遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

遊戯王ドラフト研究所!へようこそ!!
当ブログは、大会とは無縁の管理人が、遊戯王(サンプルレシピの紹介や開封結果、シングル買いなど)について書いている個人ブログになります。

Twitterもしているので、よろしければフォローもお願いします。
遊戯王ドラフト研究所!の管理人ハイロン↓
@hairon36

【デッキレシピ】「青眼の白龍」デッキ~青き眼とハンデス三種の神器添え~


最近、低速更新でお送りしてますw

さて、遊戯王は、今年で20周年を迎えたということで、今回はそれにちなんだデッキを。

遊戯王の代名詞と言えば、「青眼の白龍」か「ブラック・マジシャン」が挙げられますが、今回は、「青き眼の乙女」を軸とした「青眼の白龍」のデッキの方を紹介したいと思います。
(なお、ハンデス三種の神器を裏テーマとしています。)

まずは、サンプルレシピの紹介からです。
【サンプルレシピ】
〈モンスター18枚〉
サイレント・マジシャンLV8×1
青眼の白龍×3
妖精伝姫-シンデレラ×2
黒き森のウィッチ×3
沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン×2
青き眼の祭司×1
青き眼の賢士×3
青き眼の乙女×3

〈マジック16枚〉
おろかな埋葬×1
無情の抹殺×3
ワン・フォー・ワン×1
簡易融合×2
死者蘇生×1
ハーピィの羽根帚×1
月鏡の盾×2
ワンダー・ワンド×3
銀龍の轟咆×2

〈トラップ6枚〉
トリックスター・リンカーネーション×1
光の封殺剣×3
安全地帯×2

〈エクストラデッキ15枚〉
■リンクモンスター3枚
リンクリボー×1
天球の聖刻印×1
LANフォリンクス×1

■融合モンスター3枚
サウザンド・アイズ・サクリファイス×2
青眼の双爆裂龍×1

■シンクロモンスター3枚
転生竜サンサーラ×1
蒼眼の銀龍×1
青眼の精霊龍×1

■エクシーズモンスター6枚
No.15 ギミック・パペットージャイアントキラー×1
銀河眼の光波竜×1
銀河眼の光波刃竜×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1
No.84 ペイン・ゲイナー×1
No.77 ザ・セブン・シンズ×1


【デッキについて】
Q1:どういうデッキ?
「青き眼の乙女」に対して、対象を取るカードを使って、「青眼の白龍」を特殊召喚していくデッキです。

ちなみに対象を取るカードとしては、「月鏡の盾」や魔法使い族に装備できる「ワンダー・ワンド」の装備カードの他に、「青き眼の祭司」や「青き眼の賢士」のモンスター、「無情の抹殺」、「安全地帯」があります。

_20180406_222133

Q2:このデッキの強みと弱みは?
強みは、やはり「青眼の白龍」をすぐに出せること。
「青き眼の乙女」+対象を取るカードや「青き眼の賢士」や「青き眼の祭司」の効果で、すぐに出せるスピードはなかなかのもの。

弱みは、強みの裏返しと言える部分で、常にカードが2枚必要な点。
「青き眼の乙女」だけじゃ動けないし、対象を取るカードだけじゃ動けないことが挙げられます。
「青き眼の賢士」も他に効果モンスターが必要なので、
「ワンダー・ワンド」や「黒き森のウィッチ」等で手札を整えてから効果を使いたいところです。

_20180406_222456

Q3:ハンデス三種の神器って何?
昔、手札破壊として活躍した「押収」、「いたずら好きな双子悪魔」、「強引な番兵」(時期によっては、「押収」、「ダスト・シュート」、「マインドクラッシュ」)の3枚を総称して「ハンデス三種の神器」と呼んでました。

ですが、上記のカードのほとんどが禁止で、今では死語となっています。

そんな中「青眼の白龍」デッキを作るにあたり、「青き眼の乙女」のトリガーにもなる「無情の抹殺」が入りそうだったので、ハンデスを裏テーマとして、新たな「ハンデス三種の神器」を結成してみました。

▼「ハンデス三種の神器」
■無情の抹殺
_20180406_222710
発動時に対象を取る効果なので、「青き眼の乙女」のトリガーになったり、墓地送りにもなるので、ハンデスしながら「黒き森のウィッチ」のサーチ効果を能動的に発動できたりします。

