前回、紹介したサンプルレシピはサイキック族でしたが、今回は水属性になります!

「水晶機巧(クリストロン)」に「水精鱗(マーメイル)」を入れた「水晶鱗」デッキを紹介したいと思います。

では、早速サンプルレシピの紹介。
こんな感じになりました↓
【サンプルレシピ】
〈モンスター25枚〉
水晶機巧-サルファフナー×2
水晶機巧-ローズニクス×3
水精鱗-ディニクアビス×2
水精鱗-アビスパイク×3
水晶機巧-シストバーン×3
水精鱗-アビスリンデ×3
水精鱗-ネレイアビス×2
水晶機巧-スモーガー×2
サイレント・アングラー×2
水晶機巧-クオン×3

〈マジック9枚〉
チキンレース×2
サイバネット・ユニバース×1
テラ・フォーミング×1
おろかな埋葬×1
簡易融合×2
死者蘇生×1
ハーピィの羽根帚×1

〈トラップ6枚〉
メタバース×1
クリストロン・インパクト×2
アビスフィアー×3

〈エクストラデッキ15枚〉
■シンクロモンスター9枚
水晶機巧-クオンダム×2
アクセル・シンクロン×1
水晶機巧-アメトリクス×1
白闘気白鯨×2
灼銀の機竜×1
神樹の守護獣―牙王×1
白闘気双頭神龍×1

■融合モンスター2枚
テセウスの魔棲物×2

■リンクモンスター4枚
マスター・ボーイ×2
水精鱗-サラキアビス×2


【デッキの動かし方】+【デッキパーツについて】
ゴールは、記事のタイトルにも入っている「白闘気白鯨(ホワイト・オーラ・ホエール)」のシンクロ召喚を目指し、構築しています。

なので、「白闘気白鯨」を出す事を中心にして、デッキパーツを紹介していきたいと思います。

■白闘気白鯨
_20180111_012942
シンクロ召喚時の相手モンスター除去、1度のバトルフェイズで2回までモンスターに攻撃でき、守備貫通持ち。
さらに、相手によって破壊され墓地へ送られたら墓地の水属性を除外で、チューナー扱いで蘇生と良き性能を持っています。

特に、シンクロ召喚時の相手モンスター除去を活かしたいので、自分のターンだけでなく、相手ターンでも、シンクロ召喚できるようにしています。

<自分のターンで出すパターン>
手札に以下のようなカードが来たら出せちゃうシンプルなパターンです。
collage-1515602397492

●水精鱗-ディニクアビス+水晶機巧-クオン
「水精鱗-ディニクアビス」の効果で自身を特殊召喚してから「水晶機巧-クオン」を通常召喚してシンクロするパターンです。

●レベル3の水属性モンスター+簡易融合
「簡易融合」で「テセウスの魔棲物」を特殊召喚して、レベル3の水属性モンスターを通常召喚して、シンクロ召喚という感じになります。


〈相手ターンで出すパターン〉
主に「クリストロン」を使います。
「クリストロン」には、以下の共通効果を持ってます。
自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「クリストロン」チューナー1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族シンクロモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

この効果を使って、「水晶機巧-クオン」を特殊召喚して、自分のターンで「水晶機巧-クオンダム」を作りつつ、水属性レベル4モンスターを用意して、相手にターンを渡すという流れになります。


具体例としては、2つのパターンがあります。
collage-1515602489812
●レベル3の「クリストロン」モンスター+サイレント・アングラー
これに、さらに破壊する自分の表側のカードが必要になりますが、「水晶機巧-クオンダム」をシンクロ召喚して、「サイレント・アングラー」を特殊召喚すると、上記で説明した状況を作ることができます。

●水晶機巧-サルファフナー+非チューナーの下級「クリストロン」モンスター
こちらは手札コストとして「クリストロン」カードが必要になります。

「水晶機巧-サルファフナー」の特殊召喚からはじめて、レベル3or4の「クリストロン」モンスターを通常召喚。

「水晶機巧-サルファフナー」破壊して、「水晶機巧-クオン」を特殊召喚。

そして、「水晶機巧-サルファフナー」の破壊された場合の効果で、通常召喚されたモンスターとレベルが異なる「クリストロン」モンスターを特殊召喚で、レベル3とレベル4、そしてレベル1チューナーが並びます。

