遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

遊戯王ドラフト研究所!へようこそ!!
当ブログは、大会とは無縁の管理人が、遊戯王(サンプルレシピの紹介や開封結果、シングル買いなど)について書いている個人ブログになります。

Twitterもしているので、よろしければフォローもお願いします。
遊戯王ドラフト研究所!の管理人ハイロン↓
@hairon36

【コラム】Vジャンプ5月号についてのコメント!


さて今回のコラムは、Vジャンプについて取り上げてみたいと思います。
今月号はいつもより1日早い20日発売となっていますので、ご注意くださいね。

では、付録カードから見ていきたいと思います。
付録カード
今月は「シューティング・ライザー・ドラゴン」です。

_20180320_005720

カッコいい~☆

レベル7以下限定とは言え、エクストラデッキに「おろかな埋葬」を内蔵したモンスターがいるのは心強いですね。
(ただし、墓地へ送ったターンにはその同名モンスターの効果を使えませんので、もし墓地へ送ったモンスターの効果を使うなら次のターン以降になりますが。)

シンクロチューナーなので、「水晶機巧―ハリファイバー」の効果で出せるシンクロモンスターになります。


コレクターズパック2018
「ゴッドオーガス」、「時械神サンダイオン」、「No.90 銀河眼の光子卿」、「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」の4枚が公開。
これでウルトラ枠が全て埋まることになりました。

_20180320_005939

今回も「No.(ナンバーズ)」がいるので、ナンバーズハンターとして、パック剥きまたはシングル買いで狩る活動ができます。

この中で驚いたのは、「ゴッドオーガス」と「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」の2枚。

まず、「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」は、アニメで登場して、次の4月のパックで入るのだろうなと思っていましたが、まさかのコレクターズパックに入れてきました。(そっちかという意外性!)

それから「ゴッドオーガス」のOCG化は、驚きとともに思わず懐かしさがこみ上げてきました。
ちなみに、効果もサイコロにちなんだ効果となっています。
(3回中、3・4のどちらかを2回出した時は、とてもおいしい効果ですね。)

そういえば初代でまだOCG化していないシリーズに、ダンジョンダイスのモンスターがありましたね。
他のモンスターも御伽くん枠で収録してくるのでしょうか?

あと初代関連で、マンガの遊戯王Rで天馬月光くんが使うカード達もお願いします。(個人的希望)

~オマケ~
OCG化のお祝いして、ダンジョンダイス版の「ゴッドオーガス」を載せておきます。

攻撃力アップしかなかったのですね↓

_20180320_012300


サイバネティック・ホライゾン
まず大きな(?)ニュースとしては、レアリティに「20thシークレットレア」が新たに登場したことでしょうか。

効果欄の「20th」の部分がどう見えるのか、非常に気になるところですが、20周年にふさわしいレアリティになりそうですね。

収録カードもいろいろと判明しましたが、今回は儀式推しの内容になりそう。
Playmakerのカードやルイン&デミス、儀式サポートモンスター「魔神儀(デビリチャル)」など儀式関連が判明しました。
(それにしても、ルイン様。お美しい。)

_20180320_011349

特に今回は、儀式サポートカードの力の入れ方がすごいですね!
特に「魔神儀(デビリチャル)」と「マンジュ・ゴッド」が手札にあれば、儀式素材を用意しつつ、儀式モンスターと儀式魔法が揃って、だいたいの儀式召喚に対応できるのは、いいですね。

また、変わった儀式モンスターの疑似サーチから、儀式魔法の代わりまでこなす永続罠カードの「リターン・オブ・ザ・ワールド」もなかなかのサポートカードになりそうです。
(相手ターンに儀式召喚できるのもポイント高い。)

儀式関連以外では、「サイバー・ドラゴン」や「ドラグニティ」の強化もあって、体験会もやるとのこと。
どちらのテーマも面白そう。

体験会の開催から、これらのテーマにもまだ新規が出る可能性が残っていそう。

_20180320_011258


スターターデッキ2018
「ライドロン」、「テクスチェンジャー」、「トランスコード・トーカー」、「サイバネット・リグレッション」の4枚が判明。

_20180320_010917

「テクスチェンジャー」は、一瞬、山本先輩かと思いました(笑)

もし効果が手札誘発だったら「プロンプトホーン」デッキに入れようかなと思いましたが、残念ながら不採用になりそうです。
(すいません。山本先輩…。)