■光の封殺剣
_20180406_222815
一時的なハンデスですが、ノーコストで4ターンも拘束できれば上出来かなと。


■トリックスター・リンカーネーション
_20180406_222917
ハンドアドバンテージ的には変わらず、相手の手札交換をしているだけですが、手札を入れ替えることによって、相手の思惑を崩したり、相手がサーチしたタイミングで発動できればある意味、手札破壊と言える部分も。

(本音は、扱いやすいハンデス魔法・罠カードが見当たらなかったから、このカードにしただけですが…笑)


ランダム要素はあるものの、これらのカードで、手札誘発がヒットすれば上出来ですが、それ以外でも展開のキーになるようなカードが当たれば、最低限の仕事は果たしたと言えそうですが。


Q4:その他のカードについて補足しておくことは?
■黒き森のウィッチ
「青き眼の乙女」などの青き眼のモンスターをサーチするのが、主な仕事。

「青き眼の賢士」の効果で、墓地へ送り「青眼の白龍」をデッキから特殊召喚しつつ、「青き眼の乙女」をサーチするのが、このデッキでの最高な流れになります。

その他には、「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」でリリースしたり、「無情の抹殺」や「ワンダー・ワンド」で、墓地へ送ってサーチ効果を発動することもできます。


■簡易融合
このデッキでは、貴重な除去効果を持つ「サウザンド・アイズ・サクリファイス」を呼び出します。
そこから相手モンスターを吸収して、「リンクリボー」になったり、こちらも「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」でリリースしたり、「無情の抹殺」や「ワンダー・ワンド」のコストにしてしまうのもいいでしょう。


Q5:最後にこのデッキに自己評価をつけるなら?
【自己評価】
●戦闘力:4点☆☆☆☆
●防御力:2点☆☆
●展開力:4点☆☆☆☆
●安定性:2点☆☆
●除去力:3点☆☆☆

「青眼の白龍」へ繋げる展開力と、攻撃力が3000のモンスターがいる一方で、防御力は手薄、2枚のカードを必要とするコンボ前提の展開力なので、安定性は普通より落ちるかと。
また、除去力は、モンスターや魔法・罠カード除去ではなく、手札破壊がメインになります。

_20180406_222542

【編集後記】
_20180323_170445

20周年ということで、お祝いするような気持ちで「青眼の白龍」デッキを作ってみましたが、実はデュエルリンクスで使っていた「聖刻龍-ドラゴンヌート」軸の「青眼の白龍」デッキを元にしました。

なので、はじめの頃は「聖刻龍-ドラゴンヌート」と「青き眼の乙女」のW主演だったのですが、魔法使い族に寄せたのをきっかけに、「聖刻龍-ドラゴンヌート」で特殊召喚したモンスターのステータスが0になるということもあり、抜けてしまうという結果になってしまいました。

まあ、バニラでドラゴン族のチューナーを入れれば、「聖刻龍-ドラゴンヌート」は輝きそうですがね。

そんな裏話もありながら今回紹介した「青眼の白龍」デッキは以上になります。

次のパックのバーコードで、応募できる純銀製の「青眼の白龍」もありますし、この機会に「青眼の白龍」デッキを作れば当たるかも!?

最後まで見ていただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
もし、よろしければクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【その他】2018年4月の発売スケジュール!


今日から新年度の4月に突入。
読者の皆様の中には、進学・社会人デビューなど、新たなステージに進む方もいるかもしれませんね。(おめでとうございます。)

遊戯王でも、新制限の適用やトーナメントパックが変わり、アニメでももうすぐ新章が始まりそうです。

そんな新スタートが始まる月である4月の発売スケジュールを確認していきたいと思います。
ラインナップはこんな感じです↓
発売スケジュールメモ
【4月4日】
マンガ版「遊☆戯☆王ARC-V」5巻
付録カード:「オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン」

【4月14日】
サイバネティック・ホライゾン

【4月21日】
Vジャンプ6月特大号
付録カード:「希望の魔術師」

今月は、書籍関連が2種類と通常パックの発売という感じになっています。

その中でも注目は、やはり「サイバネティック・ホライゾン」ですね。
_20180401_002632
リバイバル枠は、デミス&ルインで確定!
新規テーマ枠はまだ不明ですが、ここは「星杯」ストーリーの続編が予想されますね。

判明している範囲では、儀式推しが目立ちますが、10期に入ってから登場したテーマにも強化が。

また、過去のテーマで、デッキ体験会も開催される「サイバー・ドラゴン」や「ドラグニティ」にも、続々と強化するようなカードが判明してきていますので、これらのモンスター好きには待ち遠しいパックとなりそうです。

新たな試みとしては、20周年を記念して、今回から新レアリティ「20thシークレットレア」が登場。
どのような仕上がりか気になるところです。

そしていよいよ、光or闇のリメイクリンクモンスターの出番(?)
だとしたら、「スーパースター」か?「見習い魔女」か?
どちらになるのでしょうかね??

