遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

遊戯王ドラフト研究所!へようこそ!!
当ブログは、カジュアルプレイヤー目線で、遊戯王(サンプルレシピの紹介や開封結果、シングル買いなど)について書いているブログになります。

Twitterもしているので、よろしければフォローもお願いします。
ハイロン↓
@hairon36

【デッキレシピ】伝説の黒魔導師!「ブラック・マジシャン」デッキ!!


まず、前回の記事で、デッキレシピの紹介する順番の投票に、ご協力いただきましてありがとうございました。

その結果、
「ブラック・マジシャン」
「トラミッド」
「メタルフォーゼ」の順番で紹介することになりました!

ここでは、第1位になった「ブラック・マジシャン」デッキをご紹介します。

皆さんのデッキ作りのご参考になればと願い、デッキレシピを公開します。

【デッキレシピ】
〈モンスター20枚〉
ブラック・マジシャン×3
マジシャンズ・ロッド×3
ジゴバイト×2
デーモン・イーター×1
稲荷火×1
魔道化リジョン×3
Em ハットトリッカー×3
召喚僧サモンプリースト×1
マジシャンズ・ローブ×3

〈マジック14枚〉
おろかな埋葬×1
ティマイオスの眼×1
死者蘇生×1
黒の魔導陣×3
ワンダー・ワンド×3
イリュージョン・マジック×1
禁じられた聖杯×3
超融合×1

〈トラップ6枚〉
マジシャンズ・ナビゲート×3
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ15枚〉
No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク×1
ガガガガンマン×1
ダイガスタ・エメラル×1
交響魔人マエストローク×1
ガガガザムライ×1
No.101 S・H・Ark Knight×1
キングレムリン×1
Emトラピーズ・マジシャン×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
虚空の黒魔導師×2
幻想の黒魔導師×1
始祖竜ワイアーム×1
超魔導剣士―ブラック・パラディン×1
呪符竜×1


【採用したカードについて】
採用した理由や、戦術について書いておきました。
また、考えられるカードについての不採用理由も記載したものがあります。
ご参考までに。

■ブラック・マジシャン
_20160217_164813

もちろん3枚積みにしました。

ちなみに、弟子の「ブラック・マジシャン・ガール」は、採用したかったのですが、サポートカードとの兼ね合いから不採用になりました。

■マジシャンズ・ロッド
_20160410_121235

下記のカードをサーチできるので、3枚積みです。

このデッキでサーチできるのは
「黒の魔導陣」
「イリュージョン・マジック」
「マジシャンズ・ナビゲート」の3種類です。

特にこのデッキでは、「マジシャンズ・ナビゲート」を展開の中心としているので、
サーチの優先順位は、ナビゲート→魔導陣→イリュージョン・マジックの順になります。

■マジシャンズ・ローブ
このカードは、3枚入れていますが減らしてもいいと思います。

一応、相手ターンに条件を満たせば「ブラック・マジシャン」をデッキから特殊召喚できる効果を持っているので、「マジシャンズ・ナビゲート」を発動できない時の保険として入れています。

■魔道化リジョン
_20160410_121205

このカードは、2つの効果を持っています。

まず1つ目は、通常召喚権に加えて1回だけ、魔法使い族のアドバンス召喚権を追加できる効果です。

このカードの召喚後に、後でも紹介する「ジゴバイト」達を特殊召喚して、手札の「ブラック・マジシャン」をアドバンス召喚することができます。
(使うかどうかは、フィールド次第ですが。)

2つ目の効果として、このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、デッキ・墓地から通常モンスターの魔法使い族を手札に加えることができます。

こちらの効果の方をメインで使います。
なぜなら手札に「ブラック・マジシャン」があれば「マジシャンズ・ナビゲート」の発動機会を得ることができるからです。

■Emハットトリッカー、ジゴバイト、デーモン・イーター、稲荷火
これらのモンスターを使って、普通にランク4のエクシーズモンスターになったりしますが、それだけではありません。

