久しぶりに3日連続の投稿になりました。
ハイロンです。

今回は、先日のデュエルオフ会の時に使ったデッキの中からまだ紹介していない「雪花時戒神」デッキを紹介したいと思います。

何気にフルモン構築は、今まで作ったことがなかったので、ある意味チャレンジでしたが、何とか形になって良かったです。

では、早速サンプルレシピを紹介してみたいと思います↓
※画像元:ガチャログ(URL→https://www.gachalog.com/)を使用
※エクストラデッキの2枚は、「サクリファイス・アニマ」です。



【デッキについて】
バーンとビートダウンが合わさったようなデッキで、「雪花の光」を採用してフルモン構成に。

なお、エクストラデッキは、「サクリファイス・アニマ」やランク10以外は、自由で構いません。

このデッキは、「時械神」、「壊獣」、「手札誘発」、「その他」の4つのパーツで構成されてます。

■時戒神

_20180517_231542

このデッキの核のテーマで「時戒神」は、
1、自分フィールドにモンスターがいなければリリースなしで召喚できる。

2、戦闘・効果では破壊されず、戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージはゼロ。

3、戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に、何かしらの効果を発動。

4、自分のスタンバイフェイズに持ち主のデッキに戻る。

の4つの共通効果を持っています。

この4つの共通効果に当てはまらない例外のモンスターもいますが、とりあえず相手に攻撃して、3番目の効果の発動を狙っていくのが、「時戒神」モンスターの動きになります。

なお、3番目の効果については、ダメージ系が多く、
・時戒神サンダイオン
→相手に2000ダメージ。

・時戒神ミチオン
→相手のライフ半分にする。

・時戒神ラフィオン
→相手に、このカードと戦闘を行った相手の表側モンスター1体の攻撃力分のダメージ。

・時戒神ラツィオン
→相手がドローした時、相手に1000ダメージ。

・時戒神メタイオン
→このカード以外のモンスターを全て手札にバウンス+相手に戻した数×300ダメージ。

・時戒神ザフィオン
→相手の魔法・罠カードを全てデッキにバウンス。

・時戒神サディオン
→自分のライフが4000以下なら、4000になる。

と言った感じになってます。

「時戒神サンダイオン」以外のこれらのモンスターを状況に合わせて、「時戒巫女」や「黒き森のウィッチ」、「クリッター」でサーチしていきます。

_20180517_231655

もう1度念押しですが、「時戒巫女」の効果は、攻撃力0の「時戒神」なので、「時戒神サンダイオン」をサーチ&特殊召喚できないことに注意です!

※私ハイロンは、オフ会のあるデュエルで、「時械巫女」の効果を使って、「時戒神サンダイオン」をサーチしたり、特殊召喚したりしました。
この場をお借りして、お詫び申し上げます。
大変、申し訳ございませんでしたm(__)m

(皆さんも、使う時はくれぐれもご注意ください!)


■壊獣

_20180517_231759

「壊獣」は、「時戒神メタイオン」でのバウンスや「時戒神ラフィオン」の効果の的として使えたり、「時戒巫女」や手札誘発の中にレベル1がいるので、それらのモンスターを「サクリファイス・アニマ」に変えて、吸収すると言ったことができるので、採用してます。
もちろん、モンスター除去も兼ねてます。


■手札誘発モンスター

_20180517_231853

普段デッキには、手札誘発を入れないことが多いのですが、フルモンという特殊事情により、入れておりますが、戦闘に関する手札誘発系が多めです。

これは、「時戒神」を出した時には、基本的にモンスターが1体しか自分フィールドにいないことの方が多いので、そこを突破されるとなす術がないという関係からの採用です。

●トラゴエディア、ジュラゲド
「時戒神」が来るまでの繋ぎやレベル10ということもあり、ランク10を作るために入れています。
「時戒神」がいる場合の出し方としては、「時戒神」の攻撃にあわせて、「ジュラゲド」を特殊召喚して、「ジュラゲド」で戦闘ダメージをもらいに行くという荒業も。

●ヴァンパイア・フロイライン
ライフが4000になるという効果を持つ「時戒神サディオン」がいるので、その兼ね合いからです。
「ジュラゲド」のライフ回復効果もあるので、厄介な壁になるはず。

●増殖するG
フルモンデッキゆえの採用。「雪花の光」と並ぶドローソースです。

●エフェクト・ヴェーラー、虹クリボー
「時戒神」デッキの天敵の1枚として、「百万喰らいのグラットン」を想定していたので、その対策としての意味合いも。
どちらもレベル1なので、「サクリファイス・アニマ」の素材にも最適。


■その他

_20180517_231932

●マスマティシャン
そのターンモンスターを特殊召喚していなければ、「時戒巫女」を墓地へ送って、「時戒巫女」の4番目の効果を使い、デッキから攻撃力0の「時戒神」を特殊召喚できるので、入れております。
あとは、「虹クリボー」を送って、相手からのダイレクトアタックに備えるということも。

●黒き森のウィッチ、クリッター
どちらも、「時戒神サンダイオン」以外の「時戒神」モンスターのサーチが可能なので、「時戒巫女」に続く、モンスターになります。

サーチできる範囲にそんなに違いはありませんが、「黒き森のウィッチ」が「怒炎壊獣ドゴラン」と「ジュラゲド」、「クリッター」が「ヴァンパイア・フロイライン」をそれぞれにしかサーチできないモンスターになるので、頭に入れておくといいかもしれないです。


【あとがき】
「時戒神」デッキはいかがでしたでしょうか?

「雪花の光」は、出た時からいつかは使いたいと思っていたカードでした。

_20180517_232024

幸いにも「時戒神」が攻撃力・守備力0で、戦闘・効果破壊耐性持ちということもあり、「時戒巫女」をはじめ、「黒き森のウィッチ」や「クリッター」を入れれば、フルモン構築でも困ることはないだろうと思い、作り始めました。

まだまだフルモン初心者なので、相性のいいカードを見逃しているかもしれませんが、そっと教えていただければ非常に嬉しいです。

あと、「時戒神」メタの「スキルドレイン」にどう対処するかが課題ですが、フルモンデッキなら「神獣王バルバロス」や「トラップ・イーター」を入れて、逆に利用してしまうのも手かなとか考えていたりします。
もう少し現実的に考えるなら「ペロペロケルペロス」の採用が一番となりそうですが。

フルモンデッキなりの解決策をこれから見つけたいと思います。

では、これで「雪花時戒神」デッキの紹介を終わりたいと思います。
最後までありがとうございました。


当ブログは、ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