ブースターSPの発売からだいぶ経っているので、今さら感がありますが、「D―HERO」デッキを紹介したいと思います。

ある程度はできていたのですが、細かい調整をしていたので、紹介が遅れました。
(楽しみにしていた方は、すいません。)

デッキレシピは、こんな感じです↓

【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
E・HERO エアーマン×1
D―HERO ディバインガイ×3
D―HERO ドリルガイ×3
D―HERO ディシジョンガイ×2
D―HERO ダイヤモンドガイ×3
終末の騎士×1
D―HERO ディアボリックガイ×3
ゾンビキャリア×2
EMトランプ・ウィッチ×2

〈マジック15枚〉
おろかな埋葬×1
増援×1
デステニー・ドロー×3
闇の誘惑×3
融合×3
死者蘇生×1
大欲な壺×1
禁じられた聖槍×2

〈トラップ5枚〉
ロケットハンド×1
幻影翼×1
幻影剣×1
闇次元の解放×2

〈エクストラデッキ15枚〉
D―HERO デッドリーガイ×2
D―HERO ディストピアガイ×2
彼岸の巡礼者 ダンテ×1
スターダスト・チャージ・ウォリアー×1
瑚之龍×1
煉獄龍 オーガ・ドラグーン×1
ヴェルズ・ナイトメア×1
ヴェルズ・タナトス×1
No.39 希望皇ホープ×1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング×1
No.24 竜血鬼ドラギュラス×1
永遠の淑女 ベアトリーチェ×1
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ×1



【デッキ戦術】
発売から時間が経っているので、それぞれの召喚法に着目して紹介したいと思います。

■融合召喚
_20160822_123052

このデッキで融合召喚できるのは、「D―HERO デッドリーガイ」と「D―HERO ディストピアガイ」の2種類。

「禁じられた聖槍」や「ロケットハンド」、「幻影翼」、「幻影剣」の攻撃力増減カードがあれば、「D―HERO ディストピアガイ」を出すといいでしょう。

ただ、このデッキでは墓地肥やし効果がある「D―HERO デッドリーガイ」を優先したいです。

「D―HERO デッドリーガイ」の融合素材として最適なのは、「D―HERO ディアボリックガイ」+「ゾンビキャリア」の組み合わせです。

この組み合わせだと、後で紹介するシンクロ召喚やエクシーズ召喚に繋ぐことができます。
(もちろん、これらを「D―HERO デッドリーガイ」の墓地肥やしの発動コストにするのもOKです。)

「D―HERO デッドリーガイ」の墓地肥やしで送りたいのは、やはり「D―HERO ディバインガイ」でしょう。
(融合素材で使えなかった場合は、「D―HERO ディアボリックガイ」でもOKです。)

融合とデッドリーガイの効果で、手札を多く使ってしまうので、少しだけですが、次のターンで補うことができます。


■シンクロ召喚
_20160822_123113

チューナーの「ゾンビキャリア」を使います。
自己再生効果を使うので、あらかじめ「ゾンビキャリア」を墓地へ送っておいてください。

レベル4の「D―HERO」を使えば、レベル6の「スターダスト・チャージ・ウォリアー」や「瑚之龍」になれます。

また、「D―HERO ディアボリックガイ」とともに、レベル8の「煉獄龍 オーガ・ドラグーン」になることもできます。

「煉獄龍 オーガ・ドラグーン」は、「D―HERO デッドリーガイ」を融合召喚した後からの展開で出すのがいいでしょう。

「D―HERO デッドリーガイ」+「ゾンビキャリア」の効果を使うと、手札が0枚になっていることが多いので、効果を使える状態になっていることが多いです。
(さらに手札が0枚ということは、「D―HEROディバインガイ」を使える可能性もあります。)


■エクシーズ召喚
_20160822_123139

ランク4は、「D―HERO ドリルガイ」の効果を使って、レベル4を2体並べてエクシーズ召喚するのがパターンです。

「D―HERO デッドリーガイ」orレベル6のシンクロモンスターと「D―HERO ディアボリックガイ」で、ランク6を作ることができます。

「永遠の淑女 ベアトリーチェ」か「No.24 竜血鬼ドラギュラス」が優先になります。

「No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ」は、劣勢時や相手モンスターの攻撃力0にしたら、勝てる場合などで出すといいでしょう。



【あとがき】
いろんな召喚法を使うには、「D―HERO ディアボリックガイ」が鍵になります。

融合→シンクロ→エクシーズの順番で使うと、3枚の「D―HERO ディアボリックガイ」を有効に使えます。

「煉獄龍 オーガ・ドラグーン」は、ファイルに残っていたレベル8のシンクロモンスターで、「D―HERO ディバインガイ」の存在や、融合召喚+αにより手札が0枚になりやすかったのを逆に利用できるので、採用してみました。

レベル8をシンクロ召喚できるなら、候補として入れてみたらいかがでしょうか?

はじめのころは、チューナーを「レッド・リゾネーター」にしてましたが、結局「ゾンビキャリア」になってしまいました。

また、初期のころは「マスク・チェンジ」等を入れていましたが、
個人的に、すでに完成されている「マスクHERO」デッキを差し置いて、わざわざ「D―HERO」デッキでも同じことをする意味があるのかな?と疑問を感じたので、抜きました。

(なお、デッキの底力をあげるために、入れるのはありだと思います。)

以上で「D―HERO」デッキの紹介を終わります。
最後まで、読んでいただきありがとうございました。