どうも、ハイロンです。
久しぶりにデッキを投稿したいと思います。

今回紹介するデッキは、裏サイバーの「サイバー・ダーク」です!
普通と違って、神(=オベリスク)などを入れて、遊び心も取り入れた構築にしてます。

では、早速サンプルレシピを紹介してみたいと思います↓

※画像元:ガチャログ(URL→https://www.gachalog.com/)を使用

【デッキについて】
●基本編

_20180626_015312


「サイバー・ダーク」デッキでは、
・レベル3以下のドラゴン族を墓地へ送る。
・機械族・レベル4の「サイバー・ダーク」召喚。召喚成功時にレベル3以下のドラゴン族を装備する。
が基本の動きになります。

■レベル3以下のドラゴン族を墓地へ送ろう!
墓地へ送るレベル3以下のドラゴン族ですが、
「サイバー・ダーク・カノン」
「サイバー・ダーク・クロー」
「比翼レンリン」
あたりが適任です。

「サイバー・ダーク・カノン」は、装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に、デッキからモンスター1体を墓地へ送れて、
「サイバー・ダーク・クロー」は、カノンと同じ条件でエクストラデッキからモンスター1体を墓地へ送れます。

なお、この2体のモンスターは、手札から捨てるとデッキからサーチできる効果があるので、比較的墓地へ送りやすいモンスターになります。

_20180626_015127

サイバー・ダーク・カノン
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。


_20180626_015219

サイバー・ダーク・クロー
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。



「比翼レンリン」は、装備モンスターの元々の攻撃力を1000にして、2回攻撃を可能にするモンスターです。
つまり、機械族「サイバー・ダーク」モンスターの元々の攻撃力が1000になってから「比翼レンリン」の攻撃力上昇値が加わって、攻撃力が2500になり、2回攻撃できることになります。


■機械族・レベル4の「サイバー・ダーク」を召喚しよう!

_20180626_015408


レベル3以下のドラゴン族が墓地にいたら、
「サイバー・ダーク・ホーン」
「サイバー・ダーク・エッジ」
「サイバー・ダーク・キール」
の3体のどれかを召喚します。

優先順位的には、レベル3・ドラゴン族の「サイバー・ダーク」の装備化した時の効果と固有効果を活かしたいので、「サイバー・ダーク・エッジ」を筆頭に、「サイバー・ダーク・ホーン」、「サイバー・ダーク・キール」という順番になります。

共通効果は、召喚成功時に、自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族を装備する効果と、
装備したモンスターの元々の攻撃力分アップし、
戦闘で破壊される代わりにその装備したモンスターを破壊する効果になりますが、

これに加えて、独自が持つ固有効果として、
「サイバー・ダーク・ホーン」は、守備貫通、
「サイバー・ダーク・エッジ」は、攻撃力を半分にして、ダイレクトアタック、
「サイバー・ダーク・キール」は戦闘で相手モンスターを破壊すると、相手に300のダメージ
という感じになっています。


●遊び心編
さてここからは、このデッキの遊び心要素を紹介したいと思います。
主に、3つです。

■「RUM―七皇の剣」で、「CNo.107 超銀河眼の時空龍」出現!

_20180626_015546


ここは知っている人も多いと思うので、遊び心とは言えないかもしれませんが、一応紹介しておきます。

やり方としては、「サイバー・ダーク・クロー」の装備化している時に発動する2番目の効果を使って、EXデッキから「No.71 リバリアン・シャーク」を墓地へ送ってそちらの効果で、「RUM―七皇の剣」をデッキトップに確定!
そして、次の自分のターンに「CNo.107 超銀河眼の時空龍」出現という流れになります。

「サイバー・ダーク・クロー」には他にも、
「F・G・D」を送って、「サイバー・ダーク」融合モンスターの装備用モンスターを用意したり、
「旧神ヌトス」を送って、相手のカードを除去したり、
「PSYフレームロード・Ω」を送って、「旧神ヌトス」などの墓地のカードをデッキに戻したりもできます。


■「ヘルモスの爪」で高攻撃力!
ドラゴン族が多いので、それらを素材に「ヘルモスの爪」を使って、「真紅眼の黒竜剣」を特殊召喚します。

_20180626_015456

真紅眼の黒竜剣
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
このカードは「ヘルモスの爪」の効果で自分の手札・フィールドのドラゴン族モンスターを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動する。
このカードを攻撃力1000アップの装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターの攻撃力・守備力は、お互いのフィールド・墓地のドラゴン族モンスターの数×500アップする。


「真紅眼の黒竜剣」の効果ですが、1番目・2番目とも攻撃力アップなので、終盤になればなるほど「サイバー・ダーク・ホーン」や「サイバー・ダーク・エッジ」達が、フィニッシャー級になれるほどの大幅なアップが期待できます。


■「ツイン・トライアングル・ドラゴン」で「オベリスクの巨神兵」を蘇生!

_20180626_015619

まず、「オベリスクの巨神兵」を墓地へ送っておく必要があるので、「サイバー・ダーク・カノン」や「おろかな埋葬」で、「オベリスクの巨神兵」を墓地へ送ります。

次に、「クイック・リボルブ」と通常召喚権を使って、ドラゴン族を2体並べて、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」をリンク召喚。

「ツイン・トライアングル・ドラゴン」のリンク召喚の成功時効果で、レベル5以上のモンスター、つまり「オベリスクの巨神兵」を特殊召喚するという流れです。

なお、「オベリスクの巨神兵」は特殊召喚されたエンドフェイズ時に墓地へ送られるという効果がありますが、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」で蘇生したモンスターは、効果が無効になるので、墓地へ送られる心配はなくなります。
(そのターン攻撃できないというデメリットもあります。)

_20180626_015715

ツイン・トライアングル・ドラゴン
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻1200
【リンクマーカー:右/下】
トークン以外のレベル4以下のドラゴン族モンスター2体
(1):このカードがリンク召喚に成功した時、500LPを払い、自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターン攻撃できない。


なお、「ツイン・トライアングル・ドラゴン」はドラゴン族なので、「ヘルモスの爪」を発動して、「真紅眼の黒竜剣」の素材にしてしまうのもありです。


【あとがき】
表サイバーが連続して、新規&強化をもらっているのをうらやましく思い、裏サイバーにも新規を…という思いで、公開してみました。

次のパックが融合ということで、こちらにも何かが来るといいのですが、望みは薄そうですね(泣)

では、これで「サイバー・ダーク」デッキの紹介を終わりたいと思います。
最後までありがとうございました。


〈お知らせ〉
この度、はてなブログにて、「マイナー」をテーマにした遊戯王ブログを始めましたので、もしご興味がありましたら、そちらもよろしくお願いします!

新ブログ名:遊戯王マイナーラボ
URL:https://yugioh-minor-labo.hatenablog.com


当ブログは、ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