ようこそ!バトルフェイズへ!
ハイロンもそう見えてしまった内の1人です(笑)

さて今日は、Vジャンプの発売日ということで、判明したカードの考察・感想などを徒然と書きたいと思います。

まず今月の付録カードは、残念ながら「レッドアイズ」の名前を捨ててしまった「闇鋼龍 ダークネスメタル」です!

_20180521_000746

効果は、1ターンに1度、墓地or除外されているモンスターを効果を無効にして、守備表示でリンク先に蘇生というもの。

蘇生した後は、ターン終了時までリンク召喚できないですが、それ以外の召喚方法は可能なので、、融合・シンクロ・エクシーズのどれかに繋げるといいでしょう。

なお、蘇生したモンスターは、フィールドから離れた場合、持ち主のデッキの1番下に戻るので、これを利用して、除外している「D-HERO ディアボリックガイ」を戻せたらいいかもしれないですね。

「デーモンHERO」で使えるかな?
(ただ、このリンクモンスターまでどうなるかが課題ですが。)


■デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編3-
今年は、どうやら「ライバル」がキーワードのパックになりそうです。

まさかの原作ビンゴマシーンがここでOCG化されるとはですね。

最近、何かと優遇されている「サイバー・ドラゴン」!
控えめに言っても、「サイバー・ドラゴン」の新規、どれもヤバない??

「サイバー・ファロス」が墓地にある状態では、くれぐれも融合モンスターを戦闘破壊したくないですね。
復讐の「パワー・ボンド」で倍返しされそう(笑)
でも、「サイバー・エタニティ・ドラゴン」は美しい...。

_20180520_234358

デッキから「黒い旋風」を魔法・罠ゾーンに置ける「BF―毒風のシムーン」や楔カウンターor黒羽カウンターを置ける「BF―南風のアウステル」の登場で、「BF」デッキが面白くなりそう。

特に、楔カウンターを積極的に置けることになったおかげで、「BF―アーマード・ウィング」の効果を使いやすくなっただけでなく、新規の「BF―フルアーマード・ウィング」でコントロールを奪えるようになったのは、大きいですね。

_20180520_234244

「フォトン」は、「銀河眼の光子竜」の出し方に一段と磨きかかったような強化ですね。

「フォトン・バニッシャー」で、「銀河眼の光子竜」をサーチしつつ、リリース要員になったり、「輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴン」になって特殊召喚したりと言ったことができるように。

_20180520_233947

■ストラクチャーデッキ-マスター・リンクー
気になるのは、「シューティングコード・トーカー」と「トークバック・ランサー」です。

水属性の「コード・トーカー」である「シューティングコード・トーカー」の登場によって、6属性が揃いましたね。

効果は、戦闘に関するもので、リンク先のモンスター+1回相手モンスターに攻撃できて、戦闘破壊したモンスターの数だけドローというもので、なかなかの効果を持ってます。

「トークバック・ランサー」は、このカード以外のサイバース族をリリースすることで、墓地の「コード・トーカー」をリンク先に蘇生するというもの。

この効果で1番蘇生したいのは、やはり「トランスコード・トーカー」になりそう。

ただ、今回わかったリンクモンスターは、サイバース族に絡む素材指定になっているので、サイバース族デッキに内でしか使えない点が少し残念なところ...(泣)


■その他
●応募者全員サービス
_20180520_234134

どのモンスターも、カッコいいですね。
出しやすさや効果的には、「撃滅龍 ダーク・アームド」と「終焉龍 カオス・エンペラー」が扱いやすそう。

●20周年キャンペーン
純金ブルーアイズの詳細が判明しましたね。
コナミスタイルでの限定発売になるようです。
(これ全部売れたとしたら、税抜き価格ベースで、1億でっせ!ウヒョー!!)

少し取り乱しましたが、20周年キャンペーン第5弾は、「スペシャルパック アニバーサリーエディションVol.2」に!

今回は、融合関連が多く、
「デーモンの顕現」、「サンダー・ドラゴン」
「応戦するG」、「太古の白石」
「エルシャドール・ネフィリム」
「始祖竜ワイアーム」
「セイクリッド・プレアデス」、「融合」
「トレード・イン」、「狡猾な落とし穴」
の10種類となっています!

前回のスペシャルパックでは、発売される予定の通常ブースターへの布石にもなっていたので、今回収録されたカードの関連テーマは、新規を貰える可能性があるかも?
今後の情報に注目したいです。

(個人的には、リメイク枠で「サンダー・ドラゴン」の強化が来たら、ぜひ作ってみたいです。)

●来月の付録カード
_20180520_233900

最後に来月号は、「魔界の警邏課デスポリス」が付録です。

デスガイドさんとの関連がありそうですが、リンク2の闇属性以外わからず...。
詳細を待ちたいと思います。

以上が判明したカードについての考察・感想でした。
最後まで、ありがとうございました!


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