※この記事は遊戯王ドラフト研究所!時代の記事になります。

「デッキビルドパックーヒドゥン・サモナーズ-」に入っているテーマで、作れそうなデッキを考えるコラムの第2弾です。

今回は「ネフティス」を題材にしたいと思います。

■ネフティス

_20180726_002111

新規の「ネフティス」モンスターのポイントとして、簡単に言うと、
・自分の手札1枚を破壊する効果
・効果で破壊され墓地へ送られた次のスタンバイフェイズに発動できる効果

の2つを兼ね備えているのが特徴。
そこに儀式召喚・リンク召喚が絡むと言った感じのテーマになっています。

そのまま純構築の「ネフティス」デッキが作れそうですが、
手札で破壊された場合に、効果を発動できるモンスターを取り入れたり、儀式寄りのデッキが考えられそうですね。

派生デッキについて、考えられるものを紹介したいと思います。

【 1.魔神儀ネフティス】

_20180731_235623

レベル8とレベル2の儀式モンスターがいるので、儀式召喚に特化するタイプも考えられます。

また、儀式魔法である「ネフティスの輪廻」には、儀式モンスターの名称が書かれているため、「儀式の下準備」も使えそうですね。

あとは、ライフコストやデメリットが少し気になるところですが、「おろかな重葬」を採用して「虹光の宣告者」を送って、儀式モンスターor儀式魔法をサーチといった構築もできそうです。

また、レベル2の儀式モンスターがいるということで、「儀式の準備」も一考の余地がありそうです。
「焔凰神-ネフティス」のリンク召喚を狙う場合は、「限定解除」の採用もアリかも?


【2.炎王ネフティス】

_20180731_235716

下級の「ネフティス」モンスターの手札1枚を破壊する効果を使って、手札の「炎王」を破壊するデッキも考えられそうです。

「炎王」の他にも、「火舞太刀」や「九尾の狐」の炎属性モンスターを採用したり、効果で破壊して墓地へ送られるので、「シャドール」モンスターあたりもいいですね。

ただ、手札からしか破壊できない点に注意ですかね。


【3.真竜ネフティス】

_20180731_235808

こちらも下級の「ネフティス」モンスターの手札1枚破壊する効果を利用したデッキに。
その効果で、手札にいるレベル9の「真竜」モンスターを破壊し、「真竜」の効果を使っていくと言った感じです。

レベル9の「真竜」には、効果で破壊された場合、
●墓地から炎属性以外の幻竜族を手札に加えることができる「真竜皇アグニマズドV」、

●デッキから水属性以外の幻竜族を守備表示で特殊召喚できる「真竜皇バハルストスF」、

●墓地から地属性以外の幻竜族を特殊召喚できる「真竜皇リトスアジムD」、

●デッキから風属性以外の幻竜族を手札に加えることができる「真竜凰マリアムネ」

の4体がいるので、常にレベル9の「真竜」が手札や場にモンスターがいるという状況を作り出せそうです。

「真竜ネフティス」デッキを作るなら、幻竜族をサーチできる「幽麗なる幻滝」は必須になりそうです。


まだまだ違うタイプのデッキを作れそうですが、ネフティスデッキを考えている人の参考になれれば、幸いです。

なお、「魔妖」について書く予定でしたが、純構築のほうが良さそうなことと、記事が間に合いそうにもないので、このシリーズはここまでとさせていただきます。

明日には、再録カードやレアリティが判明して、カードリストが完成すると思いますが、いよいよですね。

非常に楽しみです。

では、このあたりで~。
最後まで読んでいただきありがとうございます!