「ソウル・フュージョン」で「サンダー・ドラゴン」カードが判明したので、今回は、相性が良さそうなカードを挙げながら、「サンダー・ドラゴン」デッキの構築の形を探ってみたいと思います。

まずは、おさらいも兼ねて、「サンダー・ドラゴン」モンスターの共通効果を確認したいと思います。
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる効果。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる効果。


「雷劫龍-サンダー・ドラゴン」や融合モンスター以外のモンスター、つまり、雷源龍、雷電龍、雷鳥龍、雷獣龍は、上記の共通効果を持っています。

この共通効果で注目すべき点は、やはり2番目の効果で、『このカードが除外された場合』という部分が、デッキを作る上での鍵やポイントになってくるでしょう。

共通効果を確認したところで、相性が良さそうなカードとともに、「サンダー・ドラゴン」デッキのタイプを考えていきたいと思います。


【純構築型】
_20180629_235350

まずは、純構築から。
やはり「封印の黄金櫃」は外せない存在と言えるでしょう。
「サンダー・ドラゴン」モンスターの2番目の効果をスムーズに発動できる魔法カードで、基本的には、どのようなタイプでも入るカード。

このカードから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」を除外して、「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」をサーチ。
「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」の手札から捨てる効果で、「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚するだけで、「超雷龍-サンダー・ドラゴン」をEXデッキから特殊召喚できる流れが、やはり強いので、ここは必須級。
(「簡易融合」と手札の雷族モンスターから出せる「雷神龍-サンダー・ドラゴン」も強いですが。)

それから「サイバー・ヴァリー」の採用も一度は考えてみたいところです。

_20180629_235533

サイバー・ヴァリー
星1/光属性/機械族/攻 0/守 0
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードが相手モンスターの攻撃対象に選択された時、
このカードを除外して発動できる。
デッキからカードを1枚ドローし、バトルフェイズを終了する。
●自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードと自分フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択して除外し、その後デッキからカードを2枚ドローする。
●自分のメインフェイズ時に、
自分の墓地のカード1枚を選択して発動できる。
このカードと手札1枚を除外し、その後選択したカードをデッキの一番上に戻す。


選択型の効果で、2つ目、3つ目を狙って、手札orフィールドの「サンダー・ドラゴン」モンスターを除外して、共通効果を狙うこともできます。

あとは、墓地限定になりますが、除外できる「ファントム・オブ・カオス」あたりもいいかもしれないです。

属性が異なることもあるので、いつでも発動できるとは限りませんが、「クロス・ブリード」も採用圏内に。

また、相手ターンにも動きが欲しいのであれば、「妖精伝姫-シラユキ」を入れてしまうのも一手でしょう。

もちろん、サポートカードである「雷龍融合」や「百雷のサンダー・ドラゴン」、「雷龍放電」といったカードも採用候補となります。


【メタファイズ型】
_20180629_235700

ランダム要素が非常に絡みますが、「メタファイズ・ラグナロク」が召喚・特殊召喚成功時にデッキから3枚除外できるモンスターなので、その効果を使って除外していこうというタイプにすることも考えられます。

このカード自身がレベル4チューナーなので、「雷獣龍-サンダー・ドラゴン」を除外できれば、レベル5、9、10のシンクロ召喚を狙うことも可能。

元々、「メタファイズ」と使うサポートカードが似ていることが多いので、「メタファイズ・ラグナロク」とともに、他の「メタファイズ」を主張させてみるのも一考の余地がありそう。

メタファイズ・ラグナロク
星4/光属性/チューナー/幻竜族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚除外する。
このカードの攻撃力は、この効果で除外した「メタファイズ」カードの数×300アップする。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
デッキからレベル5以上の「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。




【ライトロード型】
_20180629_235808

こちらは、「闇の進軍」を使って除外してしまおうというタイプ。
枚数は、墓地からサルベージした「ライトロード」のレベルの数になるので、「メタファイズ・ラグナロク」より多くなることも。

ただ、「闇の進軍」の除外だけでは心許ないので、カオスモンスターも一緒に取り込む形になるでしょう。
そうすれば、「ライトロード」の墓地肥やしも大いに使えることになります。
(ただ、質にこだわるのなら「太陽電池メン」という強力なライバルがいますが。)

チューナーの「ライトロード」を入れれば、こちらもシンクロ召喚を取り入れることができます。

闇の進軍
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、手札に加えたそのモンスターの元々のレベルの数だけ、自分のデッキの上からカードを除外する。



【カオス型】
_20180630_000015

元々、新規の「サンダー・ドラゴン」モンスターには、カオスモンスターと同じ条件で特殊召喚するモンスターもいますし、光属性と闇属性のバランスも取れている感じなので、無理なく入れることができます。

墓地肥やし要素が必須になりますが、そこは、上記で挙げた「ライトロード」や雷族モンスターの「太陽電池メン」の出番でもあります!

_20180630_000228

太陽電池メン
星4/光属性/雷族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから雷族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
雷族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
自分フィールドに「電池メントークン」(雷族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
(3):自分のフィールド・墓地の「電池メン」効果モンスター1体を対象として発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはその同名カードとして扱う。

こちらは、「ライトロード」と違って、墓地肥やしの質を重視したい時に活躍できそうです。

このカード自身は光属性なので、闇属性・雷族モンスターの「雷電龍-サンダー・ドラゴン」や「雷獣龍-サンダー・ドラゴン」、「雷劫龍-サンダー・ドラゴン」を墓地へ送って、その後このカードが墓地へ行けば、カオスモンスターを特殊召喚する準備ができます。


カオスモンスターですが、光と闇を1体ずつ除外するオーソドックスなものから、光だけ、闇だけの小回りの利く白黒モンスター、新規の「混源龍レヴィオリア」がいるので、好みや効果で選ぶといいでしょう。

〈オーソドックスタイプ〉
カオス・ソーサラー
カオス・ソルジャー―開闢の使者―
混沌帝龍―終焉の使者―
終焉龍―カオス・エンペラー

〈小回りの利くタイプ〉
暗黒竜 コラプサーペント
輝白竜 ワイバースター



【恐竜型】
_20180630_000332

恐竜型は「究極進化薬」の発動条件で、「サンダー・ドラゴン」モンスターを除外してしまおうという考え方もできます。

「究極進化薬」が、手札or墓地から恐竜族と恐竜族以外のモンスターを1体ずつ除外なので、必然的に恐竜族モンスターを入れることになりますが、恐竜族の高打点を活かせます。

「究極進化薬」をサーチするのに、「左腕の代償」を採用することも考えられますが、妨害には要注意。


【終わりに】
いかがでしたでしょうか?

上記以外にも、「召喚魔術」で墓地の「サンダー・ドラゴン」モンスターを除外できる【召喚獣型】や、「異次元の裂け目」や「マクロコスモス」を張って、それらのカードによって除外するという【メタビート型】の構築も考えられそうです。

また、紹介しませんでしたが、手札を除外できるカードとして、「シャッフル・リボーン」や「早すぎた帰還」とかもあったりするので、サポートカードには困らない感じになっていますね。


今から「サンダー・ドラゴン」構築を考えながら、発売日を楽しみにするのもいいかもしれないですね。

では、このあたりで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


当ブログは、ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