あとは、「水晶機巧-クオンダム」を作れば、パターンは同じになります。


■白闘気双頭神龍
_20180111_013408
「神龍トークン」生成効果と、相手の効果で破壊された場合に、「神龍トークン」がいれば、守備表示で蘇生する効果を持ってます。

白鯨に比べると、派手さはないですが、攻撃力が高く、戦闘に参加できる「神龍トークン」も、同じ攻撃力・守備力を持つので、狙える時は狙ってみてもいいかもしれません。

このサンプルレシピの出し方としては、「水晶機巧-サルファフナー」+「水晶機巧-ローズニクス」で、出すことができます。

「水晶機巧-ローズニクス」で「水晶機巧-サルファフナー」を破壊して、「水晶機巧-クオン」を特殊召喚して、「水晶機巧-サルファフナー」の破壊された時の効果でデッキから「水晶機巧-サルファフナー」を特殊召喚して、「アクセル・シンクロン」をシンクロ召喚しておけば、相手ターンに「白闘気双頭神龍」になれます。


■水精鱗(マーメイル)
_20180111_013503

・水精鱗-ディニクアビス
・水精鱗-アビスパイク
・水精鱗-アビスリンデ
・水精鱗-ネレイアビス

「マーメイル」はサーチしたり、防御力を固めたり、リンク召喚をしたりと言った裏方的な役割になります。

特に「水精鱗-アビスパイク」は、レベル3の「クリストロン」もサーチできるので、重宝します。

その時に「水晶機巧-サルファフナー」を捨てれるとGoodです。

「水精鱗-ネレイアビス」は、クリストロン以外で能動的に「水晶機巧-サルファフナー」を破壊したり、攻撃力を上げたり、墓地へ送られた時に手札の入れ替えができるので、覚えておくといいでしょう。

「マーメイル」専用の罠カード、「アビスフィアー」で、これらのモンスターをデッキから特殊召喚できますが、基本的に「水精鱗-アビスリンデ」を特殊召喚でいいでしょう。

「アビスフィアー」が残っていたら、「クリストロン」で処理して、「水精鱗-アビスリンデ」の効果も発動ということもできます。

■サイバネット・ユニバース
_20180111_013617
サンプルレシピで、一番謎なカードだと思っていますが、2番目の効果を使って、「水晶機巧-クオン」を枯渇させないためという理由で入れてます。

「クリストロン」チューナーは、3枚しか入っていないため、手札に2枚以上来たり、使いきったりすると、「クリストロン」の共通効果を使った展開法が使いづらくなってしまうので、それを避けるために「サイバネット・ユニバース」を採用してみました。

ここは「貪欲な壺」でもいい気がしますが、一応、フィールド魔法で、さらにEXモンスターゾーン除去がついているので、「クリストロン」で破壊できたり、墓地の枚数を気にせずに、使える点があるので、もう少し使ってみます。


【自己評価】
紹介したサンプルレシピを5つの項目で、5段階評価してみたいと思います。
●攻撃力:3点☆☆☆
「マスター・ボーイ」や「水精鱗―サラキアビス」で、攻撃力をもう少し上げることができますが、リンクを頻繁に使うタイプではないので、「白闘気白鯨」の攻撃力2800がメインになってくる。
下級も、それほど高いモンスターは少ない。

●防御力:4点☆☆☆☆
一部モンスターに破壊された時の効果があったり、守備力が高いモンスターもいるので、攻撃力に比べたら少し高め。

●速さ :2点☆☆
速さに関しては、「クリストロン」の共通効果での制約があるため、普通よりかは遅めになってしまいます。

●安定性:3点☆☆☆
違うカテゴリーですが、共通するレベルだったり、「水精鱗―アビスパイク」でサーチできたりなどシナジーもあるので、普通ぐらいかと。

●除去力:3点☆☆☆
ほとんどEXデッキのモンスター頼りですが、表側表示限定の「サンダー・ボルト」効果を持つ「白闘気白鯨」や「ハーピィの羽根帚」が入っているので、普通ぐらいでしょう。
_20180111_014753
以上が、「水晶鱗(クリストロン・マーメイル)」デッキの紹介でした!
「白闘気白鯨」頼みな部分は否定できませんが、水属性は楽しいですね。

では、このあたりで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力をお願いします!

人気ブログランキングへ