さて今日は、Vジャンプの発売日ということで、判明したカードの中から気になったカードの考察・感想などを徒然と書きたいと思います。

【今月の付録カード編】

_20180520_233900

今月の付録カードは、「魔界の警邏課デスポリス」デス!
リンク素材指定が緩いのですが、効果を使うことを考えると実質、『カード名が異なる闇属性モンスター』となりそうです。

効果は、自分フィールドのモンスター1体をリリースして、表側のカードに戦闘・効果で破壊される場合に、代わりに取り除くことができる警邏カウンターを1つ置くというもの。

普通に使うと、ボードアドバンテージ的には1枚損しますが、どうしても守りたいカードがあるならと言った感じで使用したり、自分フィールドのモンスターをリリースなので、「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」を使うデッキで活躍の余地があると言ったところでしょうか。

使いどころが難しい1枚です。


【ソウル・フュージョン編】
●サイバース・クロック・ドラゴン関連

_20180621_000008

「クロック・スパルトイ」のリンク先に特殊召喚する手段が欲しいですが、「クロック・ワイバーン」1枚で、「クロック・スパルトイ」のリンク召喚→「サイバネット・フュージョン」サーチまで持っていくことができて、「サイバース・クロック・ドラゴン」の下準備が整うのは優秀ですね。

しかも、相手の効果で墓地へ送られれば、デッキから魔法カード1枚を手札に加えれるというオマケも。

この軸を中心に作ってもいいレベルかもしれませんね。

●超雷龍-サンダー・ドラゴン

_20180621_000057

スペシャルパックに「サンダー・ドラゴン」が入っていた関係上、強化が来るだろうと思っていましたが、来てくれました!
絵柄もカッコよく、サーチ封じと戦闘・効果破壊される時に、墓地の雷族モンスターを身代わりに使えるという効果。

今回は、「超雷龍-サンダー・ドラゴン」のみ判明しましたが、他にも雷族に強化がくればいいですね。


【デッキビルドパック-ヒドゥン・サモナーズ-編】
1つ目のテーマは、炎属性+儀式+「ネフティス」?という組み合わせのテーマに。
まだ「ネフティス」の強化はわかるのですが、そこにどう儀式が絡んでくるのか。
全くイメージがわかない…。
もう少し情報を…と言ったところです。


【ストラクチャーデッキ-マスター・リンクー編】
今度のストラクは、手札からリンク素材になれるモンスターがいるらしい…。
ということで、自然と「マイクロ・コーダー」と「コード・ラジエーター」の2枚に注目してしまいますね。

効果を最大限に使うためには、リンク先が「コード・トーカー」に限定されますが、手札からリンク素材にできる効果&リンク素材になった場合の効果が、非常に心強いです。

さりげなく「マイクロ・コーダー」が、「サイバネット」魔法・罠カードをサーチできるモンスターなので、今後出てくる「サイバネット」魔法・罠カードによっては、さらに化ける可能性も。

また、サイバース族の召喚権を増やす「サイバネット・オプティマイズ」の登場も、サイバース族デッキにとっては追い風になりそう。

収録リストも判明したようなので、明日にでも出したいと思います。

_20180621_000157


【その他】
●新リミットレギュレーション
今回は、規制と緩和がきれいにわかれた改訂になりましたね。
「ABC」と「魔術師」が狙われた感じに。

新禁止については、不意打ちをくらった感が。
こういうのがあるから予想って難しい…。

今回注目された「閃刀姫」関連からは、「閃刀機-ホーネットビット」のみ。
パックがまだ発売から6ヶ月が経っていないタイミング(つまり、まだパックを売りたいという思惑)である点や、地属性の「閃刀姫」リンクモンスターの登場も残っている点もあるので、今回は緩めに規制と言った感じでしょうか。

1枚でも動けそうですが、本家本元のレイちゃんを使うか、フィールド魔法の「閃刀空域-エリアゼロ」を破壊から本家のレイちゃん、登場!っていう流れもあるので、そちらを軸足にするのもいいかもです。

地味に今回の規制の中では、「盆回し」の制限化が痛そうですね。

緩和組からは、召喚権を使わない「SRベイゴマックス」や「WW-アイス・ベル」、「緊急テレポート」が緩和されている一方で、召喚権を使う「魔界発現世行きデスガイド」がそのままという部分は、少し疑問や問題が残る緩和ですね。

2体同時に「シャドール」融合モンスターを緩和したのは、サプライズでした。
これはやはり、次のパックの「ソウル・フュージョン」を意識した緩和でしょうか??


●来月の付録カード

_20180621_000419

最後に来月号は、「サイバー・ドラゴン・ネクステア」が付録です。

レベル1の光属性以外は、何もわかっていないですが、サイバー推しがすごいですね。


以上が今月号のVジャンプについての考察・感想でした。
最後まで、ありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