新弾のパック等から注目したカードを戦力チェックと題して、見ていきたいと思います。

今回題材となるモンスターは、「プロンプトホーン」です!
入るデッキは限られますが、バニラ軸サイバース族デッキならかなり活かせるのではないかと考え、戦力チェックとして取り上げてみたいと思います。

ではまずは「プロンプトホーン」が持つ効果から見ていきましょう。
■プロンプトホーン
_20180118_233355
星1/闇/サイバース族/200/400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
自分フィールドのレベル4以下のサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
レベルの合計がリリースしたモンスターのレベルと同じになるように、自分のデッキ・墓地からサイバース族の通常モンスターを任意の数だけ選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。


効果は、バニラ軸寄りのサイバース族デッキなら使える効果ですね。

注意点としては、「プロンプトホーン」で特殊召喚できるのは、デッキや墓地からなので、手札に来てしまったバニラのサイバース族は対象外。
なので、あらかじめ墓地へ送っておきたいところです。


ちなみに、このカードによって特殊召喚できるサイバース族通常モンスターは、現在のところ、
プロトロン(地1/100/100)
ビットロン(地2/200/2000)
デジトロン(地2/1500/0)
の3体。

一応、「プロンプトホーン」自身もリリースすることができるので、デッキ圧縮で「プロトロン」1体を特殊召喚するという使い方もできます。

ですが、この効果を最大限に使うなら、
特殊召喚効果を持つ「バックアップ・セクレター」や「リンク・インフライヤー」、
ライフと引き換えにサイバース族の召喚権を追加できる「バランサーロード」などが相性のいいカードとなりそうです。

_20180120_133506

例えば、「バックアップ・セクレター」(レベル3)をリリースするパターンだと、
・「プロトロン」×3体
・「プロトロン」×1+「ビットロン」×1、
・「プロトロン」×1+「デジトロン」×1、
のどれかになります。

「プロトロン」の場合は、「プロンプトホーン」を含めて場にモンスターが4体、
それ以外のパターンなら3体並ぶことになるので、LINK3やLINK4のリンクモンスターが出せます。
(また、あいだにLINK1やLINK2を挟むことも可能です。)

また「バランサーロード」(レベル4)をリリースするパターンなら、
・「プロトロン」×2+「ビットロン」×1
・「プロトロン」×2+「デジトロン」×1
・「ビットロン」×1+「デジトロン」×1
・「ビットロン」×2
・「デジトロン」×2
のどれかとなります。

「プロンプト」2枚なら一気にモンスターが4体、
それ以外なら3体という感じで、こちらも手札2枚からLINK3やLINK4のリンクモンスターへの展開が可能となっています。

こちらは、ライフコストが必要になってくるパターンですが、手札2枚から4体並ぶのは熱いですね!
(「スケープ・ゴート」には敵いませんが。)

_20180118_235940

モンスターを増やすという意味では、なかなかいい仕事をする「プロンプトホーン」ですが、問題は特殊召喚するバニラモンスターの採用枚数になってくると思います。

個人的に「プロトロン」の3枚積みはデッキ構築を圧迫したり、事故率を上げそうなので、
「バックアップ・セクレター」と「バランサーロード」の例から考えると、「プロトロン」2枚、「デジトロン」か「ビットロン」のどちらかを1枚でいいかなと思います。

_20180119_000211

最後に、「プロンプトホーン」のサーチ手段ですが、こちらはステータスやサイバース族ということで、比較的に恵まれいます。

まずレベル1のため「ワン・フォー・ワン」に対応。
また、レベル3以下のサイバース族ということで、「レディ・デバッカ―」からもサーチできます。

それから攻撃力200しかないので、「サイバネット・バックドア」でもサーチしやすいステータスとなっています。



今回は、「プロンプトホーン」を取り上げてみました。バニラ軸のサイバース族デッキでは、展開力を活かし、LINK3~4が出しやすいと言えそうです。

では、このあたりで戦力チェックを終わりたいと思います。

なお、この「プロンプトホーン」を使ったデッキを後日、紹介する予定にしていますので、そちらもお楽しみに!

最後まで見ていただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