遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

遊戯王ドラフト研究所!へようこそ!!
当ブログは、大会とは無縁の管理人が、遊戯王(サンプルレシピの紹介や開封結果、シングル買いなど)について書いている個人ブログになります。

Twitterもしているので、よろしければフォローもお願いします。
遊戯王ドラフト研究所!の管理人ハイロン↓
@hairon36

【デッキレシピ】相手を魅了?「蟲惑アロマ」デッキ!


今回紹介するデッキは、「アロマージ」デッキです!
種類が足りなくて、組めていない方もいると思いますので、参考にしてもらえたらいいなと思い、紹介させてもらいます。

【デッキレシピ】
〈モンスター 20枚〉
アロマージ―ベルガモット×2
アロマージ―ローズマリー×3
ティオの蟲惑魔×3
トリオンの蟲惑魔×3
アロマージ―カナンガ×2
ローンファイア・ブロッサム×3
アロマージ―ジャスミン×3
黄金の天道虫×1

〈マジック 14枚〉
アロマガーデン×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3
ご隠居の猛毒薬×3
増草剤×3

〈トラップ 6枚〉
奈落の落とし穴×3
潤いの風×3


【基本戦術】
「アロマージ」モンスターがフィールドにいる状態で、「黄金の天道虫」、「アロマガーデン」、「ご隠居の猛毒薬」、「潤いの風」などのライフを回復するカードを使い、「アロマージ」の効果を発動するのが基本です。

自分ライフが回復した時に発動する「アロマージ」の効果は、以下のようになります。
「アロマージ―ジャスミン」→1ドロー。
「アロマージ―カナンガ」→相手フィールドの魔法・罠カード1枚を手札に戻す。
「アロマージ―ローズマリー」→フィールドの表側表示のモンスター1体の表示形式を変更する。
「アロマージ―ベルガモット」→このカードの攻撃力・守備力を相手ターン終了時まで1000アップする。

また、相手よりも自分のライフが多い場合の効果も持っているので、こちらもうまく使っていきたいです。
「アロマージ―ジャスミン」→「アロマージ―ジャスミン」以外の植物モンスター1体を召喚できる。
「アロマージ―カナンガ」→相手モンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
「アロマージ―ローズマリー」→植物モンスターが攻撃する場合、ダメージステップ終了時まで、相手はモンスターの効果を発動できない。、
「アロマージ―ベルガモット」→植物モンスターが貫通持ちになる。

ただし、これらの効果はモンスターゾーンに存在する限り適用されます。

まとめると、ライフ差を気にしつつ、ライフ回復→「アロマージ」の効果を発動しながらアドバンテージを得ていき、戦力を整えて、攻撃に備えるのがこのデッキの特徴です。


【採用したカードについて】
■ティオの蟲惑魔、トリオンの蟲惑魔
「アロマージ」の種類が足りないため採用。
ランク4につなげることもできるし、「トリオンの蟲惑魔」の効果を使いわけて、アドバンテージを得ていくこともできます。
_20151007_131052


_20151007_131029


■ローンファイア・ブロッサム
植物族デッキに欠かせないモンスター。
主に、「アロマージ―ベルガモット」、「アロマージ―ジャスミン」を特殊召喚します。

■ライフ回復カード
「黄金の天道虫」、「アロマガーデン」、「ご隠居の猛毒薬」、「潤いの風」が該当します。

「黄金の天道虫」は、自分スタンバイフェイズに、手札のこのカードを相手に見せると500ライフを回復するカード。手札にあれば邪魔をされずに回復できるため採用しました。

「アロマガーデン」は、「アロマ」がいる状態でライフを500回復して、相手ターン終了時まで自分フィールドのモンスターを攻撃力・守備力500アップする全体強化ができます。
なお、全体強化は後から出したモンスターにも適用されるため、覚えておくとよいだろう。
また、「アロマ」が戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、自分は1000ライフを回復する効果も持ちます。