_20180320_010823

「トランスコード・トーカー」は、サイバース族デッキのEXデッキに1枚は入れておきたいところ。

リンク3以下のサイバース族を特殊召喚する効果(2番目)については、よくありがちな『リンク召喚に成功した場合』という記載がないので、一度墓地へ送られても、積極的に蘇生して相互リンクにして、1番目の効果に繋げたいですね。

「サイバネット・リグレッション」は、自分のリンクモンスターの特殊召喚時に、フィールドのカード1枚破壊&1枚ドローと悪くはない効果ですが、罠カードと言う部分が少しネック。

永続魔法や永続罠カードだったら、使い勝手は格段に違っていました。
幸い、こちらもリンク召喚時でないので、その部分を活すことができるなら、使い道がありそうです。


その他
・20周年アニバーサリーキャンペーン第2弾・第3弾
サプライを含む新品のOCG関連商品を1000円ごとに1パックもらえる「SPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDITION Vol.1」が第2弾、

「サイバネティック・ホライゾン」20パック分のバーコードを1口分として、応募できる純銀製「青眼の白龍」が第3弾として、正式発表されてます。

純銀製「青眼の白龍」の方は、当たったら家宝になりそうですね。
(純金製の方もバーコードで応募の形になるのでしょうか?)

詳しくはこちら(公式HP)です↓
http://www.yugioh-card.com/japan/20th/

・来月号の付録:「希望の魔術師」
_20180320_010759

ランク4で光属性というステータスしかわかりませんが、名前からホープと魔術師に関連しそうな気もしますが...。
こういうコラボ、ありそうでなかったので、効果にも期待してます。


ざっくりでしたが、以上がVジャンプ5月号についてのコメントでした。
最後までありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【コラム】新制限適用による手持ちデッキへの影響について!


Vジャンプの発売に先駆けて、公式が4月1日からの新制限を発表し、その中身が判明しましたね。

おさらいしておくと、
【禁止】(デッキに入れれません🙅)
フェニキシアン・クラスター・アマリリス
BF―朧影のゴウフウ

【制限】(デッキに1枚だけ!)
虹彩の魔術師
D-HERO ディスクガイ(※エラッタあり)
トーチ・ゴーレム
覇王眷竜ダークヴルム
捕食植物オフリス・スコーピオ
ローンファイア・ブロッサム
エルシャドール・ネフィリム
エルシャドール・ミドラーシュ
召喚獣メルカバー
ルドラの魔導書

【準制限】(デッキに2枚✌️)
灰流うらら
召喚師アレイスター
真竜の継承
神の宣告

【制限解除】(デッキに3枚。自由の身♪)
召喚僧サモンプリースト
同族感染ウイルス
輪廻天狗
グリモの魔導書
貪欲な壺
氾神の帝王
モンスターゲート

という中身に。

いろいろと思うところがあるかと思いますが、
管理人としての感想は、多少のサプライズ感はあるものの、何かしっくり来ています。

(シャドール使いが待ち望んでいた「エルシャドール・ネフィリム」の復帰は、素直に嬉しいですね。)

管理人の感想をもう少し書いてもいいのですが、今回は、新制限適用による手持ちデッキへの影響というタイトルなので、そちらへ入りたいと思います。

今回の新制限によって、デッキ構築を見直さなければならなくなった手持ちのデッキは、

1.覇王魔術師ブラック・マジシャン
2.アロマージ
3.捕食堕天使
4.召喚獣シャドール
5.バスター・ブレイダー
の5つでした。

■覇王魔術師ブラック・マジシャン
【規制カード→覇王眷竜ダークヴェルム】
_20180316_143656

「覇王魔術師ブラック・マジシャン」デッキは、ブログでも紹介したことがありますが、「覇王眷竜ダークヴェルム」は、主に「魔術師」をペンデュラム召喚する(厳密には、ペンデュラムゾーンの安定供給の)ために、入れていました。

「覇王眷竜ダークヴェルム」の制限化によってデッキを見直した結果、「慧眼の魔術師」や「虹彩の魔術師」、「ペンデュラムグラフ」魔法・罠カードを入れて、「魔術師」寄りに固めました。

これからは「魔術師ブラック・マジシャン」として構築を維持していきたいと思います。


■アロマージ
【規制カード→ローンファイア・ブロッサム】
_20180316_143718

またしても、植物族デッキを影で支えるモンスターが規制されました。

「アロマージ」デッキでは、「アロマージ―ベルガモット」をリクルートしてくる役割もありました。

1枚でも頑張れそうですが、これからは似たような効果を持つリンクモンスターの「アロマセラフィ―ジャスミン」を活かすような構築になりそう。

空いた枠は、今では手に入りやすくなった「ジュラゲド」で埋めてみようと思います。


■捕食堕天使
【規制カード→捕食植物オフリス・スコーピオ】
_20180316_143740

「捕食堕天使」デッキで、「捕食植物オフリス・スコーピオ」は、「捕食植物サンデウ・キンジー」をリクルートしてくるのに使っていました。

そしてその後、レベル8以上の「堕天使」とともに、「グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚するという流れ。

制限によって空いた枠は、入れていなかった「ローンファイア・ブロッサム」や「終末の騎士」→「捕食接ぎ木」で蘇生という形で穴埋めしたいと思います。


■召喚獣シャドール
【緩和カード→エルシャドール・ネフィリム】
【緩和カード→召喚師アレイスター】
【規制カード→エルシャドール・ミドラーシュ】

_20180316_143801

「エルシャドール・ネフィリム」の緩和で、光属性を活かしやすくなったのと、リンクモンスターの「シャドール・ネフィリム」の融合先が増えた部分はいいのですが、やはり「エルシャドール・ミドラーシュ」の制限が痛手。

ですが、この機会に地属性や炎属性の「シャドール」融合モンスターへシフトしてみたり、「召喚獣」に寄せるような構築や、「クインテット・マジシャン」を活かすような構築を試してみる価値はありそう。
(まだ、方向性は固まってません。)


■バスター・ブレイダー
【規制カード→BF―朧影のゴウフウ】
_20180316_143823

最近、ツイッター上で公開したデッキでしたが、制限に引っ掛かってしまいました。

「BF―朧影のゴウフウ」は、リンク素材を増やしながら、「ワンチャン!?」の発動条件を満たしつつ、召喚権を残せるモンスターだったので、重宝してました。

さすがにリンク素材の部分は補えませんが、「ワンチャン!?」の発動条件の部分は、これからは「ジェスター・コンフィ」や「デビルズ・サンクチュアリ」、「閃刀機―ホーネットビット」で、穴埋めはできそう。


【あとがき】
私の場合は、今回の新制限発表で、上記の5つのデッキを見直さなければならなくなりましたが、皆さんのお手持ちのデッキへの影響は、いかがでしたでしょうか?

植物族デッキや「捕食植物」デッキ、「魔術師」ペンデュラムデッキあたりの規制が強いですが、手持ちデッキを見直してみて、まだ考えれば何とかなりそうな感じもしました。

今回の新制限によって、9期のカードへの規制がある程度は、落ち着いたのかなと思います。
(何か忘れているかもしれないですが...。)

10期に入って1年が経とうとしているので、次からはいよいよ10期のテーマにも規制の手が及ぶこととなるのでしょうか。

では、このあたりで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【デッキレシピ】ストラクRでアップデート!「閃刀姫召喚獣」デッキ!!


先日書いた通り、今回は「ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-」のカードを取り入れた「閃刀姫召喚獣」デッキのアップデート版を紹介します。

新リミットレギュレーションが発表されましたが、このデッキに関しては規制がなかったので、そのままの形で紹介させてもらいます。

(「閃刀姫」にとっては、追い風になりそうな改訂と言えそうですが、新リミットレギュレーションについては、後日触れたいと思います。)

_20180312_005528

では、早速、サンプルレシピの紹介に参りたいと思います。
【サンプルレシピ】
〈モンスター10枚〉
闇黒の魔王ディアボロス×1
古代の機械巨竜×2
悪王アフリマ×3
閃刀姫-レイ×2
召喚師アレイスター×1
惑星探査車×1

〈マジック30枚〉
閃刀空域-エリアゼロ×2
歯車街×3
暴走魔法陣×2
おろかな副葬×2
テラ・フォーミング×1
閃刀起動-エンゲージ×3
古代の機械射出機×3
召喚魔術×2
閃刀術式-アフターバーナー×2
閃刀術式-ジャミングウェーブ×2
盆回し×2
マグネット・リバース×1
閃刀機-ウィドウアンカー×2
閃刀機-ホーネットビット×3

〈トラップ0枚〉
なし

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター7枚
閃刀姫-カガリ×3
閃刀姫-シズク×2
クリフォート・ゲニウス×1
暴走召喚師アレイスター×1

■融合モンスター5枚
召喚獣コキュートス×1
召喚獣プルガトリオ×2
召喚獣メガラニカ×2
召喚獣エリュシオン×1

■エクシーズモンスター3枚
No.23 冥界の霊騎士ランスロット×1
聖刻神龍-エネアード×1
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1

_20180312_005705

【デッキについて】
「閃刀機-ホーネットビット」から「閃刀姫-カガリ」を出した後、
「歯車街」を破壊して、「古代の機械巨竜」を特殊召喚したり、
「召喚獣」を融合召喚したりして、モンスターを並べて相手のライフを削っていくデッキです。

それに加えて、今回のストラクRの発売によって、闇属性モンスターがリリースされれば「闇黒の魔王ディアボロス」を展開することが可能になったり、ランク8のエクシーズ召喚がしやすくなりました。

前回からの大きな変更点は、主に以下のようになります。
「闇黒の魔王ディアボロス」と「悪王アフリマ」の加入
「闇黒の魔王ディアボロス」の加入によって、ようやく「閃刀姫-レイ」のリリース効果の使用にも、意義が生まれてきました。

そこにリリース効果でドローできる「悪王アフリマ」が加わり、さらに「闇黒の魔王ディアボロス」を特殊召喚できるようにしました。

_20180312_011550

「古代の機械巨竜」への変更
この枠は、以前ならレベル9の「古代の機械熱核竜」でしたが、レベル8の「闇黒の魔王ディアボロス」の存在もあり、レベル8の「古代の機械巨竜」にしました。

今回のアップデートにより、
墓地に「闇黒の魔王ディアボロス」と「古代の機械射出機」がある状態で、「歯車街」と闇属性でリリースできる効果を持つモンスターが手札にあれば、レベル8を2体並べることができるので、前回に比べるとエクシーズ召喚への機会は増えました。

_20180312_011733

「盆回し」の採用
前回のレシピを投稿した時に頂いたコメントから採用しました。
(ありがとうございます!)

投稿した時は、「歯車街」を相手に送りつけてそれを破壊するという発想が全くなかったので、頭が固すぎました。(反省)

送りつけた「歯車街」は、「閃刀術式-ジャミングウェーブ」で除去して「古代の機械巨竜」を特殊召喚という流れに。

_20180312_011830

ランク9→ランク8への変更&増量
「古代の機械熱核竜」→「古代の機械巨竜」への変更に伴い、エクシーズモンスターのランクも変更。

これまでは、エクシーズ召喚はワンチャンスでしたが、並べる手段が1つ増えたので、リンクや融合モンスターの枠を少し削って、少し増量。

また融合モンスターの「召喚獣メガラニカ」がレベル8だということもあり、さらにランク8が出しやすくなっています。

ちなみにランク8ですが、汎用で固めてみました。
「No.23 冥界の霊騎士ランスロット」や「No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」は、とくに説明は不要かと思います。

「聖刻神龍-エネアード」についてですが、レベル8を2体並べた時に、「闇黒の魔王ディアボロス」の特殊召喚効果を使っていない場合、つまり(例)のようなパターンが狙い目です。
(例)
・「歯車街」と「古代の機械射出機」で2体並べた時。
・「召喚獣メガラニカ」の融合召喚+「歯車街」破壊からの「古代の機械巨竜」の特殊召喚した時。

このような時に、リリースできる「聖刻神龍-エネアード」で、自分フィールド上の闇属性をリリースして、相手のカードを除去しつつ、「闇黒の魔王ディアボロス」の特殊召喚ができる点が、他のランク8には真似できない部分になります。

なお、自分フィールド上の闇属性をリリースするなら「召喚師アレイスター」や「暴走召喚師アレイスター」あたりが適任かと。

(まあでも、「悪王アフリマ」や「閃刀姫-レイ」があればここまでしなくてもいいですが、ランク8を出せる時の1つの選択肢として、覚えておいてもいいかもしれません。)

