枚数になってくると思います。

個人的に「プロトロン」の3枚積みはデッキ構築を圧迫したり、事故率を上げそうなので、
「バックアップ・セクレター」と「バランサーロード」の例から考えると、「プロトロン」2枚、「デジトロン」か「ビットロン」のどちらかを1枚でいいかなと思います。

_20180119_000211

最後に、「プロンプトホーン」のサーチ手段ですが、こちらはステータスやサイバース族ということで、比較的に恵まれいます。

まずレベル1のため「ワン・フォー・ワン」に対応。
また、レベル3以下のサイバース族ということで、「レディ・デバッカ―」からもサーチできます。

それから攻撃力200しかないので、「サイバネット・バックドア」でもサーチしやすいステータスとなっています。



今回は、「プロンプトホーン」を取り上げてみました。バニラ軸のサイバース族デッキでは、展開力を活かし、LINK3~4が出しやすいと言えそうです。

では、このあたりで戦力チェックを終わりたいと思います。

なお、この「プロンプトホーン」を使ったデッキを後日、紹介する予定にしていますので、そちらもお楽しみに!

最後まで見ていただきありがとうございました。

【遊戯王雑記】お題テーマ:2017年を振り返る

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

2017年も残すところわずかとなりました。
みなさん、こんにちは。
最近、デッキ開発やデッキの見直しに力を入れているハイロンです。
(楽しみながら作っています。)

さて、本題へ。
今回の雑記テーマは、2017年に発売した商品などから簡単に振り返って今年を締めくくりたいと思います。

2017年を四半期ごとにわけて、見ていきましょう。
【第1四半期編(1月~3月)】
_20171229_221405
・リミットレギュレーション(1月1日適用版)
・マキシマム・クライシス(1月14日発売)
・20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE(2月11日発売)
・ストラクR-恐獣の鼓動-(2月25日発売)
・スターターデッキ2017(3月25日発売)

■1月
リミットレギュレーションの改訂からスタート。
この改訂により「レスキューキャット」や「ゴヨウ・ガーディアン」、「氷結界の龍 ブリューナク」、「王宮の勅命」などのカードがエラッタされて制限復帰。

「マジェスペクター・ユニコーン」の禁止や「SRベイゴマックス」の制限は今年のことだったのですね。すごく昔の話かなと思っていました。
なお、「十二獣」には、発売の関係から規制かからず。
(まだ、いたんだ!)

■2月
「20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE」とストラクR「恐獣の鼓動」の発売がありましたが、今年1番のビックニュースの「遊戯王の変」とも言うべきルール変更の情報が流れて、非常に混乱した月でした。
このルール変更がきっかけになり引退する方や一度、離れた方も多かったようです。

この時はシンクロ(特にアクセルシンクロ系)やペンデュラムデッキがルールの被害者と言われてましたが、後にこれらのデッキを救済するようなリンクモンスターの登場で、今では立場が変わりつつあります。

■3月
ルール変更の流れから3月はリンクモンスターが初収録となる「スターターデッキ2017」の発売と同時に新マスタールールが適用されて第10期が始まりました。

スターターデッキとしては、過去最高の汎用性のカードばかりが詰まっていた内容でしたし、フォーマットの変更や光る部分の追加は、いいなと思いました。
ですが、新ルールの方はスターターデッキを手に入れてもあやふやな部分が残っていたことを今でも覚えています。


【第2四半期編(4月~6月)】
_20171229_220252
・リミットレギュレーション(4月1日適用版)
・コード・オブ・ザ・デュエリスト(4月15日発売)
・コレクターズパック2017(5月13日発売)
・デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編-(6月3日発売)
・ストラク-サイバース・リンクー(6月17日発売)

■4月
4月のリミットレギュレーションは、「十二獣」の規制が目立つ内容に。
ドランシアと会局が禁止、モルモラットが制限になりました。
でも、これだけじゃ足りなかった(笑)

あとは、リンク召喚と相性の良い「BF-朧影のゴウフウ」を先手で制限になったのもこの時でしたが、その一方で「ダンディライオン」や「スケープ・ゴート」は、この時は手を出さず。

それから10期最初のブースター「コード・オブ・ザ・デュエリスト」の発売で、「星杯」や「剛鬼」、「トリックスター」、「トワイライトロード」などが新たに登場。
「星杯」で本格的にリンク召喚を覚えた人も多いのではと思います。
(私もその一人でした。)
リンクモンスターの導入編としては良かったのですが、そろそろ強化が欲しいところですね。

■5月
「コレクターズパック2017」が発売されましたが、内容的には新ルールに向かないようなカードが多かったですね。
ただ、ホワイトオーラシリーズは、別格でしたが。

■6月
「デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編-」とストラクの「サイバース・リンク」が発売。

デュエリストパックは、6人の歴代デュエリストのデッキを強化したり、カードをリメイクしたりといった感じのパックになりました。
個人的には、3度目の「レッドアイズ」強化と「サイバー・ダーク」の新規はありがたかったです。
なお、スマホゲームのデュエルリンクスとの連携も狙ってか、再録カードにもその影が…。


【第3四半期編(7月~9月)】
_20171229_220115
・リミットレギュレーション(7月1日適用版)
・サーキット・ブレイク(7月8日発売)
・デッキビルドパック-スピリット・ウォリアーズ(8月11日発売)
・エクストラパック2017(9月9日発売)
・ストラクR-神光の波動-(9月23日発売)

