「デッキビルドパックーヒドゥン・サモナーズ-」の発売が近いということで、新テーマの作れそうなデッキ(=派生デッキ)を考えていきたいと思います。


 今回は「プランキッズ」を題材にしたいと思います。

■プランキッズ

_20180726_002129

「プランキッズ」モンスターのポイントは、
・「プランキッズ」の融合素材、リンク素材になった後、その時に素材になった同名以外の「プランキッズ」を手札・デッキから特殊召喚できる。
のが特徴。

ただ、メインデッキに入る「プランキッズ」モンスターは、発売当初は3種類しかなく、デッキ内の「プランキッズ」が枯渇する可能性もあるので、「プランキッズ・トークン」を生成&デッキへ回収できる魔法カード「プランキッズ・プランク」は必須になってくることが予想されます。

また、「プランキッズ」には、リンクモンスターと融合モンスターもいて、特徴としては、自身をリリースする効果があるので、その部分を活かした構築も考えれそうですね。


デッキ構築の方向性として「プランキッズ」は、純構築型に手札誘発や必要なカードを取り入れながら作るのがベストな気がします。

なので、作れそうなデッキと言うよりはそういうプランもあるのだな程度で、この先を見てもらえれば幸いです。
(早くもタイトル通りとは行かず...(笑))


【 1.HEROプランキッズ】

_20180731_235358

「プランキッズ」モンスターの種類が少ないので、名前をコピーできるモンスターを採用して、実質モンスターを増やすというプランを考えることもできます。

名前をコピーできるモンスターの代表格として、「E・HEROプリズマー」を率いる「HERO」を上げてみました。

「HERO」は、融合召喚もするので、戦術的に共有できる部分もあるかと思います。

「E・HEROプリズマー」と同じ発想で、「フォーマット・スキッパー」や「ファントム・オブ・カオス」あたりも次点候補にできそう?



【2.ジェムナイトプランキッズ】

_20180731_235452

こちらは、 「プランキッズ」モンスター3体の種族に着目したデッキプランになります。

「プランキッズ」の種類は、「雷族・水族・炎族」というステータスなので、それと全く同じ種族のモンスターがいて、それらを融合素材とする「ジェムナイト」融合モンスターもいるので、取り入れれそうな雰囲気はあります。

「ブリリアント・フュージョン」軸なら、光属性も入れて召喚権を増やすということもできそうですが、デッキバランスが難しくなりそうでもあります。

ただ、「HEROプランキッズ」や「ジェムナイトプランキッズ」に共通する問題としては、「HERO」や「ジェムナイト」融合モンスターの素材にしても、「プランキッズ」モンスターのデッキから特殊召喚できる効果が使えないことですね。





「プランキッズ」は、EXデッキから出てくるモンスターの素材指定が強いため、あまり派生デッキを作れそうにないですが、考えてみました。

3つのテーマの中では、自由度が高い分、構築が難しそうですが、強さはありそうですね。

記事を書き終えてから知りましたが、「プランキッズ・バトラー」なら、「雷龍融合」でも融合召喚できますね。

そちらを狙うなら、墓地肥やしをするというプランも出てきますね。

では、このあたりで~。
最後まで読んでいただきありがとうございます!


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