「ご隠居の猛毒薬」は、制限がなく好きなタイミングで回復できるため採用。相手ターンで使えば、各種の「アロマージ」の効果も使える。
特に、「アロマージ―ローズマリー」がいる状態で、バトルフェイズにこのカードを使えば、相手モンスター1体の攻撃を封じることができる。

「潤いの風」は、1000払えばサーチができ、相手のライフが多いなら500ライフを回復ができるため、どのような「アロマージ」デッキを作るとしても、3枚積み推奨。

■増草剤
「リビングデッドの呼び声」と迷いましたが、魔法カードである点や、「アロマージ―ジャスミン」を守備表示で特殊召喚したいと思った点からこちらを採用。

なお、「リビングデッドの呼び声」なら蟲惑魔モンスターの効果を使えるため、紹介している今でも、採用に悩んでいます。


【エクストラデッキについて】
もともとエクストラを使わずに戦うデッキにしたかったので採用していません。
入れるとしたら、ランク4を中心に、ランク3とランク2を少しずつで汎用性で選んでもらって構いません。

読んでいただきありがとうございました。

【デッキレシピ】七夕の夜空へ捧ぐ「ギャラクシー」デッキ!


7月7日は七夕なので、季節感のあるデッキを紹介したいと思います。

今回紹介するデッキは、七夕から連想して、天の川→銀河ということで、「ギャラクシー」デッキです。

【デッキレシピ】
〈モンスター 20枚〉
銀河眼の光子竜×3
神獣王 バルバロス×3
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1
真紅眼の飛竜×3
BF-精鋭のゼピュロス×1
オネスト×2
召喚僧 サモンプリースト×1
銀河眼の雲篭×3
銀河の魔導師×3

〈マジック 15枚〉
おろかな埋葬×1
竜の霊廟×1
アドバンスドロー×2
ワン・フォー・ワン×1
銀河遠征×2
RUM-アージェント・カオス・フォース×1
フォトン・サンクチュアリ×2
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3

〈トラップ 5枚〉
強制脱出装置×2
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ 15枚〉
竜魔人 クィーンドラグーン×2
No.39 希望皇 ホープ×2
神竜騎士 フェルグラント×1
No.107 銀河眼の時空竜×2
No.46 神影龍 ドラッグルーオン×1
No.62 銀河眼の光子竜皇×1
ギャラクシーアイズFA・フォトン・ドラゴン×1
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×2
CNo.107 超銀河眼の時空龍×1
No.99 希望皇龍 ホープドラグーン×1
SNo.0 ホープ・ゼアル×1

【基本戦術】
シンプルに、レベル8を並べてそのまま攻撃、またはランク8のモンスターを出せるデッキにしました。
「銀河眼の光子竜」を採用しているため、エクシーズキラーの部分もあります。

【採用したカードについて】
■銀河眼の光子竜
_20151022_140954

このデッキのキーカード。
「銀河眼の雲篭」や「銀河遠征」による特殊召喚、「フォトン・サンクチュアリ」のトークンをリリースして特殊召喚する方法がある。

■神獣王 バルバロス
_20151022_140933

このデッキの裏のキーカード。
妥協召喚しても、レベル8のままなので、手札事故になることがなく、ランク8につなげることができる。

■銀河の魔導師
_20151022_140718

レベルを上げる効果で、レベルを8にすることができ、「銀河遠征」の発動条件を満たすことができる。
また、ランク8にもつなぐことができる。
自身をリリースして、サーチする効果は、状況に応じて、「銀河眼の光子竜」、「銀河眼の雲篭」、「銀河遠征」をサーチする。

■アドバンスドロー
「銀河眼の光子竜」、「神獣王 バルバロス」、レベル8となった「銀河の魔導師」をリリースして、2枚ドローする。

■RUM-アージェント・カオス・フォース
_20151022_140656

このデッキでは、「No.99 希望皇龍 ホープドラグーン」、「CNo.107 超銀河眼の時空龍」を出すことができる必殺カード。
また、ランク5以上のエクシーズモンスターを特殊召喚すれば、デュエル中1度だけだが、墓地のこのカードを手札に加えることができる。

