遊戯王ドラフト研究所!

遊戯王ドラフト研究所!は、遊戯王を扱っている個人ブログです。 サンプルレシピの紹介、開封結果、シングル買いなどをメインにお届けしています。

遊戯王ドラフト研究所!へようこそ!!
当ブログは、カジュアルプレイヤー目線で、遊戯王(サンプルレシピの紹介や開封結果、シングル買いなど)について書いているブログになります。

Twitterもしているので、よろしければフォローもお願いします。
ハイロン↓
@hairon36

【開封報告】タイタニックを狙い撃てるか?!プレミアムパック18の開封!!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

皆さん、こんにちは!
「スターターデッキ2016」&「プレミアムパック18」が発売されましたが、いかがでしたでしょうか?

すでに「プレミアムパック18」を10パック(1束)購入しましたが、ほとんどのカードが2枚当たっていたので、どうせならあと1枚ずつほしいと思いました。

そこで、シングルで購入するか、パックで購入するかを天秤にかけた結果、パックを購入したほうが安いと判断し、合計6パックを購入してきました。

(ブログのタイトルは、初めての感じになっていますが開封報告は、パート2になりますね。)

結果は2パックずつで、一気にご紹介します。
【1・2パック目】
IMG_20160320_143330

ジャンク・チェンジャー
スターダスト・チャージ・ウォリアー
帝王の凍気
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー(シークレ)

ダーク・アドバンス
魔帝アングマール
幻影騎士団ダーク・ガントレット
九十九スラッシュ(シークレ)

【3・4パック目】
IMG_20160320_143359

No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー
レッド・スプレマシー
No.37 希望織竜スパイダー・シャーク
魔帝アングマール(シークレ)

ジャンク・チェンジャー
帝王の凍気
奇術王 ムーン・スター
No.77 ザ・セブン・シンズ(シークレ)

【5・6パック目】
IMG_20160320_143424

輝望道
ジャンクリボー
九十九スラッシュ
幻影騎士団ダーク・ガントレット(シークレ)

No.84 ペイン・ゲイナー
王魂調和
No.35 ラベノス・タランチュラ
輝望道(シークレ)


十分元をとれた結果になりました。
まさかタイタニック・ギャラクシーのシークレが出るとは思いませんでした。

スパイダー三兄弟も1枚ずつ来てくれて、嬉しいです。

これで、シングル買いが、「奇術王 ムーン・スター」と「スターダスト・チャージ・ウォリアー」に集中できます。

特に「スターダスト・チャージ・ウォリアー」は、思っていたより安いので、大量に手に入れておこうと思います。

これから「奇術王 ムーン・スター」と「スターダスト・チャージ・ウォリアー」とともに、「造反劇」、竜剣士&竜魔王通常モンスター用に「苦渋の決断」を買ってこようかなと思っています。

ありがとうございました。

【デッキレシピ】ついにオッドアイズの出番??「EMオッド魔術師」デッキ!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

今回、紹介するデッキは、「EM」と「オッドアイズ」と「魔術師」の3つのカテゴリーを組み合わせた「EMオッド魔術師」デッキを紹介します。

2016年4月1日から適用される新制限で、サーチカードが軒並み制限になり、大幅に安定感を失った「EM」と「魔術師」デッキを「オッドアイズ」がまとめる形で、構築してみました。
_20160127_152341

作ったばかりで、テストプレイをしていないので、改良の余地はあると思いますが、参考までに見ていただければと思っています。

【デッキレシピ】
※2016年4月1日の制限対応

〈モンスター26枚〉
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン×3
賤竜の魔術師×2
EMオッドアイズ・ライトフェニックス×3
竜脈の魔術師×2
EMシルバー・クロウ×2
EMドクロバット・ジョーカー×1
慧眼の魔術師×1
刻剣の魔術師×2
オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン×3
竜穴の魔術師×2
エキセントリック・デーモン×2
EMオッドアイズ・ユニコーン×3

〈マジック11枚〉
天空の光彩×3
融合徴兵×3
ペンデュラム・コール×1
オッドアイズ・フュージョン×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
揺れる眼差し×1

〈トラップ3枚〉
威嚇する咆哮×3

〈エクストラデッキ15枚〉
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン×1
始祖竜ワイアーム×1
ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン×2
ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン×1
昇竜剣士マジェスターP×1
No.82 ハートランドラコ×1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1
No.19 フリザードン×1
セイクリッド・プレアデス×1
始祖の守護者ティラス×1
FA-クリスタル・ゼロ・ランサー×1
幻獣機ドラゴサック×1
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン×1
覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン×1



