遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

カード考察

【カード考察】第3の蘇生カードになるか!?「シャッフル・リボーン」!


今回のカード考察は、このカードを取り上げてみたいと思います。
_20170303_011304
「ディメンション・オブ・カオス(DOCS)」に収録されている「シャッフル・リボーン」です!

このカードを考察しようと思った理由は、新ルールによって価値が見直されるカードになりうるのではないかと感じたからです。

では、「シャッフル・リボーン」の効果について見てみましょう!
■シャッフル・リボーン/Shuffle Reborn
通常魔法
「シャッフル・リボーン」の〈2番目〉の効果は1ターンに1度しか使用できない。
〈1番目〉
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに除外される。

〈2番目〉
墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻してシャッフルし、その後自分はデッキから1枚ドローする。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を1枚除外する。

■1番目の効果について
『自分フィールドにモンスターが存在しない場合』限定ですが、自分の墓地から自由に蘇生できます。

ただ、蘇生したモンスターは効果が無効になり、エンドフェイズに除外されるので、デメリットが目立ちますが、
・シンクロ・エクシーズ・リンク召喚の素材にしてしまう。
・逆に効果が無効になることを利用して、デメリットアタッカーを蘇生する。
・除外されることで効果を発動できるモンスターを蘇生する。
などの活用でメリットに変えれるのではないかと思います。

個人的には、使用の制限はありますが、「死者蘇生」、「リビングデッドの呼び声」に次ぐ第3の蘇生カードとして、注目しています。


■2番目の効果について
蘇生カードとして使った後に、すぐにこの2番目の効果が使えます。

墓地のこのカードを除外することで、自分フィールドのカード1枚を持ち主のデッキに戻して、1枚ドローするというものです。
なお、エンドフェイズ時に自分の手札を1枚除外しますが、手札がなければその必要はありません。
(ただ、ハンドゼロにするのは、戦術的にリスクがありますが。)

新ルールによって、エクストラモンスターゾーンが新たに設置されたことにより、
リンクモンスターを使わない場合、基本的にエクストラデッキから特殊召喚できるモンスターは1体になってしまうので、
エクストラモンスターゾーンを能動的に空けるためのカードとして使えるのではないのかな?と思い注目してみました。
(まあ、他にもいろんなカードがありますが…。)

なおこちらの効果も、手札を1枚除外できるので、「不知火」など除外されることで効果を発動できるモンスターが入っているデッキに入れるという手もあります。


【あとがき】
今回は、新ルールという観点からカード考察をしてみました。

リンク召喚では、エクシーズとは違ってモンスターのレベルを気にする必要はないので、モンスターを増やすor左右にリンクマーカーを持つリンクモンスターを蘇生するという意味では、採用するのもワンチャンありかなと思っていたりします。

以上で「シャッフル・リボーン」のカード考察を終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【カード考察】これであなたもバリアン七皇??「ドン・サウザンドの契約」!


新ルールの情報が良くも悪くも衝撃的でしたね。
まだ、裁定が出ないとわからない部分があるので、しばらくは様子見ですね。
なので、今日から通常モードに入ります!

今回は、土曜日に投稿を予定していた、カード考察をしてみたいと思います。
ちょっと内容が薄いので、30秒ぐらいでわかるようにしてみたいと思います。
(内容が薄くて、ごめんなさい。)

では、テンポよくいきます!

考察するカードは、このカードです。
_20170210_171149
■ドン・サウザンドの契約
永続魔法
「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。
〈1番目〉
このカードの発動時の効果処理として、お互いのプレイヤーは1000ライフポイントを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。

〈2番目〉
お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの1番目の効果でドローしたカードを公開し続ける。

〈3番目〉
このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、モンスターを通常召喚できない。

【それぞれの効果について】
■1番目の効果
お互いのライフを1000削って、お互いに1枚ドローする効果。

「成金ゴブリン」、「チキンレース」に続く新たなドローソースとして、使えそうです。
そして、バーンカード(表記的には違いますが)としての役割に期待大です。

ただ、注意点として、
・お互いのライフが1000以上ないと発動できない。
・お互いのデッキが1枚以上でドローできる状態じゃないと発動できない。

ので、使う時には気をつけてください。

この1番目の効果を見る限り、普通に使えそうな感じがしますが、まだ効果には続きがあります。


■2番目の効果
このカードでドローしたカードを含めて、このカードの発動中にドローしたカードをピーピングできる効果です。

相手の手の内もわかりますが、自分の手の内もさらけ出すので、諸刃の剣と言ったところですね。

このカードを発動した後に、「手札抹殺」やら「手札断殺」を使うとお互いの手の内が見え見えになりそう。

そこを「マインドクラッシュ」で狙い撃ちとか、ウイルスカードを撒き散らすといいかもしれません。

要は、発動した後が肝心ですね。

そして、この効果と連動する形で次の効果へ。


■3番目の効果
公開しているカードの中に、魔法カードがあるプレイヤーは、通常召喚ができなくなる効果です。

ただ、縛りとしては緩いです。
公開されている魔法カードを使うか、セットするとこの縛りが解除されます。

なので、このカードを発動することによって、通常召喚をするために、『2番目の効果で公開されている魔法カードを使わせるorセットさせる効果』と置き換えて考えるといいかもしれません。

マスタールール4の適用で、通常召喚権が大切になってくるなら、縛りは緩いですが、この効果が効いてくる場面も出てくるのかな?


【まとめ】
「ドン・サウザンドの契約」は、
1.ドローカード&バーンカードとしての役割もある。

2.ピーピング効果も、このカードの発動後に使うカードによっては、活かせる場面もある。

3.縛りは嫌がられる程度ではない。

ので、悪くはないカードと言えるでしょう。
個人的には、2nd WAVEの新規の中では、将来性とある程度の汎用性を感じます。

次回は、このカードを使ったデッキを紹介してみたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【未来研究】夢はでっかく攻撃力1万??「ムーンバリア」!!


新コーナーです。(ですが、実質的には名前だけです。)
【未来研究】では、発売前のカードについて考察するコーナーです。

似たようなコーナーに【カード考察】がありますが、
カード考察とカード研究の違いは、取り上げたカードが記事を書いた時点で、発売しているか、発売していないかの違いだと思っていただければと思います。

そんな記念すべきカード研究第1回目のカードは、「20th ANNIVERSARY PACK」から「ムーンバリア」を取り上げたいと思います。

_20170207_142210
■ムーンバリア
速攻魔法
〈1番目〉
モンスターの攻撃が無効になった時、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このターンのエンドフェイズになる。
●自分フィールドの「希望皇ホープ」エクシーズモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

〈2番目〉
自分フィールドの「希望皇ホープ」エクシーズモンスターがエクシーズ素材を1つ取り除いて効果を発動する場合、取り除くエクシーズ素材の代わりに墓地のこのカードを除外できる。

■1番目の効果について
このカードの1番目の効果の選択は、攻撃を無効にしたのが相手ターンなのか自分のターンなのかで選択するといいでしょう。

『エンドフェイズになる効果』を選ぶ場合は相手ターンで「No.39希望皇ホープ」や「ネクロ・ガードナー」、「魔法の筒」などで、攻撃を無効にしてこのカードを発動することになるでしょう。

『「希望皇ホープ」エクシーズモンスターの元々の攻撃力を倍にする効果』は、「No.39希望皇ホープ」や「タスケルトン」、「熱き決闘者たち」で攻撃を無効にすると使いやすくなるでしょう。

ただ、こちらの効果を選ぶ場合に問題になるのは、自分のモンスターの攻撃を無効にする必要があることです。
なので、「ホープ」エクシーズモンスター以外で、他に攻撃できるモンスターを作っておく必要があるので注意です。

しかし、「No.39希望皇ホープ」がいる場合で、「ダブル・アップ・チャンス」があれば、この問題は多少は解決できます。
「ダブル・アップ・チャンス」は、攻撃が無効になったモンスターに再攻撃のチャンスが与えられるからです。

しかも、「ムーンバリア」の元々の攻撃力を倍にする効果と「ダブル・アップ・チャンス」のダメージステップの間、攻撃力を倍にする効果のシナジーで、「No.39希望皇ホープ」の攻撃力が10000という夢を見ることができます。
この夢のために、ホープデッキを作ってみても面白いかもしれませんね。


■2番目の効果について
2番目の効果は、「希望皇ホープ」エクシーズモンスターが取り除くエクシーズ素材の代わりに墓地のこのカードを除外できる効果です。
オマケ程度に考えるといいでしょう。

ただ、『エクシーズ素材を1つ取り除いて効果』にしか使えないので、「SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング」などの複数のエクシーズ素材を取り除く効果には代用できないので、注意が必要です。


【あとがき】
個人的には、入るデッキは選ぶものの「ムーンバリア」は使い方次第では、面白そうなので、注目してみました。

また、久しぶりにファンデッキでも、作ってみようかなと思わせてくれた1枚になりました。

以上で未来研究を終わりたいと思います。

いよいよ今週末に「20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE」が発売しますね。
(プロテクターもあるよ。)
楽しみです。

あと告知ですが、アニバーサリーパックの発売に伴い「第7回1BOX開封合戦」を開催するので、お忘れなく!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2