1月の「フレイムズ・オブ・デストラクション」の収録内容が良かっただけに、未判明分についてもまだまだ期待できそう。
(純銀ブルーアイズの応募もあることなので、とりあえず2箱予約しておきました。)

書籍付属カードも気になるところですが、これらは「オッドアイズ」や「魔術師」デッキの希望となるのでしょうか?

では、今月もよろしくお願いします。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【開封報告】秘蔵レアか?トークンか?スターターデッキ開封+購入品紹介!


どうもハイロンです。

無事に予約していた、スターターデッキ3つをはじめ、プロテクター、フレンドリーショップ限定のプレイマットを手に入れることができたので、紹介させていただきます。
(最後に、20th アニバーサリー エディションVol.1の結果もあります。)


まず本題のスターターデッキに入る前に、プレイマットから。

フレンドリーショップ限定品になりますが、初代ファンにとっては、嬉しいプレイマットになるのではないでしょうか?

_20180323_170229

闇遊戯の方は、千年パズルから解き放たれる神々しい雰囲気に二人が包まれていると言ったところでしょうか。

ファラオ(王)の威厳さが感じられました。

_20180323_170445

海馬の方は、青を基調としつつ、闇遊戯よりもモンスターや海馬が大きく描かれているのもあり、力強さが伝わってくる仕様に。
KCというロゴも権力という力を表現する一つかもしれないですね。
(SNS上では、こちらが映えそうですがw)


どちらも、色合いがよく、20周年のロゴとリミテッドエディションという文字が入っているので、これは記念になりそう。

個人的には、思っていた以上の仕上がりに感激し、手に入れることができて、良かったと感じました。

あとサイズ的には、少し小さいプレイマットをイメージしてましたが、いつも使っているライトロードのプレイマットと同じサイズでビックリしました!

フレンドリーショップで見つけたら、買っておくのがいいかもしれません。

_20180323_171806

次は、本題の「スターターデッキ2018」です。
3箱買ってきましたが、果たして秘蔵カードは入っているのか?

いざ開封!!
_20180323_170709

撃沈!
いや、これが普通の3箱ともトークン!!(笑)
そんなに簡単に手に入らないから、秘蔵カードなのです。

でも、闇遊戯さんを引くことができたのは、嬉しい限りです。
あとは、アークファイブとヴレインズでした。



そして、締めは「20th アニバーサリー エディションVol.1」8パックの結果発表!
_20180323_171904

新規の「デーモンの降臨」と「奈落との契約」のセットと、持っていない「氷霊神ムーラングレイス」、「スカル・コンダクター」あたりが来てくれればと思いますが、結果はこんな感じになりました。

_20180323_171247
(わかりにくいかもしれませんが、右下の「デーモンの降臨」と「奈落との契約」は、スーパーでした。)

意外と欲しかったカードに偏りましたので、目的は達成ですが、もう少し「奈落との契約」が欲しくなってきました。
(当たってから欲しくなるパターン!)

あとは、次のパックの「サイバー・ドラゴン」が気になるところなので、「サイバー・ドラゴン・コア」も欲しいかなと言ったところです。
(すでにストラク版を持っていますが、そちらは少し紙質がね...w)

そして、開けてから気づきましたが、スーパー仕様もあるのですね。
(前回はもらえなかったので、知りませんでした。)

_20180323_171845
▲貼るところがなかったので、ここで。
所々、商品に使われているリンクヴレインズのロゴのプロテクターも同時発売なので、お忘れなく。


【あとがき】
残念ながらスターターデッキ3つは、全てトークンという結果になってしまいましたが、プレイマットには大満足しました。

なお、スターターデッキに関しては、少し問題点もあるようなので、購入には注意してくださいね。


今年は20周年記念ということで、まだまだキャンペーンが続いたり、記念商品とかもありそうなので、1年を通して楽しめそうですね。

ただ、その前にお財布ポイントが無くならないように、管理しないと!ですが。

ではこのあたりで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼ブログランキングに参加していますので、もしよろしければ、クリックをお願いします!