【デッキ解説】
デッキ解説をしながら少し戦術を入れていくスタイルで説明していきたいと思います。
■オッドアイズ編
「オッドアイズ」は、以下の4種類を採用しました。
・オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
・EMオッドアイズ・ライトフェニックス
・オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン
・EMオッドアイズ・ユニコーン


これらのカードは、フィールド魔法の「天空の光彩」でサーチできます。
また、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」に限って言えば、「融合徴兵」もあります。

「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」は、このデッキの心臓部分とも言えるモンスターで、ペンデュラムゾーンでは、サーチ効果を使ったり、融合素材やエクシーズ召喚したりします。

IMG_20160319_161114

「EMオッドアイズ・ライトフェニックス」は、効果はビミョーなところなので、余裕があれば使うというスタンスで考えてもらっていいです。

じゃあなぜこのカードを入れたのか?
それは、現在のところ唯一の光属性レベル5のペンデュラムモンスターだったからです。

光属性レベル5で出せるエクシーズモンスターで、思い浮かぶのは、やはり「セイクリッド・プレアデス」でしょう。

その素材になれるという点に加えて、「オッドアイズ」である点や、「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」、ランク5のエクシーズモンスターの採用を考えていたことも採用に至った経緯です。

「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」は、新加入のモンスターで、モンスター効果を積極的に使いたいです。

効果は、相手ターンでも使えて、1ターンに1度、エクストラデッキから特殊召喚された表側のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする効果を持っています。

このモンスターを置いとくだけで、様子見や牽制ぐらいにはなるでしょう。
複数体いれば、その数だけ無効にできる点も注目点です。

■EM編
「オッドアイズ」にも含まれるモンスターもいますが、以下4種類になります。
・EMオッドアイズ・ライトフェニックス
・EMシルバー・クロウ
・EMドクロバット・ジョーカー
・EMオッドアイズ・ユニコーン


実質2種類ですね。
「EMシルバー・クロウ」は、「オッドアイズ」が入ってきたことにより、仕事が増えたと言えるでしょう。

「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」or「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」がいれば、「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」に融合無しでも、変身することができるようになりました。

「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」が新加入したことで、ビーストアイズの出番も増えそうです。

「EMドクロバット・ジョーカー」の穴は、なかなか埋めることができませんでしたので、「オッドアイズ」と「魔術師」で補う形になりました。

■魔術師編
「魔術師」は、以下の5枚。
・賤竜の魔術師
・竜脈の魔術師
・慧眼の魔術師
・刻剣の魔術師
・竜穴の魔術師


「ペンデュラム・コール」の制限によって、「慧眼の魔術師」以外は、全て2枚にしました。
(ちょっと多い気がしますが。)

「オッドアイズ」や「EM」のペンデュラムスケールでは偏りがあるので、その調整役やエクシーズ素材要因としての意味合いが強いです。
(もちろん、効果を使える場合は、使いますが。)

「賤竜の魔術師」は、モンスター効果の方を使って、エクシーズ素材になって墓地に送られた「オッドアイズ」や「魔術師」ペンデュラムモンスターを回収するために、採用しました。

「刻剣の魔術師」は、小回りのきくモンスターで、どの効果も優秀なので、状況によって使い分けるといいでしょう。

【エクストラデッキについて】
簡単に説明しておきます。
■融合モンスター
「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」
「始祖竜ワイアーム」
「ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」

これらのモンスターは、「オッドアイズ・フュージョン」を使って出すことができます。
また、「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」は、「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」の効果でも特殊召喚できます。

「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」
出し方については説明しましたが、
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」or「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」+「EMシルバー・クロウ」の組み合わせで特殊召喚できます。

■エクシーズモンスター
●ランク4
汎用性で選んでもらって構いません。

ハイロンが選んだ理由を紹介しておくと、
「昇竜剣士マジェスターP」
→モンスターが、全てペンデュラムモンスターなので、無理なくエクシーズができ、サーチができる。

「No.82 ハートランドラコ」
→相手ライフが2000以下なら勝利が確定する。

「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」
→フィニッシャー&高攻撃力モンスターに対する対策+アニメの世界を再現するため。

●ランク5
ここは、このデッキの前身の「EMプラス」のノウハウを受け継いでいます。

「No.19 フリザードン」は、「FA-クリスタル・ゼロ・ランサー」になるための下敷きとして使います。

IMG_20160319_160504

「FA-クリスタル・ゼロ・ランサー」は、
エクシーズ素材の数×500攻撃力がアップする効果、
このカードが破壊される場合に、エクシーズ素材を代わりに取り除く効果、
1ターンに1度だけですが、自分のターンに、エクシーズ素材を1つ取り除くことで、相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする効果の3つを持っています。

