※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

今日は、ストラクの発売日ですね。
カードリストと簡単ではありますが考察や感想を書きましたので、読んでいただければと思います。
_20171208_180147
【レアリティ別】
【ウルトラ】
セグメンタル・ドラゴン
パワーコード・トーカー

【スーパー】
シーアーカイバー
フレイム・バッファロー
レディ・デバッガー

【パラレル】
ストームサイファー
サイバース・ガジェット
トーチ・ゴーレム
パケットリンク
トラフィックゴースト
LANフォリンクス


【カードリスト】
01.ドングルドングリ
02.ガベージコレクター
03.シーアーカイバー(スーパー)
04.フレイム・バッファロー(スーパー)
05.レディ・デバッガー(スーパー)
06.アンチエイリアン
07.ストームサイファー(パラレル)
08.セグメンタル・ドラゴン(ウルトラ)
09.サイバース・ガジェット(パラレル)
10.トーチ・ゴーレム(パラレル)
11.ジュラゲド
12.幻獣機テザーウルフ
13.輪廻天狗×2
14.スカル・マイスター
15.同族感染ウィルス
16.ゴブリンドバーグ
17.幻銃士
18.A・ジェネクス・バードマン
19.魔導雑貨商人
20.クラスター・ペンデュラム
21.ドロール&ロックバード
22.サイバネット・ストーム
23.ナイト・ショット
24.死者への供物
25.禁じられた聖杯
26.スケープ・ゴート
27.光の護封剣
28.名推理
29.ワン・フォー・ワン
30.盆回し
31.パケットリンク(パラレル)
32.荒野の大竜巻
33.蟲惑の落とし穴
34.業炎のバリア -ファイヤー・フォース-
35.トラップ・スタン
36.安全地帯
37.リビングデッドの呼び声
38.無謀な欲張り
39.透破抜き
40.パワーコード・トーカー(ウルトラ)
41.トラフィックゴースト(パラレル)
42.LANフォリンクス(パラレル)

【収録カードの考察】
■新規カードについて
~ウルトラ・スーパー編~
●パワーコード・トーカー
_20171209_113239
LINK3の汎用リンクモンスターにこれからなりそう。

効果無効だけでも充分ですが、リンク先のモンスターをリリースすれば、元々の攻撃力を倍にするので、4600で殴れますね。

サイバース族では、特殊召喚できる「バックアップ・セクレタリー」や「リンク・インフライヤー」あたりがいるので、そのあたりを使えば、すぐに使えます。


●セグメンタル・ドラゴン
_20171209_113312
パッと見ると「ファイアウォール・ドラゴン」の親戚かなと思いました。
リリースなしで召喚(いわゆる妥協召喚)できるモンスターで、相手ターンにでもモンスター除去ができるモンスター。

ただ、妥協召喚をした場合は、攻撃力1300以下しか破壊できないので、何かしらの工夫が必要。

破壊をトリガーにするカード(機皇帝など)とは、相性が良さそう。


●シーアーカイバー
_20171209_113401
今回の光り物の中では、パワーコードに次ぐ、汎用モンスターになり得るカード。

効果は、リンク先にモンスターが召喚・特殊召喚されたら、手札・墓地から特殊できるモンスター。

リンクモンスターを使うデッキでは、比較的使いやすいかと思います。


●レディ・デバッガー、フレイム・バッファロー
collage-1512787716620
効果は、どちらもサイバース族向けですが、
「レディ・デバッガー」は、召喚・特殊召喚時に、レベル3以下のサイバース族をサーチとなっています。

「フレイム・バッファロー」は、フィールドから離れるとサイバース族を1枚捨て2枚ドロー。

「フレイム・バッファロー」は、リンク素材にしてもいいし、「サイバネット・バックドア」や「A・ジェネクス・バードマン」のようなカードで、フィールドから離せばいいので、発動機会は多いでしょう。