人気ブログランキングへ

【感想付きカードリスト】今年も汎用路線継続!「スターターデッキ2018」編!!


今回は、カードリストの紹介になります。
いよいよ今週に発売日を控えた「スターターデッキ2018」のカードリストが判明したので、その感想等を書いておこうと思います。

【収録カードの感想】
再録カードは、去年のスタータ―デッキからあまり変更がない感じになりましたが、引き続き、汎用カードのオンパレードになりました。

前回になかったカードとしては、
ガード・オブ・フレムベル
黒き森のウィッチ
リンクリボー
の3種類が新たに加わっています。
(見落としがあったらすいません。)

「黒き森のウィッチ」のエラッタ版は、パーフェクトルールブックにしか収録されていなかったので、嬉しい再録ですね。
また、リンクモンスターの「リンクリボー」の再録も、持っていなかった人にとっては、朗報ですね!

_20180320_010823

新規カードでは、まずサイバース族デッキならば、投入を検討したい「ウィジェット・キッド」でしょうか。
レベル制限がないことも特徴ですが、モンスターを並べれるという点から、「プロンプトホーン」を採用しているデッキなら採用圏内に入ってきそう。

また、自分フィールドに同じ種族のモンスターが2体以上存在する場合、手札から特殊召喚できる「サイバース・ホワイトハット」は、種族が統一されていて、レベル6である点を活かすことができるデッキならば、採用カードできそうですね。
(「聖刻」デッキが思い浮かびました。)

その他にもリンクモンスターの特殊召喚時に発動できる「サイバネット・リグレッション」や「トランスコード・トーカー」もなかなかの効果を持っているので、余裕があればどこかのデッキに入れてみたいカードですね。

パラレルで光っている「サイバー・ドラゴン」は、4月発売の「サイバネティク・ホライゾン」を見越しての措置でしょうか?
そちらのパックでの強化も楽しみです。


最後に今回のスターターデッキは、20周年バージョンということで、20周年記念トークン1枚が入っていますが、ごくまれにトークンの代わりに秘蔵レアカードが1枚入っているようですね。
入っていたら超ラッキー的な確率だと思われますが、いつもの開封の時にはないワクワク感はありそうですね。

では、カードリストを紹介して終わりたいと思います。
【レアリティ別】
【ウルトラ】
サイバース・ホワイトハット
トランスコード・トーカー

【スーパー】
ウィジェット・キッド
サイバネット・リカバー
ペンテスタッグ

【パラレル】
テクスチェンジャー
サイバー・ドラゴン
ブラック・ホール
サイバネット・リグレッション
リンクリボー

【カードリスト】
01.ライドロン
02.テクスチェンジャー(パラレル)
03.ウィジェット・キッド(スーパー)
04.サイバース・ホワイトハット(ウルトラ)
05.ビットロン
06.ドラコネット
07.RAMクラウダー
08.リンクスレイヤー
09.ガード・オブ・フレムベル
10.神獣王バルバロス
11.サイバー・ドラゴン(パラレル)
12.イグザリオン・ユニバース
13.ヴェルズ・マンドラゴ
14.黒き森のウィッチ
15.クリッター
16.マシュマロン
17.ライトロード・ハンター ライコウ
18.バトルフェーダー
19.速攻のかかし
20.エフェクト・ヴェーラー
21.サイバネット・リカバー(スーパー)
22.サイバネット・ユニバース
23.死者蘇生
24.ブラック・ホール(パラレル)
25.サイクロン
26.月の書
27.禁じられた聖槍
28.団結の力
29.貪欲な壺
30.強欲で謙虚な壺
31.強者の苦痛
32.補給部隊
33.サイバネット・リグレッション(パラレル)
34.リビングデッドの呼び声
35.聖なるバリア -ミラーフォース-
36.激流葬
37.奈落の落とし穴
38.強制脱出装置
39.デモンズ・チェーン
40.魔宮の賄賂
41.トランスコード・トーカー(ウルトラ)
42.ペンテスタッグ(スーパー)
43.ハニーボット
44.リンク・スパイダー
45. リンクリボー(パラレル)


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2