序盤からこのモンスターを出しておいて、相手を追い詰めていくことができます。

ただ、ホープ・ザ・ライトニングには弱いので、隣に「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」を置いておくと少しは、克服できます。

「始祖の守護者ティラス」も一部似たような効果を持っていて、カードの効果で破壊されない効果&戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に、モンスター1体を破壊する効果があります。
IMG_20160319_160433


●ランク7
「幻獣機ドラゴサック」は、「No.11ビッグ・アイ」にしたかったのですが、他のデッキで使っているので、このカードにしました。

「オッドアイズ・アブソリュート」は、主に破壊された場合の効果を使い、「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」や「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」を筆頭に、エクストラデッキに加わっている「オッドアイズ」のペンデュラムモンスターを状況に応じて、特殊召喚するといいでしょう。

【編集後記】
いかがでしたでしょうか??
新制限によって弱体化を余儀なくされた「EM」と「魔術師」を補う形で、「オッドアイズ」を入れて作ってみました。

これからも「オッドアイズ」が強化される予定ですが、おそらくそのたびに「魔術師」の部分が減ると思います。

何か変化があれば、【デッキNow】のコーナーで紹介したいと思います。

話が変わりますが、それにしても画像が違いますね。
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」は、修理に出したスマホで撮っていたものになります。

それ以外は、旧型で撮ったものになります。
風呂上がりの仕上がりになってますね(笑)

これで終わりたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

【雑記】本日、購入したもの。

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

今日は、いろいろと入手してきました。
フラゲ祭りです!
■Vジャンプ
まず、Vジャンプ3冊買って、「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」を3枚確保してきました!
IMG_20160318_151929

自分の中では、今「オッドアイズ」が熱くなってきました。

新制限の影響で、大幅な弱体化を余儀なくなった「EMプラス」デッキの立て直しに、「オッドアイズ」を使おうかなと思っています。

モンスター効果は1ターンに1度だけなので、複数体いれば、その分だけエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターの効果を無効にできます。

■スターターデッキ
次は、スターターデッキのフラゲ!
IMG_20160318_152139

もちろん3箱です。

このスターターデッキで、久しぶりの【デッキ強化計画】の記事を更新できそうです。

(【デッキ強化計画】とは、簡単に言うと、1つのストラクチャーデッキを1年の間に買ったパックやストラクチャーデッキのカードを使って、強化していく企画です。)

デッキの方向性や戦略がだいぶ内容が変わりそうです。

また、バレットさんの未登場のカードが、OCG化されそうな期待感を少し持てます。

プロテクターも一緒に手に入れてきました。

■プレミアムパック18
スターターデッキと同じく発売する「プレミアムパック18」も1束(10パック)手に入れてきました。
IMG_20160318_152257

シークレも合わせて、基本は2枚が多いですが、1枚しか出ないものもありますし、3枚出るものもあります。

コメントにお答えして、
ハイロンの開封結果は、こんな感じでした。
(画像がなくて、すいません。)

10パック中
・魔帝アングマール ノーマル×2
・ジャンク・チェンジャー ノーマル×2
・ジャンクリボー ノーマル×1 シークレ×1
・奇術王 ムーン・スター ノーマル×1 シークレ×1
・スターダスト・チャージ・ウォリアー
ノーマル×1 シークレ×1
・究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン
ノーマル×2
・スパイダー・シャーク ノーマル×1 シークレ×1
・タイタニック・ギャラクシー ノーマル×2
・ラベノス・タランチュラ ノーマル×1 シークレ×1
・ペイン・ゲイナー ノーマル×2
・ザ・セブン・シンズ ノーマル×2
・帝王の凍気 ノーマル×2 シークレ×1
・九十九スラッシュ ノーマル×2
・輝望道 ノーマル×1
・シェード・ブリガンダイン
ノーマル×1 シークレ×1
・ダーク・ガントレット ノーマル×2 シークレ×1
・トゥーム・シールド ノーマル×2 シークレ×1
・ダーク・アドバンス ノーマル×1
・王魂調和 ノーマル×1
・レッド・スプレマシー ノーマル×1 シークレ×1

以上のような結果になりました。
ご参考までに!

■シングル購入
最後は、シングルです。
IMG_20160318_164228

「オッドアイズ・フュージョン」×1枚です。

こちらも「EMプラス」の立て直しのプランとして、使おうかなと思っています。

以上のカードを取り入れつつ、これから新制限に対応したデッキ調整を本格化していこうと思っています。

これで終わりたいと思います。
最後まで、読んでいただきありがとうございました。
ブログランキング
以下のブログランキングに参加しています。
もしよろしければクリックをお願いいたします。


遊戯王ランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク3
スポンサードリンク1
記事検索
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク2