今回紹介するデッキは、前回の戦力チェックで取り上げた「プロンプトホーン」とイラストアドもある「夢幻崩界イヴリース」を取り入れたバニラ軸サイバース族デッキを紹介したいと思います。

では、早速サンプルレシピの紹介です↓
【サンプルレシピ】
〈モンスター22枚〉
レディ・デバッガー×3
バランサーロード×3
フレイム・バッファロー×1
バックアップ・セクレタリー×3
シーアーカイバー×1
ビットロン×1
プロンプトホーン×3
プロトロン×2
リンク・インフライヤー×2
夢幻崩界イヴリース×3

〈マジック13枚〉
ワンタイム・パスコード×2
ワン・フォー・ワン×1
星遺物を継ぐもの×3
死者蘇生×1
ハーピィの羽根帚×1
サイバネット・バックドア×3
スケープ・ゴート×2

〈トラップ5枚〉
威嚇する咆哮×3
リビングデッドの呼び声×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター15枚
トロイメア・マーメイド×1
リンク・スパイダー×1
セキュリティ・ドラゴン×1
トロイメア・ゴブリン×1
トロイメア・ケルベロス×1
ハニーボット×1
トロイメア・フェニックス×1
トロイメア・ユニコーン×1
トライゲート・ウィザード×1
サモン・ソーサレス×1
トポロジック・トゥリスバエナ×1
トロイメア・グリフォン×1
ファイアウォール・ドラゴン×1
トポロジック・ボマー・ドラゴン×2

【デッキの動かし方】+【デッキパーツについて】
シンプルにリンク召喚していくデッキです。
最終のゴールは、除去効果を持つ「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を出して、破壊効果を狙ていきますが、さらにその下に相互リンク状態になるように「トロイメア・ケルベロス」をリンク召喚して、リンクモンスターをつなげていくという布陣を作ることもできます。

一応、ここでは「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を中心に紹介したいと思います。
■トポロジック・ボマー・ドラゴン
_20180120_133851

このデッキの切り札であり、強力なモンスター除去効果を持ちます。
出し方としては、簡単に述べておくと、
●「プロンプトホーン」を使う。
_20180118_233355

※「プロンプトホーン」の詳しい使い方や展開方法についてはこちらに書いています。↓
【戦力チェック】「プロンプトホーン」の魅力に迫る!

このモンスターの効果で、レベル4のサイバース族をコストにすると、バニラモンスター3体+「プロンプトホーン」1体の合計4体を並べることができます。

なお「トポロジック・ボマー・ドラゴン」は、効果モンスターを素材指定しているため、
バニラモンスターはそのままでは素材になることはできませんが、そこは効果を持つリンクモンスターになれば良いだけなので、問題ありません。

●「夢幻崩界イヴリース」を使う。
_20180115_003712

シンプルにLINK3モンスターを蘇生すれば、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」まで行きつくことができます。
その時に、「夢幻崩界イヴリース」を相手フィールドに向いている「トポロジック・ボマー・ドラゴン」のリンクマーカー先に特殊召喚できれば、モンスター除去もできて一石二鳥になります。

また、LINK3ではなくLINK2モンスターがいる場合なら、「サモン・ソーサレス」をリンク召喚して、相手フィールドに向いている「サモン・ソーサレス」のリンクマーカー先に「夢幻崩界イヴリース」を特殊召喚。デッキ内からモンスターを特殊召喚すれば、こちらも「トポロジック・ボマー・ドラゴン」に到達します。

「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を作った後は、これらのモンスターで、「トロイメア」のリンクモンスターを作ることも可能ですが、その場合、まず相互リンク状態の「トロイメア・ケルベロス」をはじめに作らないと、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の餌食になってしまいますので、ご注意を!

_20180120_134001

その他のメインデッキのモンスターの役割としては、以下のような感じになります。
■手札から特殊召喚できる系のモンスター
・バックアップ・セクレタリー
・シーアーカイバー
・リンク・インフライヤー
の3体が該当します。

リンクモンスターの素材を増やしたり、1つ上のLINK上げにも活用できますが、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」がいる時にリンク先に特殊召喚できれば、モンスターゾーンを一掃する「ブラック・ホール」へと化けます。

また、これらとは別に魔法カードの「ワンタイム・パスコード」も似たようなことができます。


■レディ・デバッガー
_20180120_133551

自身と「バランサーロード」以外のモンスターならこのデッキでは何でもサーチ対象になります。
デッキの安定性を高めてくれるモンスターです。
「サイバネット・バックドア」と並ぶサーチカードの双璧です。


■バランサーロード
_20180118_235940

1000ライフを払って、サイバース族の召喚権を増やす効果を持っていますので、「プロンプトホーン」がいなくてもLINK2ぐらいにはなれます。

また、「サイバネット・バックドア」で除外+サーチしつつ、「バランサーロード」の除外された時の効果で、手札からレベル4以下を特殊召喚して、トポロジック系の効果を発動させるといった技もできます。


■蘇生系カード
・死者蘇生
・星遺物を継ぐもの
・リビングデッドの呼び声
の3種類を用意。

「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の破壊効果や「トロイメア」リンクモンスターの相互リンクも考えて多めに積みました。

「リビングデッドの呼び声」は、相手ターンに「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を発動させたい時用にも使えます。
なお、その時には「レディ・デバッガー」や「フレイム・バッファロー」を蘇生して、巻き込みたいところです。

_20180120_133724

【自己評価】
※5段階評価
●攻撃力:2点☆☆
下級モンスターは、最大でも1700。
リンクモンスターも「トポロジック・ボマー・ドラゴン」以外は比較的に低いので、この位置かと。

●防御力:4点☆☆☆☆
「スケープ・ゴート」や「威嚇する咆哮」もありますが、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の破壊効果を相手ターンでも発動できることを防御力に含めるとこの点数かなと。

●速さ :3点☆☆☆
バニラモンスターは必要最低限に抑えているため、手札に来てしまうと少し展開が遅くなりますし、「プロンプトホーン」だけでは動けない点も。
でも、手札が揃っていれば早いので、プラスマイナス0かなと。

●安定性:3点☆☆☆
速さの項目の部分と、墓地が肥えていないと蘇生カードが使えない点がマイナスポイント。
ですが、「レディ・デバッガー」と「サイバネット・バックドア」の2種類のサーチカードがあるのは強みです。

●除去力:5点☆☆☆☆☆
リンクモンスター頼みなところもありますが、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」と「トロイメア」リンクモンスターの除去能力に支えられて、この評価に。

_20180120_133752

【あとがき】
まさか「プロンプトホーン」の加入で、ここまで面白い展開ができるサイバース族デッキができるとは思っていませんでした。
そして、さらに「夢幻崩界イヴリース」がサイバース族という奇跡も。

実は2018年から(正確に言うと、2017年の終わりごろから)は、デッキを作る時に、重視していることが2つあって、
・面白い動きができる。
・かわいい女の子やモンスターを入れる。

ということをテーマにデッキを作っているのですが、まさか、その2つのテーマを満たすカードが新弾から、しかもサイバース族に出てくるとは、思いませんでした。

バニラ軸サイバース族デッキにとっては、今いい追い風が吹いています!

作る時は、ここからさらにオリジナリティを加えて作っていただければと思います。
バニラ軸サイバース族デッキの紹介は以上となります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