このカードを使えば、1ターンで「No.99 希望皇龍 ホープドラグーン」と「CNo.107 超銀河眼の時空龍」がフィールドにそろう。

〈条件〉
・墓地に「No.107 銀河眼の時空竜」がいる。
・手札に「RUM-アージェント・カオス・フォース」がある。
・フィールドに「No.39 希望皇ホープ」がいる。

〈手順〉
まず、「RUM-アージェント・カオス・フォース」を捨てて、「No.39 希望皇ホープ」を「No.99 希望皇龍 ホープドラグーン」にする。

ランク5以上が特殊召喚されたことにより、墓地の「RUM-アージェント・カオス・フォース」を手札に加える。

「No.99 希望皇龍ホープドラグーン」の1の効果を使って、墓地の「No.107銀河眼の時空竜」を特殊召喚する。

「RUM-アージェント・カオス・フォース」を使って、「No.107 銀河眼の時空竜」を「CNo.107 超銀河眼の時空龍」にランクアップする。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

【雑記】感謝&ブログカテゴリーについて


いつもハイロン研究所を見てくださる皆様、ならびに、初めて訪れてくださる皆様、本当にありがとうございます。

皆様に見ていただけることが、自分にとってブログを書き続けるモチベーションになっています。

見てくださる皆様にとって、遊戯王の有意義な情報を伝えれるように、これからも頑張って更新していくつもりなので、よろしくお願いします。


ここでは、ブログカテゴリーについて説明させていただきます。

今さらですが、今後ブログを書き続けるために、方向性を示しておいたほうがいいと思い、ブログの記事にすることにしました。

今後、ハイロン研究所のブログ記事を読むときの参考になればいいなと思っています。

【デッキ紹介】について
最新のデッキから、流行りのデッキ、使っていて楽しいデッキまで扱う予定です。
詳しく採用したカードの説明をしたいと思っています。

なお、紹介するデッキが、大会で結果を残している場合、自分らしさをプラスして、紹介するように心がけています。

理由としては、
・大会で結果を出したデッキを作っても、そのデッキは、大会に出た人のデッキであって、自分のデッキとは言えないから。

・自分自身が、他の人と同じことをするのではなく、他の人と違うことをしたいと思っている人だからです。

【オススメカード】について
相性のいいカードやコンボなどを紹介したいと思っています。

【カードリスト】について
発売日かその前日に、記事にできたらと思っています。
なお、最新情報についてですが、ハイロン研究所では、あまり取り上げないこととします。

理由は、
・最新情報を手に入れるスピードが遅いから。

・ハイロン研究所は、最新情報よりもデッキを作ることに比重を置いているからです。

【雑記】について
遊戯王に関することをメインとしていますが、時には脱線した話を記事にするかもしれません。

今後、ブログのカテゴリーが増えてくるかもしれませんが、その時々に説明したいと思います。

ありがとうございました。

【デッキレシピ】不死身のトリックデッキ!「クラウンブレード」!


さて今回は「クラウンブレード」デッキを紹介したいと思います!

個人的には、「Em」デッキとして作っていましたが、「クラウンブレード」の要素を取り入れて現在の形になりました。

※一部のカード禁止に伴い作れません。
【デッキレシピ】
〈モンスター 20枚〉
H・C 強襲のハルベルト×3
Em トリック・クラウン×3
BF-精鋭のゼピュロス×1
Em ダメージ・ジャグラー×3
H・C サウザンド・ブレード×3
Em ハットトリッカー×3
召喚僧 サモンプリースト×1
ガード・ペンギン×3