このデッキのドローソースである「ワンダー・ワンド」で空いてしまう場を埋めるという役割もあります。

具体的には、「マジシャンズ・ロッド」や「魔道化リジョン」を召喚した後に、これらのモンスターを特殊召喚して、「ワンダー・ワンド」を発動するという流れです。
_20160410_121131


■ティマイオスの眼
このカードで特殊召喚できるのは、「超魔導剣士―ブラック・パラディン」と「呪符竜」の2種類です。

あまり入れすぎても、事故の元になるので1枚にしました。
なので、相手の場にあわせてどちらかを選ぶことになります。

■禁じられた聖杯
この枠は、「ブラック・マジシャン」デッキの裏テーマである相手ターンに、魔法・罠カードを発動という部分に注目したカードを選びました。

なので、「禁じられた聖杯」が正解というわけではなさそうです。

実際「ディメンション・マジック」と「サイクロン」を初めは入れていましたが、「幻想の黒魔導師」や「黒の魔導陣」でカードを除外できるので、除去をそちらに譲りました。

そうするとモンスターの効果を止めたいなと考えた管理人は「禁じられた聖杯」を選択しました。

ただ、速攻魔法で使いやすいカードなら何でも良さそうな感じです。

■超融合
本当は、「融合」でもいいのですが、「ブラック・マジシャン」デッキの裏テーマに合わせた形になります。

このカードを使って呼び出すのは、効果モンスターに対して敵なしの「始祖竜ワイアーム」が多いと思います。

相手がドラゴン族を使うデッキなら、「呪符竜」になるという選択肢もあります。

■リビングデッドの呼び声
こちらも「ブラック・マジシャン」デッキの裏テーマに合わせたチョイスになります。

墓地にモンスターがいれば、比較的に発動しやすく、使いやすいので、このカードにしました。

この枠は、「永遠の魂」との競争になると思います。

「永遠の魂」の1・2番の効果は、とても良く強いと思いますが、
管理人は「永遠の魂」のリスク、つまり、「永遠の魂」がフィールドから離れた場所に自分フィールドのモンスターを全て破壊するという3つ目の効果を背負いきれないと考えました。

手札から「ブラック・マジシャン」を特殊召喚したければ、「マジシャンズ・ナビゲート」がありますし、墓地からなら「リビングデッドの呼び声」で十分かなと思い、リビングデッドの方にしました。

また、「黒魔族復活の棺」もありますが、「リビングデッドの呼び声」に比べて、発動タイミングが限られ、フィールドにモンスターが存在していなければ、発動できない点がマイナスなので、リビングデッドの方を選びました。

「マジシャンズ・ナビゲート」が対応していない部分を「リビングデッドの呼び声」で埋めるという形にしました。

■エクストラデッキ
ランク4とランク7、そして「ティマイオスの眼」で出せる融合モンスターであれば、後は自由で構いません。


【デッキ戦術】
採用したカードで被るところもありますが、このデッキの戦術をまとめておきたいと思います。

■「ブラック・マジシャン」と「マジシャンズ・ナビゲート」を手札に加える
_20160410_121056

「マジシャンズ・ナビゲート」のサーチは、「マジシャンズ・ロッド」の召喚時の効果を使って行います。

状況によっては「黒の魔導陣」、「イリュージョン・マジック」もデッキからサーチします。

サーチした後は、「ワンダー・ワンド」のコストとしてもいいでしょう。

「ブラック・マジシャン」を手札に加える方法としては、「魔道化リジョン」と「ワンダー・ワンド」との組合わせや「イリュージョン・マジック」を使う方法があります。

これらのカードを使って、手札に「ブラック・マジシャン」と「マジシャンズ・ナビゲート」を加えることができたら、相手ターンで「マジシャンズ・ナビゲート」経由の「ブラック・マジシャン」展開をします。

もし、これらの2枚のカードが無くても、魔法・罠カードと「マジシャンズ・ローブ」があれば、似たような展開ができます。

■ランク4のエクシーズ召喚
「召喚僧サモンプリースト」、「ジゴバイト」、「デーモン・イーター」、「稲荷火」、「Emハットトリッカー」を使ってのランク4のエクシーズ召喚を狙うことができます。