手札に戻した場合は、自身をコストに捨てることができるみたいなので、覚えておくといいでしょう。

サイバース族では、汎用的な効果を持ち、こだわりがなければ、基本的には入れやすい分類のカードになると思います。


~パラレル編~
●パケットリンク
_20171209_113508
自分・相手のメインフェイズ2に、
手札・デッキ・墓地からレベル2以下をリンク先に任意の数だけ特殊召喚できるカード。

特殊召喚した後は、さらにリンク召喚するなどの動きができます。

10期のテーマだと「星杯」や「クローラー」、9期だと、「LL(リリカル・ルスキリア)」などに入れると面白そう。

サイバース族では、「ドングルドングリ」や「ガベージコレクター」、「スタック・リバイバー」、「ドットスケーパー」あたりを出せるといいのかも。

効果が無効にならないのもポイントが高いですね。

ハイロン的には、新規カードで一番気になったカードでもあります。


●トラフィックゴースト、LANフォリンクス
collage-1512788034089
効果はないですが、素材指定が緩いのが特徴のLINK3と2のリンクモンスター。

リンクモンスターのカードプールが充実してくるまでは、少しお世話になりそう。


~ノーマル編~
●ドングルドングリ
_20171209_113652
特殊召喚時に、トークン1体を特殊召喚できるモンスター。

墓地から蘇生させればいいと思いましたが、効果を無効にして特殊召喚するタイプが多いので、意外と思いつかない…。

「ガベージコレクター」や「スタック・リバイバー」、「ワン・フォー・ワン」等で特殊召喚するのがベスト?


●ガベージコレクター
_20171209_113717
サイバース族を手札に戻して、戻したモンスターと同じレベルでカード名が異なるサイバース族を特殊召喚できるモンスター。

やはり一番は、「フレイム・バッファロー」を戻したいところですが、速効性で行くなら「バックアップ・セクレタリー」になるかと。

サーチ先は、レベル3なら「ドラコネット」や「シーアーカイバー」あたりが狙い目。


●アンチエイリアン
_20171209_113800
新規カードで判明するのが遅かったカード。
このカードが戦闘を行えば、手札からサイバース族を召喚できるという変わったタイミングでの発動する効果を持ちます。

ポイントは「召喚」なので、召喚時にしか効果を発動できない「サイバース・ガジェット」や「ドラコネット」が適しています。

これにより、とりあえずこのカードで様子を見て、バトルフェイズで召喚。メインフェイズ2に展開という形ができそうですし、追撃を加えることもできそうですね。

おまけとして、相手の効果でフィールドから離れるとデッキから1枚ドローできる効果もついてます。

召喚した時に効果を発動するサイバース族が増えれば、もっとこのカードの利用価値が上がるかもしれません。


●サイバネット・ストーム
_20171209_113838
2000以上の戦闘・効果ダメージを受ければ、エクストラデッキからサイバース族リンクモンスターを特殊召喚できるチャンスが生まれるフィールド魔法。

エクストラデッキを全てサイバース族で固めて置けば、必ず出せることになります。
(アニメのスキルのような効果ですね。)

ただ、相手がこのカードがある状態で、2000以上の戦闘・効果ダメージを与えてくるとは思えないので、自爆特攻を覚悟で受けにいくしかなさそう。

アニメごっこをするにあたっては、面白いフィールド魔法。


■再録カードについて
今回は、手札誘発系やトークン生成系、懐かしいのカード系と多岐に分かれます。

「トーチ・ゴーレム」やこのストラクの内容では回せない「盆回し」、
レアカードで高かった「ジュラゲド」、トークンを生成できる「幻銃士」と手に入れにくかったカードを筆頭に、
「輪廻天狗」や「サイバース・ガジェット」、懐かしいの「同族感染ウイルス」や「魔導雑貨商人」、
「名推理」、「光の護封剣」、「荒野の大竜巻」、「安全地帯」、「トラップ・スタン」、
スキップ系の「死者への供物」や「無謀な欲張り」が入っているのは、少し気になるところですが、1000円を超えるような再録になっています。


最後にまとめると、今回は、再録も素晴らしい内容で、新規の優秀なサイバース族によって、ようやくサイバース族デッキが作れそうなストラクチャーデッキだと言えそうです。

最後までありがとうございました。