_20180312_012323


【自己評価】
_20180302_020653

●戦闘力:5点☆☆☆☆☆
●防御力:1点☆
●展開力:5点☆☆☆☆☆
●安定性:3点☆☆☆
●除去力:4点☆☆☆☆

主な変更点は以上になります。
アップデート後の自己評価ですが、
「闇黒の魔王ディアボロス」の加入やエクシーズモンスターの見直しによって、戦闘力と除去力の評価を1つずつ上げました。

なお、防御力と安定性については、前回から魔法カードの取捨選択をしましたが、「閃刀姫」デッキの性質上、評価は据え置きました。

以上がストラクRを取り入れたアップデート後の「閃刀姫召喚獣」デッキの紹介になります。
最後まで見ていただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【コラム】ストラクRで手持ちのデッキを強化!


皆さん、こんにちは。
今日は、待ちに待ったストラクチャーデッキRとプレミアムパック20の発売日ですが、もう手に入れれましたか?

_20180310_111027

プレミアムパック20の方は、すでに手に入れていたので、ストラクチャーデッキRの方を3つ買ってきました。

_20180310_111154

今回のストラクチャーデッキRの新規カードは、効果も汎用的なものが多く、背景や光り方がマッチしていて、カッコいい感じになってますね。
(特にディアボロス様、見とれてしまう。)


ところで皆さんは、ストラクチャーデッキRの新規カードをどのデッキに入れて強化しますか?
(または入れる予定ですか?)

私の場合は、「闇黒の魔王ディアボロス」と「悪王アフリマ」は、「アンティーク・ギア」入りの「閃刀姫召喚獣」に入れてみました。
(さらにごちゃ混ぜ感がするかもしれませんが。)

「闇黒の魔王ディアボロス」様は、魔王は一人で十分だということで1枚採用。
(嘘です。本当は手札事故が怖いので1枚です!って言えない。)

また、「闇黒の魔王ディアボロス」の発動機会を増やすのと「閃刀」魔法カードの発動を邪魔せずに、ドローできるという理由から「悪王アフリマ」を投入!

後日、アップデート版のレシピを載せたいと思います。

_20180310_153602

「影王デュークシェード」ですが、「ヴァンパイア」デッキに入れてみました。
「ユニゾンビ」や「堕ち武者」を採用したタイプで、メインデッキを作っていましたが、そこへ現れたのが「影王デュークシェード」!

動きとしては、
「ユニゾンビ」で「馬頭鬼」を墓地へ落とした後、リリースして「影王デュークシェード」を特殊召喚。
そこから「馬頭鬼」で「ユニゾンビ」を特殊召喚すれば、闇属性レベル7シンクロモンスターに、
さらにレベルを1つ上げれば、闇属性レベル8のシンクロモンスターの特殊召喚を狙えるので、ありかなと。
(「堕ち武者」なら闇属性のランク4エクシーズ召喚が可能。)

感覚としては、「不知火の隠者」のような運用の仕方に近いですね。

ちなみに「影王デュークシェード」を召喚・特殊召喚した時に、回収するレベル5以上の闇属性ですが、やっぱり「ヴァンパイア・フロイライン」がまず筆頭候補ということになるでしょう!

_20180310_153344

(EXデッキの完成させてあげたいのと、スリーブが借りデッキのものになっているので、そろそろ入れ替えてあげたいと思います。)


ここまで「闇黒の魔王ディアボロス」、「悪王アフリマ」、「影王デュークシェード」は、手持ちのデッキに入れることができましたが、意外にも「悪魔嬢リリス」が残ってしまいました。
_20180310_154208
「悪魔嬢リリス」を最大限に活かせるデッキや罠カードが見当たらない状況に。

その他には、昨日コメントでいただいた「クリティウスの牙」を使うデッキや「バージェストマ」デッキとかでは、活躍できそうですね。

※3月11日に、リリス嬢様の所属先が、「バスター・ブレイダー」デッキに決定しました。

ではではこのあたりで~。

~オマケ~
_20180310_111100
スリーブも同時発売なので、お忘れなく!
プレイマット&クジが残っていたので、引きました。
ここでプレイマットを引けていれば、カッコよかったのですが…。
結果は、残念!(泣)

でも、被りなしで持っていなかったセンターカードが引けて、良かったです。

最後まで見ていただき、ありがたき幸せでございます!
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2