またこれらのモンスターは、「ワンダー・ワンド」を使う性質上、場を開けてしまうので、それを防ぐ目的もあります。

■相手ターンに、自分が魔法・罠カードを使う
無理に狙う必要はないと思いますが、関係するモンスターは、「マジシャンズ・ロッド」、「マジシャンズ・ローブ」、「虚空の黒魔導師」の3体です。

「禁じられた聖杯」や「マジシャンズ・ナビゲート」、「リビングデッドの呼び声」などを使うといいでしょう。

「マジシャンズ・ロッド」は、リリースするモンスターが必要ですが、このカードを手札に加えることができます。
ただ、リリースするモンスターを用意する必要があることから使用頻度は少なめです。

「マジシャンズ・ローブ」は、墓地から特殊召喚ができて壁になるので、いざというときに役立つ場面があるかもしれません。

なお、どちらのモンスターも墓地にいる場合で、相手ターンに、自分が魔法・罠カードを発動した時に、発動できる効果になっています。

「虚空の黒魔導師」は、上記のカードとタイプが違います。

エクシーズ素材1つと引き換えに相手ターンに、手札から速攻魔法or罠カードを手札から発動できます。


【編集後記】
「ブラック・マジシャン」関連のサポートカードが多く、何であのカードが入っていないのかという意見があるかもしれません。

【採用したカードについて】の部分で書いた理由に加えて、実戦レベルで使えるかどうかも基準にして選びましたので、必要最低限の採用になっていると思います。

公開したデッキレシピが、あなたの作る「ブラック・マジシャン」デッキの参考になれば、幸いです。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。







【シングル買い】2016年4月9日分!


約2ヶ月ぶりのシングル購入になった今回は、「ザ・ダーク・イリュージョン」のカードのシングル買いしてきました。

ドラフト抽選を外したカードや当たったけど複数枚欲しいカードを購入しました。

_20160409_142316

まず1枚目の画像は、
「真竜剣士マスターP」
「涅槃の超魔導剣士」
「瑚之龍」
「虚空の黒魔導師」
の4枚。

ドラフト4位とドラフト8位候補に入れていた「涅槃の超魔導剣士」と「瑚之龍」を金銭トレードで獲得する結果になりました。
これで、全てのドラフト候補を獲得したことになります。

どちらのカードも所属先は、まだ決まっていませんが、どこかのデッキに入れようと思っています。

自分が思っていた価格より高かったのが「虚空の黒魔導師」!

やはり、初代主人公の強化ということで、期待というプレミアム価格が適用されているのかな?

次行ってみましょう!
_20160409_142241

2枚目の画像は、
「トラミッド・スフィンクス」
「黒の魔導陣」×2
「底なし落とし穴」×2
「オッドアイズ・ファントム・ドラゴン」
の6枚。

スーパーは、箱買いで当てたカードですが、やはり複数枚欲しいカードなので、追加購入しました。

やはり高かった「黒の魔導陣」!
スーパーでは、このカードがトップレアだったような気がします。
(他のカードは、チラッと見ただけなので。)
1枚当たっていて良かったです。

「底なし落とし穴」は、いずれ上がると思うので、買っておきました。

「トラミッド・スフィンクス」は、デッキを作っている中で2枚ぐらいでいいかなと思い、1枚追加購入しました。

「オッドアイズ・ファントム・ドラゴン」は、マンガの付録です。
複数枚持っていなかったので、昨日箱買いをする時に買おうかなと思いましたが、今日のシングル買いで買えて良かったです。

ただ、もう1枚欲しかったのですが、無かったようなので、次回になることに。

「オッドアイズ」現在強化中です!
_20160409_142529

最後の画像は、癒し系で閉めましょう。

「妖精伝姫―シラユキ」ちゃんです。
今回のウルトラより高かったです。

個人的には、「HERO」に入れてみようかなと考えています。

「ゴブリンドバーグ」や「ブリキンギョ」、「召喚僧サモン・プリースト」で、特殊召喚する候補として入れると面白いかもしれないと考えています。

「トリトンの蟲惑魔」も一緒に入れるとさらにいいでしょう。

なお、使う頻度は少ないかもしれませんが、除外したカードの中に「HERO」がいれば、「E・HERO ボルテック」で特殊召喚することができます。

他にも、「ブラック・マジシャン」や「メタルフォーゼ」、「トラミッド」、「不知火」関連のレアカードや、ノーマルの魔法・罠カードを買ってきました。

これからシングル購入したカードを入れて、デッキレシピを紹介できるように、デッキ調整をしたいと思います。

「ブラック・マジシャン」、「メタルフォーゼ」、「トラミッド」を作っているので、紹介するとしたらこの中のどれかになると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ザ・ダーク・イリュージョンの検索結果(Amazon)

【開封報告】ザ・ダーク・イリュージョン編


「ザ・ダーク・イリュージョン」を1BOXを手に入れてきました!
_20160408_143431

果たして【ドラフト】で候補に上がったカードが当たってくれるのか?
すべては、パックを開けた先にあります。

では、開封結果を報告します。

【レリーフ・シークレ】
_20160408_151317

レリーフ部門は、「虚空の黒魔導師」がきました。
ドラフト2位候補が当たりました!
でも、個人的にはレリーフが嫌いなので、ウルトラに変えようと思っています。

シークレ部門は、「真竜皇アグニマズドV」でした。
ドラフト6位候補がきました。

絵柄は「爆竜騎士イグニスターP」っぽいモンスターが変化したようなモンスターに見えます。

【ウルトラ】
_20160408_151544

ウルトラ部門は、
「真竜剣士マスターP」
「ABF―神立のオニマル」
「レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント」の3枚。

残念ながら「涅槃の超魔導剣士」と「瑚之龍」は、ドラフトで外してしまいました。

しかし、ドラフト3位候補にあげていた「真竜剣士マスターP」を無事に獲得することはできました。

ハズレドラフトで「ABF―神立のオニマル」と「レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント」を当てましたが、どちらも効果が有望なシンクロモンスターなので、持っておこうと思います。

【スーパー】
_20160408_151813

スーパー部門は、
「トラミッド・スフィンクス」
「天照大神」
「真竜皇アグニマズドV」
「強欲で貪欲な壺」
「黒の魔導陣」
「底なし落とし穴」の6枚です。

ドラフト1位候補の「黒の魔導陣」を引くことができました。
ドラフト5位候補とドラフト7位候補の「トラミッド・スフィンクス」と「底なし落とし穴」も無事に引けました。

「強欲で貪欲な壺」は、来ちゃいましたね。
どうしようかなと思っています。
「天照大神」も同じような感じです。

「真竜皇アグニマズドV」には、双子の兄弟がいたことが発覚しましたので、一応獲得しておきました。

ちなみに「メタルフォーゼ・ヴォルフレイム」のテキストは「アグニマズドV」を指していたのですかね。

気になる方は、確認してみてくださいね。

【レア以下】
レア以下の枚数はこんな感じでした。

EMボッドアイズ・リザード×1
EMエクストラ・シューター×1
DD魔導賢者トーマス×2  
レッド・ミラー×2
マジシャンズ・ローブ×1
マジシャンズ・ロッド×2
メタルフォーゼ・ヴォルフレイム×1
トラミッド・マスター×2
不知火の隠者×1 
トゥーン・ブラック・マジシャン×1 
スケープ・ゴースト×1
黒竜の忍者×2
メタルフォーゼ・オリハルク×1 
メタルフォーゼ・カーディナル×1 
ABF-五月雨のソハヤ×1
超カバーカーニバル×2
錬装融合×2
マジシャンズ・ナビゲート×1

ノーレア
妖精伝姫―シラユキ×1

中心になるカードが、2枚程度当たってくれたので、少しシングル買いが楽になりそうです。

以上で、「ザ・ダーク・イリュージョン」の開封報告を終了します。

読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2