〈マジック 14枚〉
おろかな埋葬×1
増援×1
火炎地獄×3
死者蘇生×1
ブラック・ホール×1
サイクロン×3
手札断殺×3
月の書×1

〈トラップ 6枚〉
破壊輪×1枚
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3

〈エクストラデッキ 15枚〉
ガガガガンマン×1
ラヴァルバル・チェイン×1
ガガガザムライ×1
スババジェネラル×1
恐牙狼 ダイヤウルフ×1
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド×1
H-C エクスカリバー×2
Emトラピーズ・マジシャン×2
No.39 希望皇ホープ×1
CNo.39 希望皇ホープレイ×1
ジェムナイト・パール×1
ヴェルズ・ウロボロス×2


【基本戦術】
まずは、「ラヴァルバル・チェイン」になることを目指します。
方法としては、「召喚僧 サモンプリースト」から「Emトリック・クラウン」を特殊召喚したり、
「H・C 強襲のハルベルト」、「Em ハットトリッカー」、「BF-精鋭のゼピュロス」などを使って特殊召喚の後、「Emトリック・クラウン」を召喚するなどがあります。

「ラヴァルバル・チェイン」になった後、エクシーズ素材の「Emトリック・クラウン」を取り除いて、デッキから「H・C サウザンド・ブレード」を墓地へ送ると、「Emトリック・クラウン」の効果でダメージを受けますが特殊召喚ができ、ダメージを受けたことで「H・C サウザンド・ブレード」を特殊召喚でき、さらなるランク4モンスターを特殊召喚できる準備ができます。

つまり、「Emトリック・クラウン」と「H・C サウザンド・ブレード」をうまく使うことで、1ターンに2回(その内1回は「ラヴァルバル・チェイン」になりますが)、ランク4のモンスターを呼び出せることができます。

なお、ダメージを受けた時に「ガード・ペンギン」を発動できれば、レベル4×3体を必要とするランク4エクシーズモンスターを特殊召喚することもできます。

また、「Emトリック・クラウン」と「H・C サウザンド・ブレード」は逆のパターンでもできます。
_20151028_104550


_20151028_104523


【カード解説】
■Em ダメージ・ジャグラー
_20151028_104430

1番目の効果は、自分にダメージを与える効果の発動を無効化にする効果。
この効果は、「Emトリック・クラウン」と相性が悪いので、あまり使いません。

主に以下の効果を使っていきます。
2番目の効果は、自分・相手のバトルフェイズに、このカードを捨てることで、自分が受ける戦闘ダメージを1度だけ0にできる効果です。

3番目の効果は、自分のメインフェイズに、墓地のこのカードを除外することで、デッキから「Em ダメージ・ジャグラー」以外の「Em」を手札に加えることができます。

2番目の効果を使った後に、3番目の効果を使って、「Emトリック・クラウン」を手札に加えるのが自然な流れになります。

■ガード・ペンギン
自分がカード効果によって、ダメージを受けた時に手札から特殊召喚できるモンスター。
さらに受けたダメージ分を回復できるため、「Em トリック・クラウン」がノーコストで特殊召喚できる。
「火炎地獄」なら相手だけ1000ダメージを受けることになる。

ただし、1度ダメージを受ける必要があるので、自分のライフ以上のダメージは「Em ダメージ・ジャグラー」で回避するなどして、使い分ける方がいい。

■おろかな埋葬
状況に応じて、「H・C サウザンド・ブレード」、「Em トリック・クラウン」、「Em ダメージ・ジャグラー」を墓地へ送るために使います。

■火炎地獄
相手に1000ダメージ、自分に500ダメージを与える魔法カード。
「H・C サウザンド・ブレード」や「ガード・ペンギン」の発動トリガーになる。
また、自分フィールドに「Em ハットトリッカー」がいれば、カウンターを置くことができて、自分が受けるダメージを0にできる。

【エクストラデッキについて】
エクストラデッキですが、もっと汎用性のあるエクシーズモンスターを入れてもいいと思います。

なお、「ラヴァルバル・チェイン」は必須となるので、最低1枚は入れておいたほうがいいです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2