■7月
7月のリミットレギュレーションは、「十二獣」から「十二獣ブルホーン」が禁止、「真竜」から「真竜剣皇マスターP」と「ドラゴニックD」が制限になる改訂となりました。
また、「テラ・フォーミング」や「ブラック・ホール」が準制限になったのもこの時でした。

7月には「サーキット・ブレイク」の発売があり、アニメテーマから「ヴァレット」や「オルターガイスト」、昆虫族リバーステーマの「クローラー」、除外ギミックの幻竜族「メタファイズ」などが新たに登場。
ただ、本格的な「ヴァレット」や「オルターガイスト」デッキが作れる形になるには、まだ先でした。

■8月
「デッキビルドパック-スピリット・ウォリアーズ」が発売。
これまでブースターSPと呼んでいたものの名称変更で、10期から重要になってきた「カードの位置」が、戦術に影響する新テーマの「魔弾」と「天気」が登場。
コンセプトとしては面白かったですね。
また、旧テーマからは「六武衆」が強化という内容になっています。

■9月
「サブテラー」や「SPYRAL」等が来日した「エクストラパック2017」とストラクRの「神光の波動」が発売。
(ハイロンは「サブテラー」の方を作りました。)

今までになかったパターンとしては、来年のエクストラパックのメインになるであろう「ヴェンデット」や「F.A.(フォーミュラアスリート)」が少し入ったのは、意外でした。
完成形はどんなデッキになるのでしょうか?
来年のハロウィンは、「ヴェンデット」パーティが流行?!


【第4四半期編(10月~12月)】
_20171229_220002
・リミットレギュレーション(10月1日適用版)
・エクストリーム・フォース(10月14日発売)
・デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編2-(11月11日発売)
・リンクヴレインズパック(11月25日発売)
・ストラク-パワーコード・リンク-(12月9日発売)
・リンクヴレインズボックス(12月23日発売)

■10月
10月のリミットレギュレーションは、7月に続き「真竜」から「真竜剣皇マスターP」と「ドラゴニックD」が禁止になり、その他のカードにも規制の手が加えられることに。
また、恐竜デッキから「魂喰いオヴィラプター」や「ベビケラサウルス」も制限になり、出張パーツの一部である「WW-アイス・ベル」や「召喚師アレイスター」、「グリモの魔導書」にも規制がかかったりと、「SPYRAL」1強環境を整えたと言われても仕方がないような内容でした。
それから「同族感染ウイルス」の制限復帰や「テラ・フォーミング」の制限化もありました。

また「エクストリーム・フォース」が発売。
アニメ版リバーステーマの「ティンダングル」、
自分・相手の縦列のカード枚数が重要になる「ジャックナイツ」、
ペンデュラムだけどペンデュラム召喚に頼らない&魔力カウンターを使う「魔導獣」などが登場しました。

もうすでにリバーステーマが、10期に入って「クローラー」、「サブテラー」(正確には9期ですが)、「ティンダングル」と3つ出ていて大丈夫?とか思いますが、逆に考えれば新たなリバーステーマはしばらく出ないということかも。
ポジティブに考えよう…。

■11月
「デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編2-」と「リンクヴレインズパック」が登場。
特に「リンクヴレインズパック」については、素材指定から20テーマだけに限らず、他のデッキでも使えるリンクモンスターがいたのが良かったですね。

ただ、このパックを5月・6月あたりで出していれば、もう少し遊戯王離れも違っていたのかなとか思ったりもしますが、後の祭りですね。

■12月
記憶に新しい12月は、ストラクの「パワーコード・リンク」と「リンクヴレインズボックス」が発売。

前回のストラクから一転して、リンクモンスターの素材指定が緩くなり、出しやすいリンクモンスターばかりで、新規も使いやすい効果を持ったものが多く登場しています。
10期になってから、ストラクの再録の質が良くなりましたが、どこまで続くのかが少し心配です。

そして今年最後は、「リンクヴレインズボックス」で締め。
年末箱としては、初めての試みであるプロテクターランダム封入という形を取り、ノーマルカードのウルトラ仕様+新規カードといった内容でした。


【あとがき】
_20171229_215833
2017年を発売された商品から簡単に振り返ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

ハイロン的には、今年は遊戯王に対するモチベーションが試された1年でした。
前半は、期待感もあって何とかモチベーションを保っていましたが、夏ごろから10月までは、モチベーションが低下。そして低迷していた時期でした。
(途中、プライベートの方でも不幸なことがあり、それも影響してました。)

そんな低迷期から復活するきっかけになったのは、やはり11月発売の「リンクヴレインズパック」でした。そこからモチベーションが上がっていき、現在に至ります。
来年は、モチベーションが低下することなく、ブログを更新できればと思います。


今年は、遊戯王界では逆風が吹き荒れた1年となりましたが、「リンクヴレインズパック」の発売でようやく10期のスタートラインに立ったと言ったところでしょうかね。

いろいろありましたが、その分、来年はみんなが笑顔になれるような1年なることを願いつつ、このあたりで終わりたいと思います。


最後に・・・
この記事が2017年ラストとなります。

2017年も多くのアクセスやコメント、ありがとうございましたm(__)m
では皆さん、良いお年をお迎えください!
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2